へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

おとうさんのえほん」 パパの声

おとうさんのえほん 作・絵:高畠純
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年3月
ISBN:9784871101158
評価スコア 4.29
評価ランキング 15,119
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さんは喜劇なのかしら

     人生は、喜劇と悲劇でできている、とよくいわれる。
     さしずめ子育てにおいては、父親が喜劇で母親が悲劇の役を担っているともいえる。
     父親なんて役名さえつかない端役よ、という厳しい母親からの声が聞こえそうでもあるが。
     喜劇といわれようと端役と蔑まれようと、それでも父親は父親なりに子どものことを愛してやまない。
     そんな父親を動物たちの姿を借りながら表現したのが、この絵本である。

     ゴリラ、ペンギン、しろくま、わに、ぶた、ひつじ、ぞう、そしてライオン。
     子どもたちに愛され、なじみの動物たち。
     だから、子どもたちも楽しく、お父さんの姿を楽しむことができる。
     たとえば、ペンギンお父さん。
     子どもペンギンのために大きな雪だるまをこしらえようとがんばっている。やっとこさできたので、さっそく子どもペンギンを呼んでくるが、なんと雪だるまは倒れてしまう。不思議な表情で寝ころんだ雪だるまを見る子どもペンギン。
     大丈夫ですよ、ペンギンお父さん。読者はあなたのがんばりをちゃんと見てますよ。

     たとえば、ひつじのお父さん。
     子どもひつじを驚かそうと壁の向こうで隠れています。「おとうさん、どこいったかな」、子どもひつじの声に喜ぶひつじのお父さん。もうすぐわぁーっと驚く子どもひつじを抱きしめられる。
     ところが、お母さんひつじの「おやつよー」の声にさっさと行ってしまう子どもひつじ。
     鬼の面をかぶって、ヌーと飛び出しても誰もいない。
     大丈夫ですよ、ひつじのお父さん。読者のあなたの切なさがちゃんとわかってますよ。

     たとえば、ライオン父さん。
     壁にお母さんライオンの顔の落書きで遊んでいる子どもライオンをびしっと叱る。ここは父親の威厳を発揮。
     でも、叱られて子どもライオンがいなくなると、壁のお母さんライオンにたてがみを書きくわえて、「おとうさん」と修正するライオン父さん。
     大丈夫ですよ。ライオン父さん。読者はあなたのいじらしい気持ちに涙してますよ。

     お父さんは喜劇なのかしら。それとも、案外悲劇かも。

    投稿日:2014/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • とぼけたお父さん

    何だかお父さんと子どもの関わりのエトセトラ…
    ぶきっちょで、所在なくて、どこか間が抜けていて…
    見ていて肩の力が抜けて来ました…
    でも、どのお父さんも愛情たっぷり…
    どれも立派にお父さんしているのでは!!
    自然体がいいと感じたしだいです

    投稿日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット