なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

すてきな三にんぐみ」 絵本紹介サイトの声

すてきな三にんぐみ 作・絵:トミー・アンゲラー
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784033270203
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,551
みんなの声 総数 261
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 黒と青がとても効果的に使われています。どろぼうの怖さ倍増といった感じでしょうか。顔もまっさおで、どこか不気味。でもね、このどろぼう実はいい人なのです。よくよく読んでいると、狙っているのはお金持ちの馬車ばかりだし、ラッパじゅうやこしょう・ふきつけ、まっかなおおまさかりなどの道具は、おどしのため。人を傷つけることはありません。
    さらってきたティファニーちゃんも大事にかかえ、ふかふかのベットで寝かせてあげる。さては、お金をすてごやみなしごのために使うっていうんですもの。なんだか、怖いばかりのどろぼうじゃないってことが、絵本を読み進めていくうちにだんだんとわかってくるのです。
    三にんぐみが、お金を使い始めると、子ども達が身にまとう、あかいぼうしにあかマントの赤色が効果的に使われ始めます。
    それからは、三にんぐみの顔は残念ながら描かれていません。きっと真っ青な顔ではなく、血の気が通い、ほおも赤くなっていることでしょう。もうどろぼうの不気味な顔じゃないはず。だってお金を子ども達のために使うことで、三にんぐみには、お金を集めることよりもお金を使うことの楽しみを知ったのだから・・・。実際に子ども達が建てた、三にんぐみにそっくりの3つの塔は、とても綺麗な塔だものね。

    投稿日:2003/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おじさんのかさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット