話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

たいせつなきみ」 ママの声

たいせつなきみ 作・絵:マックス・ルケード
訳:ホーバード 豊子
出版社:いのちのことば社
本体価格:\1,600+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784264017400
評価スコア 4.82
評価ランキング 199
みんなの声 総数 21
「たいせつなきみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大切に思われていること

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    ウイミックスという木彫りの小人、パンチネロが主人公。
    ウイミックス達は互いに評価しあい、星シールやだめ印を付け合います。
    何とも異様な光景ですが、
    私達にも心当たりがありますね。
    パンチネロはだめ印ばかりで落ち込みますが、
    自分を作ってくれた彫刻家のエリの助言で自信を取り戻します。
    まず、題名から強いメッセージを感じます。
    そして後半、大切な存在、という言葉が繰り返し語られます。
    エリの存在感に圧倒されます。
    親として、こんな存在になりたいですね。

    投稿日:2008/03/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「ピノキオ」 かと思ったら・・・ 

    • かざぐるまさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子10歳、男の子8歳

     「ウイミックス」というちっちゃな木のこびとたちのお話。 彼らは、エリという彫刻家によってつくられ、みんなは同じ村に住んでいました。
    ウイミックスは、きんぴかのお星さまシールとみにくい灰色のだめじるしシールをもっていて、お互いにそのシールをくっつけあって暮らしていました。 ある日、灰色シールばかりを貼られたこびとが、その作り主 エリに会いに行き、「他人の評価は問題じゃない。 おまえのことを大切に思っているよ。」 と諭されます。その言葉を信じ、自分に自信を持てるようになったとき、彼のだめじるしシールがぽろりと地面に落ちました。

     表紙の絵を見て、「ピノキオ?」を想像してしまいましたが、読み終えたときは、『目から鱗』って感じで・・・。
     この本は、キリスト教の伝道図書(?)を多く出版されている「いのちのことば社」のものと後々知ったのですが、宗教色も色濃くなく、ノンクリスチャンの方にも、その内容に、充分考えさせられる一冊だと思います。
    大人の方には、モノトーンの小さな絵本 「たいせつなきみ Ciassic 」の方もお薦めです。

    投稿日:2003/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 揺るがない愛が自信を育ててくれる

    • ときいるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    この絵本はある人形作家がつくった人形たちの世界が舞台です。
    人形たちの世界では人形同士で評価を付け合います。
    優れた人形だと思えば相手に良いマークを貼り、逆ならだめなマークを貼り付けます。
    だめなマークを張られてしまった主人公の人形はもう失敗したくないと頑張るのですが空回り、、、緊張してますますミスをしてだめマークを増やしていきます。そのだめマークだらけの主人公を見て周りの人形は良く知りもしないうちから彼をだめだと決め付け。まただめマークを貼られてしまいます。そうして主人公はいつしか自信をうしない「自分はだめなんだ」と思い込んでしまうのです。
    自信を喪失していた主人公はある不思議な人形lに出会うのです。
    その人形はマークがひとつもなく、他の人形たちがマークを付けようとしても貼れないのです。
    主人公がなぜマークがないのかを尋ねるとある所に訪れるよう教えてくれたのです。
    そこは人形たちを作り出した職人がいる工房でした。
    人形職人は主人公に「たいせつな存在」であることを伝えるのです。
    何ができようと、どんな見た目であろうと関係ないのです。
    自分が作り出した人形たちは全て変わらずに大切なんだと。
    その人形職人の絶対的な愛情は他人からの評価されることにとらわれてしまい自分を愛せなくなった主人公に必要なものだったのです。

    この絵本は人形の世界で描かれていますが、この職人のようにわが子へゆるぎない愛情を持って自信を与えられているかな?と自分を省みる内容でした。
    6歳の娘に読んであげましたが、読み終わった後に思わず「きみがたいせつだよ」と抱きめてしまいました。
    娘にも自分が大切な存在であるという気持ちが伝わればいいなと思います。

    投稿日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何が大切なのか

    • あおそらさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子2歳、男の子1歳、

    絵も文も、あたたかみのある素敵な作品でした。
    みんなから「だめじるしシール」をたくさん貼られてしまう木でできたこびとのパンチネロ。
    自分に秀でることなんかないと落ち込むパンチネロに、なんだか近頃の自分と少し重ね合わせてしまいました。

    そしてシールが体に貼りつかないこびとと出会い、自分のつくりぬしであるエリのもとを訪れます。
    つくりぬしエリはとてもあたたかく迎えてくれます。
    「ああ なにもかも わかっているよ。いとしい子。
    ほかのウイミックス(こびとたち)が おまえのことを なんと思うと かまいわしないさ」
    「おまえがわたしの あいをしんじたなら シールなんて どうでもよくなるんだよ」
    エリのあたたかい言葉たちが、まるで自分に言われているかのように、じーんと胸にしみました。

    行き詰ったり、焦ってうまくいかなかったり・・・
    そんなときにそっと開きたくなるような絵本でした。

    投稿日:2012/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしにとって たいせつな きみ

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    赤い縁取り、暖かな味わいの絵、「たいせつなきみ」という題名、
    昨年、クリスマス・プレゼントの絵本を探していて、手にとりました。

    エリという彫刻家が作った、木彫りの人形達は
    優れた人に星のシール、劣った人には灰色の「だめじるしシール」を貼りつけ合って暮らしています。

    現実の世界でも、レッテルを貼ったり、貼られたり、
    人の評価で自分の価値が決まるような不安感は変わりません。
    だめじるしばかりのパンチネロの絶望が、ただただ切なかったです。

    だから、木のまんまのルシアの登場は、私にもまぶしいものでした。
    星シールも、だめじるしシールも、
    彼女にはくっつかないなんて。
    その理由は、彫刻家のエリのところにありました。

    エリの「シールがくっつくように していたのは おまえじしんなんだよ」という言葉が印象的。
    何か特別な容姿や能力がなくても、
    そのままの自分に「わたしにとってたいせつなきみ」と言ってくれる存在があれば、
    人の評価など気にならなくなるのでしょう、
    パンチネロ同様、少し時間はかかるかもしれませんが。

    エリは、人間の作り主・神さまを象徴的に描いているのだと思いましたが、
    読んだ人によって色んな読み方が出来ると思います。

    希望の光が差し込むようなラストがいい!
    しばし暖かな余韻に浸りました。

    息子には、もう少し先がいい?と思いつつ、購入。
    長いお話を真剣に聞き入り、その後も時折、読み聞かせをせがまれています。
    特に感想は言わないし、私も聞きませんが、何か感じるものがあるようです。

    人と人の間で、時に固くなる気持ちをほぐし、暖めてくれるような絵本、
    大人の方はもちろん、小学生位〜中学生、高校生にもおすすめです。
    TO・・・FROM・・・が書きこめるページもあり、
    プレゼントにもぴったりです。

    投稿日:2011/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がやすらぐ本

    • 夢見るアリスさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳、男の子7歳

    どこにでもよくある現実をやさしく表現しています。
    絵の画法もそれを手伝っているのかもしれません。

    自分を愛してくれる人がいることで、人は輝きを増すのでしょうね。

    パンチネロの最後のセリフ「ありゃ ほんとだぞ」を読んだときホッとしました。大切なものに気づいたパンチネロの顔が、嬉しそうで私も嬉しくなりました。

    投稿日:2010/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛される理由とは・・

    息子が大好きな絵本のひとつで、私も読んで感動しました。

    なにをやってもダメでとりえがないと思われる主人公が、大切でかけがえがないといわれるシーンは、この話のクライマックスですが、全ての人に向かって語られたメッセージのような気がします。

    子どもが自分自身を大切に思う心を失ってしまった現代では、多くの子どもがちょっとしたことでも死を選んでしまう悲しい現実があります。
    今のそのままの姿で、とてもたいせつでかけがえがないということを、多くの子どもたちに知ってもらう本だと思いました。

    投稿日:2008/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • エリの様な親でありたいと思いました。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    来月 1/2成人式を迎える 
    4年生の子供達に読み聞かせをした絵本です。

    お星様シールと だめじるしシールを貼りあいながら暮らしている
    ウイミックスという木彫りの小人達。

    そんな小人達の姿が 子供達の姿に重なります。

    そして だめじるしをたくさん貼り付けられて
    すっかり自信をなくした小人・パンチネロを
    温かい言葉と愛情で すくい上げてくれる彫刻家・エリの姿が
    私たち親の姿と重なります。

    「周りから どんな評価をされようとも
     自分を愛してくれている人の言葉を信じてさえいれば
     他からどう見られているか…なんて
     どうでもよく思えてくるもの。」

    そんなメッセージを感じます。

    絵本の中でエリがパンチネロに言う
    「今はわからなくても きっといつかわかる」という言葉通り
    4年生の子供達に 今日はどの位伝わったのかはわかりません。
    でも いつかきっとわかってくれる…と思う事ができる絵本でした。

    投稿日:2008/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が疲れたときにどうぞ

    • ぽぷりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子8歳

    そのままの自分でいい、人がどう思おうと君は大切な存在だから。
    レッテルを貼られても、惑わされず生きればいい。

    深ーいメッセージが込められたこの絵本に何度励まされたことか。
    読むたび涙が出ます。

    「ダメシールを貼られるなんてイヤだよね」って
    子どもは子どもなりに 受け止めていました。
    学童期から大人まで、幅広くオススメします。

    投稿日:2007/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分のことを認めてくれる誰かがいること。

     保育園の大人のための絵本コーナーにあったのを借りてきました。とっても、ステキな絵本で読後はとっても温かい気持ちにさせられます。

     人の評価ってすごく気になりますよね。だれかに認めてもらいたいから、仕事を頑張ったり、家事や育児を頑張ったり、まだまだとそれは限りなく自分にノルマをかしているんだと思います。でも、どこかで疲れちゃって、なんだかイライラしたりだとか…。ありのままの自分を受け止めてくれる事、そんな人が身近にいてくれればいいですね。そして、エリのような大人に自然となれるようになりたいなぁ。
     ちょっと、頑張りすぎて自分を見失った時、そんな人に是非読んでもらいたい絵本です。

    投稿日:2007/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / もこ もこもこ / よるくま / ほんとうのことを いってもいいの? / びゅんびゅんごまがまわったら / ちいさなあなたへ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット