宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

さむがりやのねこ」 ママの声

さむがりやのねこ 作・絵:渡辺 有一
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
ISBN:9784577004449
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,166
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ポジティブなねこ

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    さむがりやのねこは暖かさを求めて南の島へ向かいます。
    道中、休もうとしたところそこは洗濯物の中でした。
    これから洗濯されるともつゆ知らず・・そして気付いてもらえず、洗濯機の中へ。
    さあどうなるのでしょうか。歩けば体は温まる。南の島へ行かなくても・・。
    ポジティブ思考でどんなハプニングだって乗り越えてしまう逞しさを感じました。

    投稿日:2019/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう寒がらない

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    さむがりやのねこが、あたたかい南のくにをめざして旅に出ますが、途中でとんだ災難にあってしまいます。洋服のかごの中で寝ていたところを服と一緒に洗濯され、そして気づかれずに絞られて、しまいには吹雪の中に干されてカチンコチンに凍ってしまいました。
    読んでるだけで寒くなってしまいます。寒がりなねこは大丈夫なのかと心配していたら、走って逃げ始めるねこ。そのうち体が温まり、ねこはうれしくなってしまいます。
    寒いと外に出るのも体を動かすのも嫌になったりするものですが、そんな時こそ、このねこのように体を動かすのがやっぱり一番ですね。
    また冬になったら読みたい絵本です。

    投稿日:2017/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒いのが苦手なねこ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    寒いのが苦手なねこ。ねこと言えばこたつで丸くなるというイメージが強いです。
    雪が降る中、せんたくものと間違えられて干されるのはかなり辛い!寒さが苦手でなくてもね。
    はたしてねこは暖をとれるのか…!?

    投稿日:2016/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憤慨してました

    ねこってほんとにさむがりやですよね。
    というか「自分にとっての心地よさ」っていうのを
    すごく知っている気がします。
    冬は家の中で一番あたたかい場所、夏は家の中で一番
    涼しい場所にちゃっかりいますものね。
    だからこの絵本の中のねこのようなことになったら
    もう大変!
    娘は一緒に読みながら「おばあさんはなんでねこに
    気づかないのっ!?」とかなり憤慨していました(笑)。
    最後には、でも、さむがりやでなくなってよかったね。
    体動かすと案外あたたかいもんです(笑)。

    投稿日:2014/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • この姿は!!!

    この表紙、この恰好…。
    冬場のわたしだ!!
    と、なんだかとっても親近感を覚えてしまい手に取りました。

    かぜの冷たさが増すたび、着るものがふえていく ねこ。
    うんうん、わかるわかる。
    寒い寒いと気もそぞろになるなら、着ぶくれる方がいい!
    これ、わたしのポリシーですから。

    ねこは、寒いのは大嫌い。いっそ南の島へ行こう!と出発します。
    でもここから、ねこには寒がり克服という新たな道が待っていました!

    こ、これはイヤだ…と思いながらも、軽々と清々しい表情の ねこが、ちょっぴり羨ましかったです。

    投稿日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいそう〜。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    こう寒いと、こたつの中から出たくない。
    外へも出たくない。
    寒さにめっぽう弱い私ですが・・・

    冬なんて大きらいでさむがりやのねこは、
    あったかい南の国へ行こうと、歩き始めます。
    そして、ちょっと一休みしようと立ち寄った先で・・・!?

    ねこは、洗濯機にまわされ、
    今年一番の吹雪の中に干されてしまいます。

    カチンコチンになったねこ。
    哀れで可哀想になってしまいました。
    でも、カチンコチンの姿はちょっと笑えます。
    (笑っちゃいけないところです!)

    殺されちゃうと思ったねこは、必死に逃げます。
    どこへ?
    走って、走って汗が出るほど暖かくなりました。

    それで南の国へ行ったかって?
    いいえ、やめました。
    逃げる時に、すでに帰る方向に向かって走っているんですよね。
    芸が細かい。
    わかるひとは、すぐわかったと思います。

    娘は、学校から帰るとすぐに、友だちとサッカーしに出かけます。
    (寒いのに・・・)と思う私ですが、
    このねこのように、寒い時こそ、身体を動かすのはいいことだと思います。
    宿題ほったらかしなのには、ちょっと目をつむって・・・

    対象年齢は4歳からですが、小学校低学年の読み聞かせに
    使用してもいいかな?と思っています。

    投稿日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこさんお気の毒

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    寒がりやのねこさんが、暖かい南の国に行こうとしたけど勘違い。洗濯物の山の中で寝ているうちに・・・。
    あまりにひどい目に遭ってしまうねこさんが気の毒ですが、結局最後は寒さを克服できたからいいのかな?
    ありえない出来事の連続ですが、そのありえなさが面白いようで、娘はケラケラ笑っていました。
    私たちの住んでいる地域はまだまだ寒い日が続くので、このねこさんを見習って、たくさん体を動かして欲しいものです。

    投稿日:2010/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこって寒がり屋だよね。

    北の国に住む寒がり屋のねこがいました。
    秋になり少しずつ少しずつ寒くなると
    帽子をかぶり、セーターを着たり・・・
    あまりにも寒いので南の国に行くことに・・・

    とぼけたおばあさんの行動に兄弟で
    びっくり、ドッキリ&大笑い。
    ねこの様子にちょっとかわいそうとも
    思いつつ笑って見ていました。
    楽しく読める絵本です。

    投稿日:2010/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • がちーんってなっちゃった!

    • じゃがーさん
    • 20代
    • ママ
    • 福島県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    「ねこさん、さむいさむいっていってるね〜。」と、
    自分も寒がり屋の息子は、ねこに共感しながら読んでいるようでした。
    洗濯機で洗われてしまうところでは、顔をしかめていました。
    そして干されて凍ってしまったねこをみて、息子は
    「がちーんってなっちゃった!」と大ショック!
    でも最後は、「もうさむくないね〜。もうさむくないんだって〜。」と、安心していました。

    ハラハラして、最後はにこにこ。
    とってもたのしい絵本でした。

    投稿日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちばんの寒さ対策は?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    北の国に住む、とても寒がり屋のねこがいました。秋から冬へと、少しずつ寒くなるにつれ、ねこさんはどんどん厚着をしていきます。そして、雪が降りそうになった日、ねこさんは一大決心をするのです。
    猫さんが、寒さから逃れるために行動をおこしたのに、それがとんでもない方向へいってしまうから、本当にもう、ハラハラドキドキです。
    ねこさんに降りかかった災難で、大変なことになってしまうのですが、その表情で、思わず吹き出してしまうかもしれません。事の重大さとはかけ離れた、ねこさんの様子で思いっきり笑って、究極の寒さ対策に気づいてください。

    投稿日:2008/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット