もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

さむがりやのねこなかなかよいと思う みんなの声

さむがりやのねこ 作・絵:渡辺 有一
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
ISBN:9784577004449
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,180
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 寒いのが苦手なねこ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    寒いのが苦手なねこ。ねこと言えばこたつで丸くなるというイメージが強いです。
    雪が降る中、せんたくものと間違えられて干されるのはかなり辛い!寒さが苦手でなくてもね。
    はたしてねこは暖をとれるのか…!?

    投稿日:2016/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いくらなんでも

    想像を絶する展開に、あっけにとられてしまいました。
    さむがり屋のネコにとっては、命がけの展開。
    寒いさなかに選択されて、体を凍らせて、洗濯ものとネコの見分けがつかないおばあさんはオニでしょうか。
    でも最後のまとめに免じて許してあげましょうか。

    投稿日:2014/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憤慨してました

    ねこってほんとにさむがりやですよね。
    というか「自分にとっての心地よさ」っていうのを
    すごく知っている気がします。
    冬は家の中で一番あたたかい場所、夏は家の中で一番
    涼しい場所にちゃっかりいますものね。
    だからこの絵本の中のねこのようなことになったら
    もう大変!
    娘は一緒に読みながら「おばあさんはなんでねこに
    気づかないのっ!?」とかなり憤慨していました(笑)。
    最後には、でも、さむがりやでなくなってよかったね。
    体動かすと案外あたたかいもんです(笑)。

    投稿日:2014/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • この姿は!!!

    この表紙、この恰好…。
    冬場のわたしだ!!
    と、なんだかとっても親近感を覚えてしまい手に取りました。

    かぜの冷たさが増すたび、着るものがふえていく ねこ。
    うんうん、わかるわかる。
    寒い寒いと気もそぞろになるなら、着ぶくれる方がいい!
    これ、わたしのポリシーですから。

    ねこは、寒いのは大嫌い。いっそ南の島へ行こう!と出発します。
    でもここから、ねこには寒がり克服という新たな道が待っていました!

    こ、これはイヤだ…と思いながらも、軽々と清々しい表情の ねこが、ちょっぴり羨ましかったです。

    投稿日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の外遊びの導入に…

    冬の寒い日に「寒いからお部屋がいい」と言って、園庭に出るのを嫌がる子どもがいます。
    そんなときに、この絵本を読んでいます。
    さむがりやのねこに、子どもたちはみんな共感し、始めは「一緒に南の島に行きたいね」など話す子どももいるのですが、最後まで読むと、「走ったらあったかくなるの?」と半信半疑で園庭に出てくれます。
    園庭に出たら、その子どもと一緒に走ります。絵本みたいに、体がホカホカしてくるので、子どもはうれしいようです。
    次の日から、すすんで園庭に出て、走るなどして、体を動かすようになってくれました。
    冬の寒い日の、外遊びの導入にいつも使わせてもらっています。

    投稿日:2013/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこって寒がり屋だよね。

    北の国に住む寒がり屋のねこがいました。
    秋になり少しずつ少しずつ寒くなると
    帽子をかぶり、セーターを着たり・・・
    あまりにも寒いので南の国に行くことに・・・

    とぼけたおばあさんの行動に兄弟で
    びっくり、ドッキリ&大笑い。
    ねこの様子にちょっとかわいそうとも
    思いつつ笑って見ていました。
    楽しく読める絵本です。

    投稿日:2010/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒がり屋さんに

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    この時期にはぴったしのお話ですね
    寒くなってくると、できるだけ温かいところでじっとしていたいもの・・・
    でもこのねこちゃんは、寒さを避けるために南の国へ行こうと、歩くんですよ・・・それだけで「エライ!」とおもうけど
    しかし寒い中で洗濯物と一緒に外に干されてしまうところは、想像しただけで我々大人は「ぞぉ〜」としてしまいます
    結果的には一生懸命体を動かせば、温まる!とうれしくなるお話です
    ねこちゃんが鉢巻をして走る裏表紙の絵は見ているだけで、温かさが伝わってきます

    投稿日:2009/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凍った姿が・・・・

    冬にぴったりの絵本だとおもいました。

    ねこの凍って物干しにつるされている姿、寒さが伝わってきて、笑えました。

    じっとばかりせず、動いてあったまろう!!という意欲がわいてきました。
    寒い冬を乗り切るのに勇気をくれます。

    投稿日:2007/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶるぶるぶるっ!

    『子どもは風の子』なんていいますが、中にはピュ〜と吹く風にカチンコチンになってしまう冬が苦手な子どももいます。でも、やっぱり外で元気に走り回って欲しい。そんな思いからこの絵本を読んでみました。
    おばあさんが洗濯機の中に入れ干してしまう場面では「寒そ〜ぅ」とみんなも絵本の中に入ってしまったように体を硬くして見ています。
    ページをめくるごとにネコの表情が違っていて絵だけでも楽しめる絵本です。
    意外と冬が苦手な子どもからまた読んで≠ニいうリクエストが多いです。

    投稿日:2007/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒いときこそ運動!

    超さむがりなネコは、寒くてしょうがないから、南国へ行くことに。
    このネコ、すごい寒がりであると同時に、めちゃめちゃドジ。そして出てくるおばあちゃんもなかなかのつわもの。
    カチンコチンに固まってしまったネコをそのまま干しちゃうなんて〜。
    ありえな〜いんだけど、そのネコとおばあちゃんのやりとりが息子にはとっても面白かったようです。

    寒いときこそ、運動して体をポカポカに。
    冬も半ズボンで過ごしている子供より大人の私への教訓的な絵本だなあと思いました^^;

    投稿日:2007/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット