『とりがいるよ』ギフトセット 『とりがいるよ』ギフトセット
作: 風木 一人 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
ママたちの声から生まれたコミュニケーション絵本。

りんごころころなかなかよいと思う みんなの声

りんごころころ 作:松谷 みよ子
絵:とよた かずひこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2001年01月10日
ISBN:9784494001729
評価スコア 4.24
評価ランキング 17,415
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • あたたかい絵と分かりやすいストーリー

    • 魁ママさん
    • 20代
    • ママ
    • 秋田県
    • 男の子1歳

    優しく、ほんわかした絵で、ストーリーもわかりやすいです。息子が1歳半の時、リンゴが好きなので何気なく図書館から借りてきたら、とても気に入り購入しました。リンゴが全部なくなったページでは、「葉っぱ、葉っぱ」と言い、リンゴがなくなってしまったこともちゃんとわかっているようです。
    何度も読んでいるうちにこちらも暗記してしまいましたが、出かけた先でぐずった時などに話してやると、じっと聞き入ってくれるので助かっています。

    投稿日:2006/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 食べてね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    りんごの木にりんごがたくさん!
    ですがりんごを食べてとりんごの木が悲しんでいます。
    私も食べたいです(笑)。
    みんなの手にわたったりんごたち、みんながおいしく食べられたようで良かったねと言ってあげたくなります。

    投稿日:2015/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子でおしゃべり

    とよたかずひこさんの絵本です。とてもやわらかい画風で、娘も私も気に入っています。
    特にこの絵本はテーマがりんご。
    たくさんのりんごがころころと転がっていく様子は壮観です。
    娘は、「これ、だれが食べるの?」と不思議そうに聞いていました。
    文章がないページもあります。おばあちゃんやあかちゃん、鳥や牛がりんごを食べている様子が描かれているのですが、文章がなくても親子でいろいろとおしゃべりができてよかったです。

    投稿日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実がすきなので

    可愛らしい絵に惹かれて。

    たわわに実ったりんごの赤が色鮮やかできれいです。

    息子は道端に落ちている木の実やどんぐり、家の畑になっている
    みかんや柿など「実」が大好きで、すぐ拾ったり、もいだりします。
    そんな息子から見たら、りんごがいっぱいなっている
    りんごの木は魅力的に見えたのでしょう、
    初めて読んだ時、興奮気味に、
    「りんごいっぱいなってるね!!」
    と嬉しそうにお話してくれました。

    最後、泣いてしまったハナコちゃんがニコニコ笑顔になって
    お母さんのところにりんごを持って帰るのも安心できます。

    この本をよんでから、ふと、りんごが実っている木を
    まだ見たことがない息子にみせたいなあと思いました。

    投稿日:2011/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真っ赤なりんご

    ハナコちゃんがとったリンゴが、ころころ・・・
    転がって、美味しく食べてもらいました。

    ウシさん、小鳥さん、みんなリンゴが大好きです。
    コックさんのところに行ったリンゴは、アップルパイになりましたね。

    もちろん、ハナコちゃんもリンゴを美味しくいただきます。

    途中、木が泣いたり、ハナコちゃんが泣いたりと、少しハラハラする場面もあっておもしろいです。

    投稿日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしいりんご

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    「あかちゃんのおいしい本」と副題があったので、
    小さい子向けのおはなし会用にセレクトしましたが、
    1歳前後には少し長かったので、あきらめました。
    でも、3歳くらいならちょうどいい分量で、
    展開もシンプルでいいと思います。
    ハナコちゃんはりんごの実が食べてほしいと泣いていたので、
    ゆすったりもいだりしてあげるのですが、
    実が全部転がっていってしまって・・・。
    見るからにおいしそうなりんごが、「わたしをたべて」と転がるのですから、
    思わず食べたくなります。
    そうそう、動物たちも大好きだし、赤ちゃんにもお年寄りにも、
    お料理にも万能選手ですものね。
    もちろん、最後にはハナコちゃんもおいしいりんごを食べられますからご安心を。
    りんごの丸かじりなんて、最近はあまり見かけませんから、
    親子で小ぶりなのにチャレンジはいかがでしょう。
    ちなみに、青森県に修学旅行に行った時、
    宿で夕食に大きなりんごが丸ごとお皿に乗っかっていたのにびっくりした事を思い出しました。
    食べるのは大変でしたが、青森県を体感したような気分でしたよ。

    投稿日:2009/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしをたべて。

    りんごの置物を持ってきてはころころさせて読みたがります。
    あまりのシンプルさにどうなの?と思いましたが、
    息子にとっては、大のお気に入りの本なのです。
    りんごが転がっていくだけの本をこんなに楽しそうに読める子供って
    いいなあと思います。
    「わたしをたべて」でもぐもぐ食べる真似をするのも可愛いし、
    ご飯のときに「わたしをたべて」と言うと意外に食が進むのも
    面白いです。

    投稿日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごちょうだいって言われます。

    初めはあまり興味を示さなかったのですが、数回読んでいくうちにお気に入りに♪
    りんごの木がにこにこと見守っている絵が好きなようで、いつもりんごの木を指差しています。
    読み終わると、「りんご♪」とりんごをねだられます(笑)
    いつも短めな文章を読んでいましたが、ストーリーになっているこの本をしっかり聞けるようになった息子。成長を感じました♪

    投稿日:2009/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごたべたい!

    とても可愛らしい内容です。

    ハナコちゃんの優しい気持ちが、みんなを幸せにしてるようです。

    娘は生のりんごをなかなか食べてくれないので読んでみました。
    「私もりんご食べたい!」とは言ってくれたものの、
    実際はまだ食べてくれません。
    でも、それぐらい美味しそうな絵本です。

    あかちゃんの読み聞かせにおすすめだと思います。

    投稿日:2009/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごが食べたくなる絵本

    • しゆまさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子1歳

    たくさんりんごがでてきて大喜び。
    ひとつひとつ食べるまねをしたり、転がる様子を指でたどったりして喜んでいます。
    みんながそれぞれのメニューでりんごを味わっていて、
    息子もりんごを食べたくなるようです

    投稿日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット