きらい きらい! きらい きらい!
作・絵: 武田 美穂  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
子どもにとって好ききらいは大問題!どうしよう??武田美穂、最新作!

すてきな三にんぐみふつうだと思う みんなの声

すてきな三にんぐみ 作・絵:トミー・アンゲラー
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784033270203
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,553
みんなの声 総数 261
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • うーん・・・

    とても難しい絵本だと感じました。
    悪いことをして集めたお金で貧しい身寄りのない子どもを育てる・・・

    これはいいことなのでしょうか。悪いことなのでしょうか。

    使うことを考えずお金を盗んでいた3人。
    ある日ティファニーと出会ってから目的が生まれ、行動に移しました。

    子どもは表紙の絵で読むことをためらっていたので、親が先に読みました。
    でも考えさせられる内容なので、ぜひ読んであげたいと思います。どんな反応をするのか楽しみです。

    投稿日:2017/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてき…ではないのでは?

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    どろぼうが、孤児やかわいそうな子どもを集めて一つの村を作る。
    子ども達にとっては、安心して住める場所を提供してもらってありがたい話だけど、そもそもそのお金は盗んだもの…と思うと、やっぱりすてきだとは思えませんでした。

    投稿日:2017/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年後にもう一度読んでみようかな

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    人気の定番絵本ということで、
    我が家でも読んでみました。
    なんとなく、うちの子の好みではないかも?と
    思いましたが、私自身、この絵本の話の内容が
    気になってたのと、表紙の絵にひかれて。
    やはり、最初のどろぼうのシーン、
    鉄砲やひとりぼっちのこどもなど、
    ものすごく静かに聞く形になってしまいました。
    最後はハッピーエンドとなっていますが、
    絵のトーンからか、なんとなくからっと明るく
    終わるイメージを受けなかったです。
    もう少し大きくなってから読んだら
    話の意味もわかって、後半なんかはにっこりと
    聞けるようになるかもしれません。

    投稿日:2016/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒なのに

    泥棒なのに最後は人々を助けるがわにまわるなんて。と思いましたが、子どもはどのように捉えるのでしょう。人気がある作品なだけに2歳児の娘にはまだその内容も分からないだろうし、もう少し大きくなったら読んでみたいと思います。それまで本棚でおやすみです。

    投稿日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しかった

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    大人目線ではなかなか素敵なお話なのですが、3歳児にはもう一つ理解できなかったようです。
    あと1〜2年してから読めばちょっと違うかもしれませんが。

    色鮮やかな絵本に慣れた子供には、沈んだ色調の絵もあまりお気に召さなかったらしく、一度読んでおしまいになってしまいました。

    「みなしご」「すてご」という表現もあるので、読む側も少し気を使ってしまう絵本です。

    投稿日:2015/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか憎めない三人組

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    こわーいどろぼう三人組。夜になると宝を奪いに出かけます。
    ある日連れ帰った女の子に、宝の使い道を聞かれ、どろぼう達は考えます。

    絵の色使いが独特で、お話の中に吸い込まれるような素敵な絵。こわーいどろぼうということですが、脅し道具がとってもおちゃめで、なぜか憎めない。
    一般的に悪いと思われている人が、心根まで悪いとは限らないもの。逆もまた同じで、そんな皮肉も含まれているのでしょうか。

    素敵なお話ですが、文が少し読みにくい感じがしました。次は原書で読んでみたいと思います。

    投稿日:2013/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンゲラーらしい

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    独特な色遣いで、魅力的です。
    泥棒の三人組のお話で、最初は怖いのかなと思いますが、本当はいい人たちです。
    この絵本の中に、恐ろしい山賊が孤児救済をするという世の中に対する皮肉も込められているように感じます。
    随所にアンゲラーらしさを感じる絵本です。
    子どもも良く見ていて繰返し読んでいます。

    投稿日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと変わったお話!?

    • きら☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子5歳、男の子2歳、男の子0歳

    この絵本は子供が幼稚園から借りてきたのですが、表紙を見た時思わず『何でこんな怖い絵本借りてきたの?』と聞いてしまいました。
    息子いわく『他に絵本がなかったから』との事、納得。
    とっても怖がりな息子が選んできたとは思えなかったのです。
    私といえば絵本を選ぶ時、ついかわいらしい絵にばかりに目がいってしまうので、まず縁のなさそうな絵本にちょっぴり引いてしまいました。
    ただ『すてきな三人組』という題名だけが気になり、何が?と思いながら息子と読んでみることにしました。

    読んでいくうちに内容にどんどん不安になり、息子は終止無言… 
    一体何がステキなんだろうと思っていた矢先意外な展開に!
    あぁこういう事かと思いましたが、読んだあとで息子に説明も付け加えましたが5歳前の息子にはあまり理解できなかったようです。

    私も正直、なんだか素直にステキとは思えなかったです。
    洋書だからかなぁ…受け止め方の違いなんでしょうね。
    でも、こんな絵本もあるんだなぁと新しい出会いではありました。

    投稿日:2008/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • う〜ん?

    はまる子も多いみたいですが、うちの子はいまいちでした。
    色も暗く、絵も渋いからでしょうか?
    私はそこが素敵だと思ったのですが・・・

    最後は心温まる終わり方ですが、やはり人から盗んだものでいいことをしても、なんだか納得がいきません。
    子どもたちは、あまり深く考えないのかもしれませんが、親としてはちょっと考えてしまいます。

    投稿日:2008/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悔い改めれば?

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    子供の頃から知っている本ですが、いまだになんだか納得がいきません。
    強盗たちがのちに悔い改めてみなしごたちをひきとって・・・というお話しですが、結局強盗して奪ったお金を使っているんじゃないか!という印象が残るんです。
    罪を起こしても悔い改めれば救われるというキリスト教的な発想から来ていると思われますが、罪の償い方の方向が違う気がします。
    前向きにとらえれば良いお話ですが、どうなんでしょう。
    シニカルな作品を多く作っている作者なので、書いてある内容をそのまま受け止めていいのかなーと勘ぐってしまいます。

    投稿日:2007/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おじさんのかさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット