あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

ティッチ」 みんなの声

ティッチ 作・絵:パット・ハッチンス
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1975年4月25日
ISBN:9784834004496
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,038
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 心に響く絵本

    もうすぐ4歳になる息子と読みました。
    読んだ瞬間「もう1回!」の荒らしで
    結局1日で10回以上は立て続けに読まされたと思います。
    気の済むまで読んでもらったあと
    「ティッチもすごかったね、さいご!」と
    目をキラキラさせながら言ってました。
    一人っ子ですが、自分より大きい子に対する思いは
    それなりに抱いていたんだろうな〜と思いました。
    よく小学生くらいの子が自転車を乗り回して
    遊んでいるのをみて
    「お兄ちゃんたち、自転車のってるね」
    などと言ってましたが、その裏側に
    子供なりにいろんな心理があったのかなって思いました。
    この絵本は成長したい子供の気持ちをうまく
    代弁してくれているのだと思います。
    最近長い絵本も読めるようになったので、
    けっこうむずかしい読み物にも挑戦してましが
    あえてこの年齢にまた短い絵本を読む事を
    大切さを再確認させてくれました。
    きっと読んであげた年齢で受け取り方や
    反応が違うと思います。

    投稿日:2015/07/05

    参考になりました
    感謝
    1
  •  末っ子って、何時もこう感じているのかも。
     ページを追う毎に、兄姉と隔たる想い。
     一生懸命なティッチが可愛い。
     最後はどうなるのかしら?という様な眼差しの息子。
     ラストページを開くと、「おお〜〜〜!やった〜」とティッチと同じ気持ちになっていました。
     ちいちゃい種とティッチを掛けているような、末っ子への応援本ですね。
     ハッチンスさんの色使いや細かい描写に、当時、はははファンに成りました。

    投稿日:2010/02/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • シンプルさがいい!

    ハッチンスの絵が好きで、この本は図書館で見つけて借りました。
    小さなティッチが一生懸命にいさんやねえさんの仲間に入ろうとする姿がいじらしい。最後の得意気な顔がなんとも言えません!
    余計な背景がない分、まだ1歳の息子には集中しやすいようです。文章も少なくて、読み聞かせるペースも合っているみたい。真っ先に読んでくれと持ってくる本になりました。返却の日まで、何回でも読もうと思います。

    投稿日:2007/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 頑張れティッチ

    6歳長女と読みました。ティッチは3人兄姉の3番目。私自身2人姉妹。子供も2人の娘なので、3番目の気持ちってなかなかわからないんですが、こんな思いを持っているんですね。長子に生まれたので下の子ってこんなこと思っているんだなと新鮮でした。

    最後の種がとっても良かったです。3人兄弟をお持ちの方。自分自身が3人兄弟の方が読むと「わかるわかる」ときっと共感しちゃうお話だと思います。

    投稿日:2014/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストのこの得意顔

    • だいちまるさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    一番下の子の上のお兄さん、
    お姉さんには決して届かない成長具合のはがゆさが
    よく現れています。

    ラストページのお兄さん、お姉さんの身長を
    大きく上回る種の成長がティッチの得意顔とともに
    なんとも嬉しくなっちゃう本です。

    投稿日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 末っ子大満足

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     末っ子は日々兄弟の動きに注目し
    自分も負けまいと努力している…

     そんな子どもの気持ちを
    まずは身長の違いで表わし
    いくつかの道具の比較を繰り返し
    ちょっと連携の様子を見せたあとで
    納得のオチへ向かっていく…

     詠み聞かせの際は場面に応じて
    擬音を入れると楽しめる…例えば
    <たいこ>⇒ドンドン
    <ラッパ>⇒プップー
    <笛>⇒ヒュー    など…
    特に集団への読み聞かせでは
    おすすめの演出だ

    ハッチンスの絵本は他にも傑作が多いのだが
    それはまた別な話…

    投稿日:2014/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 末っ子ガンバ!!

    お兄ちゃん、お姉ちゃんと遊ぼうとしても、体がちっちゃいから同じものが持てないのです。
    でも、小粒でも大きな木になるんだぞ。
    お兄ちゃんと、お姉ちゃんとの比較が面白いと思いました。
    自転車と三輪車の対比はわかるけど、「のこぎり、かなづち」に対して「釘」、「シャベル、植木鉢」に対してタネ、という組み合わせにはちょっと無理があるのではないでしょうか。

    投稿日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共通の気持ち

    私の母が「あなたが何度も読んでいたの覚えてる?」と
    懐かしそうに出してきた「ティッチ」。
    もちろん、よく覚えています。
    子供の頃に大好きで、本当に何度も繰り返し読んでいました。
    ティッチが埋めた小さい種が、ピートやメアリーの背丈より
    ずっーと大きく葉を伸ばした時、何故だか、それは
    とても爽快な気分でした。

    レビューでは、末っ子の気持ちが分かる絵本と書かれている
    ものも多いですが、私は長女^_^;)
    もしかしたら、子供はみんな、体が小さいというだけで、
    我慢したり、うまくいかない事があって、いつか自分だって!
    でも、いつかっていつなんだ?と思いながら過ごしているの
    かもしれないですね。
    だから、小さくたって、やってやったぞ!という達成感をこの
    絵本から感じるのかもしれません。
    子供はみなそんな共通の気持ちがあるのかもですね。
    3才の息子もお気に入りの絵本。
    彼もきっと、同じ気持ちでみているのかな?

    投稿日:2013/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かにひびく絵本

    2歳9カ月の息子と一緒に読みました。
    3人兄弟の末っ子のティッチ。
    お兄ちゃんとお姉ちゃんは自転車に乗るけれど、ティッチは
    三輪車。
    お兄ちゃん達は、タコを上げれるけれど、ティッチは風車。
    息子は一人っ子ですが、うんうん、分かる、と思いながら読みました。
    息子はよく、「お兄ちゃんになったら○○できるね。」と言うのですが、
    この絵本でも、大きくなったら自転車乗れるねと思ったようです。

    ティッチが持っていた種が最後に大きく育って、ちょっと自慢気なティッチの顔。
    上手く説明出来ないけれど、静かに心に響いてくる絵本です。
    まだ小さいからこれは出来ないよ、大きくなってからね。といつも言われているぐらいの年齢の子供に読むのにぴったりだと思います。

    投稿日:2012/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読めば読むほど惹きつけられます

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳、

    5歳の息子には短めで簡単すぎるだろううかと思ったのですが、
    意外に読み応えがあり、
    心の奥に響くものがありました。

    末っ子のティッチは、いつもお兄さんお姉さんより格下。
    持ち物も兄姉にくらべ数段下のランクのものばかりで、
    悲しいティッチ。

    けれどティッチの持っていた種が、
    芽を出してぐんぐん伸びて、
    お兄さんの持っていたシャベルよりも
    お姉さんの持っていた植木鉢よりも
    もっと大きく成長します。

    この時のティッチの喜びと、
    兄姉の納得いかない驚きが、
    絵にとてもうまく表現されています。

    文章よりも絵が物語を語っています。
    自分で字を追わない息子には、
    何回読んでも面白い一冊だったようです。

    投稿日:2012/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット