しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

もめんのろばさん」 その他の方の声

もめんのろばさん 作:わたり むつこ
絵:降矢 なな
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784591099353
評価スコア 4.78
評価ランキング 492
みんなの声 総数 17
「もめんのろばさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぬいぐるみと一緒に

    降矢さんの絵だったので、読んでみました。ろばのぬいぐるみが主役の、なんとも心温まるクリスマス絵本でした。途中、どうなることかと思いましたが、とっても素敵なラストがまってます。
    ぬいぐるみと一緒にクリスマスプレゼントにしたいなあ、と思いました。

    投稿日:2016/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命なぬいぐるみたち

    クリスマスはぬいぐるみにとって
    こどもにめぐりあう最大のチャンスなんです。

    ろばさんはけんと同じ布でできていて、いつだって一緒、
    鼻はけんがキスするせいですりきれています。
    でもろばさんが迷子になってしまったおもちゃ屋さんにいたのは
    まだ子供に可愛がられたことのないぬいぐるみたちでした。

    「こどもに かわいがられるって、どんな きもちかしら」

    クリスマスを舞台に描かれるぬいぐるみたちの一途な思いは
    抱きしめたくなるような可愛さです。

    ろばさんとけんがもう一度会えますように、という気持ちと同じくらい
    他のぬいぐるみたちが愛されますように!と思いました。



    それから、
    「クリスマス」のお話で「ロバ」もいますが
    宗教の観点から描かれたものとは違いました。
    しまってあったぬいぐるみも引っ張り出して
    「ごめんね!」と抱きしめたい気持ちになるんじゃないでしょうか。

    投稿日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット