おてて だあれ? おてて だあれ? おてて だあれ?の試し読みができます!
作: ふくなが じゅんぺい 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
おててが どうぶつに大変身! 親子で楽しむ、手あそび絵本。

いつまでも自信を持っておすすめしたい みんなの声

いつまでも 作・絵:アンナ・ピンヤタロ
訳:たわらまち
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784072528365
評価スコア 4.42
評価ランキング 9,880
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵がまず気になり
    訳がたわらまち氏とのこと

    とっても気になって
    図書館にリクエスト

    素敵な絵です
    手作りのようなチェックの犬のこたこたした
    ぬいぐるみ・・・とか(^^ゞ
    スケッチ画に
    水彩で色を重ねたような
    なんともいいです!

    たわら氏の訳仕方なんでしょうか
    文章が短くて詩的

    途中で、何のこと言ってたんだっけ?
    って、思っちゃうけど

    「おかあさん、いつまで ぼくの おかあさんなの?」

    なんとも
    心臓をギュ〜ッとつかまれたような(^^ゞ
    この言葉
    まいっちゃいますね

    逆に、息子から自立されちゃうんですけどね(^^ゞ

    小さいお子さんがいらっしゃる皆さん
    手が掛かる時に
    いっぱい手を掛けて
    一緒に日々の生活を楽しんで
    い〜っぱい一緒に遊んでください
    「いつまでも」お子さんは、こどもではありますが
    あっという間に、手から離れちゃいます

    こぐまのオリちゃんとおかあさんのように
    一緒にべたべた過ごしてください

    心は、「いつまでも」おかあさんですけどね

    投稿日:2013/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 先日、「どこまでも」を読み、
    そして今回「いつまでも」を読みました。

    たわらまちさんの訳で、
    詩的な言葉でつづられています。

    ぬいぐるみのように可愛いクマの親子。
    子供をどれほど大切に思っているかを
    やさしく伝え、
    子供も安心して受け止めて
    心が穏やかになっていく。。
    そんな絵本のように感じました。
    大人と読むなら2歳から。。と書かれていますが
    優しい絵と言葉は赤ちゃんにも伝えてあげたいと思います。

    私は50代後半で
    すでに3人の子供たちも成人して
    自立していますが、
    いまとなっては私が何かをしてあげることはないけれど、
    いつまでも大切に思っているよ。。
    そんな気持ちになりました。

    投稿日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい絵本です

    母親の強い愛情を感じることのできる絵本です。
    無邪気な小熊と,そのお母さんの物語なのですが,
    母熊の深い深い愛情が,文章や絵のひとつひとつ
    から,ひしひしとつたわってきます。

    背景の絵もとってもきれいなので,
    そのイメージを頭の中に浮かべながら,
    読むのもとっても楽しいですよ。

    たわらまちさんの訳も,きっと
    素晴らしいんだと思います。

    原作もぜひ読んでみたくなる絵本です☆

    投稿日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せになれる答え

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    「おかあさんは いつまで ぼくのことすき?」
    母の愛情を確かめたいクマの子オリに、お母さんは「いつまでもよ」と答えます。
    そして、その「いつまでも」がどんな感じなのか、様々な言葉で優しくオリに伝えるのです。

    お母さんの「いつまでも」は、ロマンチックでとても温かいです。
    読んでいると、これだけたくさん素敵な言葉を見つけるお母さんに感心してしまいます。
    子供はお母さんにいろんなことを自分が満足するまで何度も聞くものです。
    娘が何かを聞いてきたときに、こんなふうに幸せになれる答えを伝えられたらなと思いました。

    親子の愛にあふれている絵本です。

    投稿日:2009/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママはいつまでも。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    先日、私の知人が天国へと旅たちました。私の子供たちと同じくらいのお子さんを残して。。。お棺のなかにどなたかがこの本をさしあげてあって、読んでみようと思ったわけです。
    お母さんはいつまでも。。。このことばに、涙がこぼれます。天国のお母さんは、ずっと地上にいるお子さんを見守っておられるにちがいないって、思いました。
    「いつまでも」ということばを、いろんな形に表現されています。こんなに言い換えることができるのだと、感心するくらい。「いつまでも」ということばの奥深さを感じ取りました。
    たくさんのお母さんに読んでもらいたい一冊です。

    投稿日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • そっか!

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、男の子3歳

    いつまでもの意味がよくわかりました。
    たとえがすごくよかったです。
    子どもと読んで、自分も癒されました。
    絵がとっても優しく、言葉も優しくとってもよかったです。
    息子は、真剣に聞いてくれました。

    投稿日:2008/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい絵本

    温かく、優しいタッチの絵が気になって手に取った絵本。
    内容も、とても温かく、優しいものでした。
    おかあさんは いつまで僕のおかあさん?
    そんな、子供ならではの疑問投げかけてくる子供のくまちゃん。
    母と子の絆、親子の絆は、とても特別で一言では言い表せないものだということを感じました。
    子育てが忙しくて余裕がなくなったときに読むと心が穏やかに晴れる一冊だと思います。
    親になれてよかった、と実感できた絵本です。

    投稿日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の絆はいつまでも。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    「いつまでも あなたのおかあさんよ。」
    …というお母さんぐまの言葉に対し
    「いつまてもってどんな感じ?」
    …とこぐまが質問しました。

    こんな素敵な答え方があるのか…と
    その答えに感動しました。
    こんな永遠があると知ったら
    子供の心はポカポカに温まって
    幸せな気持ちになるんじやないかな。
    大人が読んでも 
    心癒される絵本だと思いました。
    …みんな お母さんから生まれてきたのですものね。

    投稿日:2007/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が癒されます

    こぐまのオリの小さな疑問。

    「おかあさんは、いつまでぼくのおかあさんなの?」

    すごく素朴で奥の深い疑問に、おかあさんぐまが
    優しく返事をしていく様子がとってもかわいいです。

    優しいタッチのイラストなので、子どももきっと
    見ているだけで優しい気持ちになれそうな気がします。

    子どもたちの反応は、理解できたのかは分かりませんが
    このお話に吸い込まれるように真剣に聞いていました。

    私が個人的に思ったのは、毎日忙しく子育てしている
    友達にプレゼントしたいなぁと思いました。

    おかあさんの子どもを思う大きな愛情。

    その愛情を様々な形で表現していて
    温かすぎて、本当に心が癒されました。

    投稿日:2007/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット