宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ピヨピヨ メリークリスマス」 せんせいの声

ピヨピヨ メリークリスマス 作:工藤 ノリコ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784333023028
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,531
みんなの声 総数 111
「ピヨピヨ メリークリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいです

    小さい年齢の子供から楽しめると思います。
    サンタさんが来てくれるか楽しみで仕方ない子どもたち。
    お母さんに聞いてもお父さんに聞いても、「いいこにしてればね」と言われてしまいます。
    お手伝いをしながら待っている姿はとってもかわいいです。

    投稿日:2013/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待ち遠しい!

    ヒヨコ達のクリスマス風景を描いたお話です。

    クリスマス用の買い物や、ツリーの飾りつけ、手作りケーキ等、クリスマスならではの家庭の様子が細かく丁寧に描かれていて良いなぁと思いました。

    なんと言っても、プレゼントが一人1個だけではないところが、羨ましいですね(笑)
    素敵なクリスマスを迎える前に、是非子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい&おいしそう

    • かっぴーさん
    • 30代
    • せんせい
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    ピヨピヨスーパーマーケットにすっかりハマったわが娘は、こちらにも興味津々!マーケットに登場していた動物たちが市場にいるのを発見して大喜び。工藤さんの細かくて、かわいらしい絵の描写は子ども心をくすぐるのでしょうか。何度もページをいったりきたりしながらじっくりと読んでいます。今回はクリスマスがテーマなので、そこも子どもは共感できるのでしょう。プレゼントの中身をあけるところのピヨピヨたちの表情とかがとてもかわいいです。また、お母さんの手作りのシチューやケーキがとってもおいしそうで、見ているだけで幸せな気分になれちゃいます。

    投稿日:2008/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット