あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

あかいハリネズミふつうだと思う みんなの声

あかいハリネズミ 作・絵:ジェイドナビ・ジン
訳:深川明日美
出版社:リトルモア
本体価格:\1,700+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784898151990
評価スコア 3.33
評価ランキング 44,453
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ネズミのおじいさんに機転がほしかった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    この絵本、ナビで感想を書いている方は皆さん評価が高くて、びっくりしました。そんなによかったですか?
    イラストは印象的で、個性的で、目を惹きます。
    でも、これはなんだかひどく悲しすぎる話で、「ハリネズミ」が可愛祖すぎませんか?
    こういうお話を子どもたちに届けて、それで、本当に愛や友情や勇気が湧くんでしょうか?
    絵本ではよく「ハリネズミ」が登場しますね。
    汚くて、ノミなんかもいて、背中に針があるから他の動物から嫌われている役回りが多いです。
    この絵本に登場する、ハリネズミお母さんも、最後にハリネズミのことを抱きしめたネズミのおじいさんも、本当にハリネズミのことを大事に思うなら、あそこで死んではいけないんです。
    どうしたら、背中の針を好きな相手に向けなくて抱きしめられるか、教えてあげてほしかった!!

    学生時代に出会った漫画で「山アラシのジレンマ(遠藤淑子:作)」というのがあります。
    この作品では、物語の例えばなしとして「山アラシ(ハリネズミとは種類が違いますが、同じような生態の動物)」が登場します。

    ー「寒さに震える山アラシ同士が出会った時
     お互いに暖めあおうと近づけば近づくほどお互いを傷つけてしまう。 それを『山アラシのジレンマ』というって」
    そんな話をする(心に傷を負っている)友人に対してに対して、
    主人公は
    ー「起き上って抱き合えばいいんだ」って、いとも簡単に答えるんですよ。
    私はこれを読んだとき、感動しましたね〜。何年もたった今でも大事なバイブルの1冊です。

    この絵本にも、ネズミのおじいさんにそういう機転がほしかったな〜。そういうラストだったら、きっともっと、子どもたちの胸に残る気がします。

    投稿日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 涙がとまらない

    はずかしながら、本屋で立ち読みしてしまいました。
    タイトルに「おや?」と思ったのと、ハリネズミが好きなのとで思わず手に取りページをめくったら、そのまま最後まで読んでしまいました。

    涙がとまりません。

    店先なのに涙をこらえることができませんでした。
    ラストが切なすぎます。

    ハリネズミが辿る厳しい現実と、盲目のネズミの命がけの優しさが、ダイレクトに心を打って、私は深く考える間もなく胸が痛くなってしまいます。
    ネズミに死なないで欲しかった。

    命と引き替えでなく、ハリネズミを温かく包んでくれる誰かがいて欲しいと願わずにはいられません。

    投稿日:2011/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じごくのそうべえ / あおくんときいろちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット