新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

かさ」 ママの声

かさ 作・絵:太田 大八
出版社:文研出版 文研出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:2005年
ISBN:9784580815339
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,061
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 寝る前によく読みます

    私が自分のために買った本なのですが
    息子が気に入ってしまい、よくリクエストしてきます。

    字のない絵本で、女の子が赤い傘をさして
    お父さんを駅まで迎えに行き、帰ってくるまでを描いています。

    絵を読む絵本で、子供でもどんな様子なのかが
    絵を読むとわかるようです。

    また、女の子の傘だけ赤で書かれてあるので
    どこにいるのかも一目瞭然ですし
    小さな女の子の存在が、とても強調されているように感じます。

    今はビニール傘をコンビニで買ってしまう時代ですが
    こんな風に傘を持っていく姿が今もあったらいいな・・・
    息子がもう少し大きくなったら、傘を持って
    駅までパパを迎えに行ってもらうのもいいなぁなんて思いました。

    男の子がこんなにハマるとは思いませんでした。
    絵を見ながら、いろいろなことを感じているのでしょうね。

    ちなみに大人が読んでも味わい深い絵本です。

    投稿日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 懐かしい

    懐かしい感じがしたのでこの絵本を選びました。作者を見て納得でした。私の大好きな“チョコレートのじどうしゃ”の太田大八さんだったのです!級友に久しぶりに再会したかのようなとても嬉しい気分になりました。主人公の傘を追いかけていく構図が映画のワンシーンの様でとてもかっこ良かったです。色の配置もとてもセンスを感じました。言葉が無い分味が滲み出ていて素敵でした。女の子の嬉しそうな笑顔が心に残りました。

    投稿日:2008/10/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 赤い傘に目が行きます。文章のない絵本

    文章がないので読み聞かせは慣れていない人には難しい。

    でも、赤い傘の女の子が傘をもう1本持ってどこかに行く、、、お迎えかな?、、、ドーナツ屋さんを覗いてる、、、駅についた、、、パパかな?男の人に傘を渡したよ、、、パパがドーナツ買ってくれたよ、美味しそうだね、、、おうちにかえろ〜、といろいろ喋りながら読めます。

    雨の日のお迎えってすごく心が温まるので、癒されます。それと、赤い傘が目立つので、大きな街にいても「ここにいるよ!」と4歳の娘はウォーリーを探せのような遊び方をして一緒に読んでいました。

    投稿日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 名作

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    モノクロの町の中に一つの赤い傘。
    表紙がとても印象的で、前から気になっていたのですが、字のない絵本が苦手なので今まで敬遠していたのです。
    でも字のない分、いつもよりじっくりと絵を見て、あれこれと想像しながら楽しむことができました。字のないのもいいものですね。
    モダンな雰囲気の表紙から想像いていたのとは違い、描かれている町はちょっと懐かしい雰囲気。
    駅に向かう女の子が通り過ぎていく風景を、一緒にゆっくりと歩いている気持ちで楽しみました。
    なんともいえない温かみのある絵本で、子どもと一緒に楽しむのもいいですが、一人でゆったりと開きたくなる一冊です。

    投稿日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 赤い傘が目を引きます

    お父さんをお迎えに行く赤い傘の女の子。
    大きな街の駅を目指しています。
    帰りは来た道をちょっと寄り道しながら帰ります。

    そんなごく普通の情景を、言葉のない絵本にしたことでみる者にイメージをふくらまさせ、限りない言葉をあふれさせてくれる…。そんな、絵本ではないでしょうか。

    言葉が書いていないからこそ素敵な、味わいのある絵本。

    モノクロの中に赤い傘がぽっと光ります。
    子どもの心に、温かいろうそくの炎のようなぬくもりを与えてくれる色なんだと思います。

    投稿日:2008/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • こちらの絵本は、文字は無く、白黒で描かれた風景が続いてお話が繰り広げられていきます。登場する女の子のかさだけが真っ赤に塗られ、読み手はその赤いかさを追いかけるように読み進めていきます。

    娘たちが今より小さい頃、二人ともこの絵本が大好きで、「お話つくってー!」と何度もせがまれました。文字のない絵本は、好きなようにセリフを考えたりお話を自由に作ったりできるところも楽しいです。

    静かな雨の日の風景と、燃えるような赤のかさ。それだけでとてもドラマチックな展開が待っているような気持ちになります。想像力を働かせて娘たちもいろいろなセリフを考えたりして楽しんでいました。

    投稿日:2021/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子だけど好き

    なぜか傘が好きな息子。
    まだ自分の傘は買ってあげていないのですが、大人のものを持ちたがります。

    この絵本は女の子が主人公なのですが、息子は自分だと思っている様子。
    絵本を見ながら、一生懸命状況を説明してくれます。

    大人が見ても味わい深い絵本です。

    投稿日:2016/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい光景

    • ccさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    女の子がお父さんの傘を持って、駅までお迎えに行くお話し。
    モノクロの絵本の中でひときわ女の子の赤い傘が目立ちます。
    文章がないので、絵を読む絵本です。

    日によっては、子どもが文章を作って読んでくれたり、
    二人でお話ししながら、読んだり、
    文章がないからこそ、その時によって、色々な読み方ができます。

    昔は雨が降ったら、親や兄弟に駅まで傘を持ってきてもらいましたが、
    今はコンビニで傘を買ってしまったりして、迎えに来てもらうなんて、
    いつからしていないかなと考えてしまいました。
    僕も小学生になって、お母さんが傘持っていなくて、
    雨降ってきたら、お迎えに行ってあげるねと言ってくれて、
    そんな日が来るのがとても楽しみです。

    文章のないモノクロの絵がノスタルジーを感じました。

    投稿日:2016/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロでいて斬新!

     字がない絵本と知って、どんな本だろうと興味を持って購入しました。
    女の子が雨の日にお父さんを駅まで迎えに行くストーリー。少しレトロな絵の中で女の子のさしている傘の赤色だけ色づいており、雨の日の少し暗い空模様が表現されており、それと対比して赤色の傘が強く印象に残ります。
     文字がなく視覚で楽しめる絵本であり小さい子どもも楽しめるし、レトロな雰囲気でアートな要素もあるので大人も楽しめると思います。子どものときの雨の日を思い出してなんだか懐かしくなりました。おすすめの1冊です。

    投稿日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 開くたびに幸せになる絵本

    モノトーンで描かれた文字のない、とてもおしゃれな絵本です。
    小さな女の子が、真っ赤なかさをさし、大きな黒い傘を持ってあるいていきます。他は全て白黒なのに、女の子の持つ傘だけが赤で描かれていて目をひきます。
    道々いろんなものに興味をそそられながらも駅にたどり着き、おとうさんに大きな傘を渡す姿は、とっても微笑ましいです。
    絵が女の子の気持ちなどをたくさん語っていて、開くたびに幸せになる絵本で、子どもたちも私も大好きです。

    投稿日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのにちようび / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット