虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

白鳥」 パパの声

白鳥 作:アンデルセン
絵:マーシャ・ブラウン
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:1967年
ISBN:9784834011494
評価スコア 4.75
評価ランキング 822
みんなの声 総数 7
「白鳥」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • このうえない逆境物語

    マーシャ・ブラウンの絵のせいでしょうか、この上なく理不尽な逆境ドラマに思える物語です。
    何故に11人の兄弟と末の妹のエリザが、これほどに苦しい試練を受けなければいけないのでしょうか。
    陰湿な苛め社会のなかで、必死に救済を求めるような、そんな構図がブラウンの絵に示されています。
    継母の策略に揺らいでしまう父親の愛情、世間の言葉に呑まれてしまう王さまの妻への愛情…、童話でありながら昼ドラのようなドロドロしさを感じてしまいました。
    このような展開が物語の世界だけであってほしいと思うほど、屈折した現実社会の社会病理をまで思い起こしてしまいました。
    この物語を他でも読んでいるのですが、こんな思いになったのは、ブラウンの絵と物語で描かれた文章のディテイルのせいでしょうか。
    そのなかでエリザはとても健気です。
    最後に救われるくだりでは、心の底からほっとしました。

    余談ですが、物語の中で書かれている「国の半分ほどもする、美しい絵本」って、いったいどんな絵本なのでしょうね。

    投稿日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット