おばけとホットケーキ おばけとホットケーキ おばけとホットケーキの試し読みができます!
作: 新井 洋行  出版社: くもん出版
おばけたちといっしょに、ホットケーキをつくろうよ! 読者も声や手を使って、物語に参加できる、楽しい読み聞かせ絵本!

がちゃがちゃ どんどんなかなかよいと思う みんなの声

がちゃがちゃ どんどん 作:元永 定正
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1990年04月
ISBN:9784834010244
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,610
みんなの声 総数 180
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 音を楽しむ

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    読み聞かせ初期はこういう音を楽しむ本をこどもは喜ぶように思います。
    いろんな言葉の響きを聞くことで語感が育っていくような気がします。

    投稿日:2009/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい試み

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    耳から聞こえる音を絵にする?!素人の私にはとてもできそうもないことです。読んでみると・・・なるほどというものや、なんとなくわかるか気もするというものまで、いろいろ。おもしろい試みですよね。「もこもこもこ」みたいに、擬音(?)だけで、耳でも絵でも楽しませてくれる本です。うちの子はそんなには気に入ってなかったかもしれません。

    投稿日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な魅力

    音を絵で表現した絵本です。1歳の息子は、擬音や言葉のリズムを感じられるのが面白いようです。子どもは擬音、擬態が好きですよね。日常生活でもこういった音を言葉にしていけたら楽しいな、と参考になりました。単純な形、鮮やかな色で描かれた抽象絵にも不思議な魅力を感じます。

    投稿日:2015/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の絵

    音を絵で表す、斬新でとても面白いですね。
    表紙の、がちゃがちゃやどんどんが、もう驚きました!

    言葉で表すのは簡単でも絵で表すのは難しいんじゃないかなぁと思いましたが、イメージぴったり!そうそうそんな感じですよね!色もそんな感じ!!
    シンプルで、楽しいです。

    最後の「ぷ」が、一番わかりやすかったです(笑)

    投稿日:2014/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な言葉

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    言葉を覚え始めた頃の子どもに読んであげました。
    読んでいて、日本語って本当にいっぱいの繰り返し言葉があるなあと思いました。
    自分の中学校の恩師が『日本語ほどオノマトペが多い国はない』と言っていましたが、そのとおりかもしれません。

    投稿日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声色変化をつけて

    日常まわりにある音をイメージ化した絵本です。
    私自身なんの音かなと想像しながら、声色に変化をもたせて頑張って読んでいます。

    三ヶ月の娘は不思議そうな顔でじっと見ています。
    果たして彼女がイメージする音と私の想像する音が一致しているのか?!
    想像力も鍛えてくれる不思議な絵本です

    投稿日:2013/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音を絵にすると・・・

    音を絵にするという簡単なようで難しいことを、シンプルにやってのけているという印象をうけました。不思議な魅力があって、子どもの心を掴むようです。読むと最後の「ぷ」のところは必ず笑います。0歳の赤ちゃんから楽しめる絵本ではないでしょうか。もうちょっと大きくなったお子さんには同じ作者の「もけらもけら」もいいかもしれません。

    投稿日:2012/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかわからないけれど

    知人からいただきました。

    色々な絵本を読むとき、
    書いてある文字以外に言葉をかけて、
    やりとりすることが多いのですが、
    これはまっさら、言葉だけで読んでいくので、
    子どもの反応がどうなのかな?
    思っていました。

    読んですぐは反応がイマイチ…な印象がしましたが、
    続けて読んだ数日後、
    一人でページをひらいて自分で読んでいるのです。

    大人には意味のないように見えても、
    ニュートラルな感性を持っている
    子どもの心にこそ響く何かがある本です。

    投稿日:2011/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファーストブックにオススメ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    元永 定正さんは、10月3日に亡くなられたので、哀悼の意を込めて読みました。
    1922年生まれの御年88歳とのこと。
    元永さんは、前衛画家として初めて紫綬褒章を受章。
    三重県上野市生まれで、忍者の子孫としても知られています。

    例によって、ストーリー性はありません。
    今回は、絵が音を表現しているもの。
    そのマッチングが絶妙。
    確かに、この絵は、こんな感じの音なんだろうなと思えるからとても不思議。
    きっと、この感性は、赤ちゃんに合い通じるものだと思います。

    ファーストブックにオススメです。

    投稿日:2011/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前から・・・。

    前から気になってた絵本です。

    図書館で借りてみました。

    読み聞かせるといった絵本ではありません。

    でも、

    擬音だらけで、最近の息子には、はまりました。

    何がおもしろいということではありませんが

    かなり楽しそうに何度も見てました。

    投稿日:2011/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / やさいのおなか

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

全ページためしよみ
年齢別絵本セット