新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

すてきな三にんぐみ」 みんなの声

すてきな三にんぐみ 作:トミー・アンゲラー
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784033270203
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,863
みんなの声 総数 266
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

266件見つかりました

  • 絶妙!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    なんだこのミスマッチ感!
    暗く、怖い、泥棒なんて悪い3人組のお話。絵本らしからぬ雰囲気で始まります。
    だけどいつの間にかそのお話は不思議な方向へ。
    盗むことに目的など持っていなかった3人組は、一人の少女のある言葉一つで、ある目的を見出しました。
    ハートフルな結末には大満足!怖いお話が好きではない息子たちですが、これは何度も繰り返し読んでいますよ。

    投稿日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな絵本です

    まずこの絵にぐっとひかれます。
    息子もずっと気になっていた絵本です。
    お話も男の子だからか、少し怖そうなところや悪そうなところも惹かれるようです。
    お話は最初は悪い三にんだったけど、途中から優しくなってすてきな三にんぐみになっね。と言っていました。
    知らない言葉などもあったとは思いますが、話がわかりやすかったようです。
    わたしもこの本はすてきな絵本だと思います。

    投稿日:2012/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの頃から

    子どもの頃から読んでいた本でしたが、正確に内容を思い出せずにいました。
    読んでみて改めて、本当にすてきな三にんぐみだなぁと思いました。

    孤児を集めてお城を買い、やがてそこには村ができていきます。

    最初は盗んだ宝ものから始まります。でも、この絵本こそ究極の「終わりよければ全て良し」だと思います。
    さすがに真似はできないけれど、何らかの形で社会に貢献したいと思いました。

    投稿日:2012/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい話

    100冊読書日記のリストに載っていたので借りてみました。

    お宝集めに夢中な3人の盗賊が、
    ある日お宝の代わりに連れて帰ってきた
    孤児のティファニーちゃんの一言で変わります。

    3人はきっとティファニーちゃんに出会って、
    本当の宝に気付くことができたのでしょうね。

    表紙の雰囲気を見て、娘は「こわい」と言っていましたが
    「心あたたまる」というのがぴったりなラストに
    「いいお話だねぇ」と言っていました。

    娘のクラスのお友達もこの絵本が大好きだそうです。
    我が家の本棚に追加したいなと思いました。

    投稿日:2012/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな結末!!

    もうすぐ三歳になる息子に読みました。これ想像つかなかったすてきな結末ですね(*^。^*)残念ながら息子は途中で怖くなってしまったようで、私しか最期まで読まなかったのですが・・・もう少し息子が大きくなったらまたトライしてみようと思った素敵などろぼう達の絵本でした。

    投稿日:2012/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反応の良さにびっくり!

    いろいろなところで名作と紹介されているこの本、
    親は、なんとなくあらすじを知っていたので、あまり魅力を感じていませんでした。

    息子に読み聞かせたところ、親の予想よりずっと反応が良くてびっくり!
    読み始めると、すぐにひきつけられているのが実感できました。

    時々、うん、うん、と、納得した様子でうなずく。
    シンプルな絵なのに、次のページをめくろうとすると
    「ちょっと待って!」と言って、じっくり見ていました。

    読み終わったときには、なるほど〜、と言いたげな満足した様子。
    これぞ名作!という力を見せ付けてくれました。

    親も、意外とあらすじがあやふやだったことに気づかされました。
    名作って言われすぎると、興味がわかないんだよね〜、という方にも
    ぜひ、読んで欲しいと思います。

    投稿日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 確かにすてき

    表紙からインパクトがありますよね。3人組の目がギョロッと見えて不気味。どこが“すてき”なんだろう??読んでみても3人組は脅しの道具を使って次々と人々を襲う泥棒だし・・・

    でも読み進んでいくと、3人組が素敵なのがわかりました。日本の“ねずみ小僧”に似ているおとぎ話のようで、ずっと読み継がれているのが納得できました。

    投稿日:2012/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロングセラー

    とっても有名なロングセラーの絵本。
    黒マントに黒ぼうしの三人組、表紙の怖そうな絵から、「すてきな三にんぐみ」というタイトルが、どうも気になっていた1冊です。

    最初も不気味な感じが、怖いお話かと思いきや、ティファニーちゃんとの出会いからの急展開。
    子供達は、面白かった〜と「もう1回」のアンコール。

    なるほど、「すてきな三にんぐみ」確かにそうでした。納得です。

    投稿日:2012/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な話

    4歳の長女が「幸せの絵本2」を見て気になってた本です。

    私は表紙から判断して、なんとなく怖そうだし男の子用かな?と思っていました。でも、書店で見つけた長女が「これがいい!」「絶対これ!」と離さなかったので購入しました。

    でも、この絵本は買って大正解。怖い泥棒3人が小さな女の子の一言で優しい3人になっちゃうんです。

    中を読むと絵も何だか素敵だし、物語もほんと素敵で、長女に感謝です。素敵な絵本に出会えました。

    自分で選んだ本だからか、「読んで」と持ってくることがかなり多いです。

    投稿日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒は悪いことなんだけど・・・

    古本屋さんで見つけて購入しました。

    うすぐらーい色遣いなので、息子は始め怖がって
    読まなくていい!と言って拒絶していましたが、
    数日後「読んで〜」と持って来ました。
    見慣れるまで日数が必要だったみたい?です。

    息子はやはり男の子だからでしょうか、
    脅しの道具3つのところでは興奮ぎみ(笑)
    興味津津で聞いていました。

    後半になるにつれ、色が明るくなってきて
    泥棒たちの心の変化も読み取れます。

    確かに泥棒は悪いことなんだけど、
    みなしごや捨て子を育てる費用に充てるのなら
    まぁいいかな〜という複雑な気分になりました。
    今まで取り集めた金銀財宝で子供を育てた(足を洗った)のか
    子供を育てるために泥棒を続けたのかが妙に気になります。

    まだ4歳でみなしごとか分かっていないですが、
    大きくなり説明を求められたら考えてしまう1冊です。

    投稿日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0

266件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット