アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

14ひきのもちつき」 ママの声

14ひきのもちつき 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784494007950
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,191
みんなの声 総数 92
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

80件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 質問攻めです!

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    もちつきに関する絵本をさがしていて、出会いました。14ひきのシリーズはどれも絵が素敵です。

    表紙に、ねずみの子供たちの名前がでているので、ページをめくるたびに、この子だれ?この子は?と質問攻めです。そのたびに、表紙を毎回のぞいて確認します。だんだん覚えてきて「さっちゃんじゃない?」とか、あてっこしながら読むのも楽しいです。

    お餅つきの様子もわかりやすく描かれていて、よかったです。

    投稿日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 先月、子供の幼稚園でおもちつきがありました。
    もう、まさに内容そのものの情景がそこにあり、絵本の臨場感がすごく感じられました。

    こどもが通う園では、もち米を園児がザリザリと研ぐところから始まるので、おかあさんねずみとおばあさんねずみが支度をしているところがそのまま、子供の追体験となったようです。

    しかも、私もクラスの役員の中でこのおもちつき担当となったので、当日、青空の下で杵をもって臼の中のおもちをつきました。
    絵本の中のねずみと一緒!
    親子で「こうやって、ぺったんしたよねー!」と行事の思い出も共有できる一冊です。
    私たちとっては、幼稚園の行事体験が充実していたからこその作品となりました。

    そして、他の方のレビューにもありましたが、子供から質問攻めにあいました。
    「これだれ?この子、なんていう子?おじいさんって、どれ?」
    これ、だーれだ?と考えながら絵を眺めるのも楽しいです。

    投稿日:2019/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • つきたておもち、おいしいね

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    14匹の大家族だと、家族でもちつきができるので素敵ですね。私たちも親戚集まって昨年末にもちつきをしました。見てるのとやってみるのとでは大違い。思った以上にうまくいかず大変でした。息子も、きねの重さにびっくりしていました。
    そんなもちつきをしたときのことを思い出しながら親子で読みました。
    やっとのことでおもちができて、つきたておもちを食べる場面では、私も息子もつきたておもちのおいしさを思い出し、また食べたいね〜とおなかがすいてきました。
    家族の仲の良さに心が和む、温かい気持ちになれる絵本でした。

    投稿日:2016/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読みたくなる

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    14匹シリーズのいいところは、
    家族の良さと、自然や季節が感じられるところですね。

    季節に合わせて、読んであげたくなりますし、
    子育てや家事でいらいらしてるなあと思うと、
    14ひきの家族を読み、仲良く頑張ろうと思えるので
    14ひきは何度も読みたくなります。

    私も子どもの頃はよく読んでもらい、
    私が小さいころのお気に入りは「くんちゃん」、
    3さいの息子は同じくらいのろっくンかと思いきや、「ぼくはごうくんだよ」と
    ちょっとお兄ちゃんなところがいいんでしょうね。

    投稿日:2016/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節を感じるシリーズ!

    4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みました。
    この「14ひきシリーズ」は季節を感じる絵本でイラストも見応えあります!
    今回は「もちつき」。
    「もうすぐお正月」という下りでお話が終わるので,お正月前に読むと一層感じが出ると思います。
    我が家の娘は,幼稚園でもちつきの行事を経験したので,とても共感を持って見入っていました!
    親子で季節を感じながら楽しめるシリーズ絵本ですね!

    投稿日:2015/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生活に根付いた絵本

    娘が大好きな14ひきシリーズ。お正月の時期に購入しました。
    まだもちつきを見たことがない娘。最初は何をやっているのかわからなかったようです。
    「うす」に「きね」。子どもにはなじみがないですよね(そういえば私もあまり見たことがないです)。
    このような日本ならではの季節行事をきちんと描いてくださって、ありがたいです。
    14ひきシリーズ、生活に根付いたものが多くて勉強になります。

    投稿日:2014/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちはこうして作られるのです。

    このシリーズはどれも本当に素晴らしいですね。
    私は大好きです。

    今回はお餅が題材でした。
    今でも年末にこのスタイルで友人宅で
    お餅をつきます。
    手間暇かけて作ったお餅は最高に美味しいです。
    のびるのびる。

    家族全員が自分の役目をわかっていて
    助けながら作る様子は素敵です。

    みんなで食べたお餅は美味しいだろうな〜と
    絵本を読んでいると食べたくなります。

    投稿日:2014/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月気分

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    お正月シーズンなので気分を出そうかと思い、子どもに読んでみました。
    もちつきの様子がよくわかります。
    なかなか家ではもちつきというと機械を使ってしまって、こういった風にきねとうすを使ってもちつきをするということは無いのですが。イベントでやったりはしますね。
    子どもには道具の名前が聞きなれなかったかな。
    子どもは楽しそうに聞いてくれました。

    投稿日:2014/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14ひきのさむいふゆを読んで、冬はこれだけだと思っていたら、みつけた14ひきのもちつき。もちつきをしたことがない子どもたちは興味津々で読んでいました。私自身ももちつきなんてもう何年もしていないので、来年は家族みんなでもちつきしよう!と思っています。
    ねずみさんたちのようにあたたかい家族の時間を過ごしたいと思います。

    投稿日:2013/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちたべたーい!

    ちょっと季節外れなのですが、14ひきシリーズの他の本を読んでいると、やっぱりこちらも読みたくなるようです。
    最近は、お正月でも家でもちつきをすることもなくなってしまって、つきたてのおもちを食べれる機会が少なくて残念ですが、やっぱり自分たちでついたおもちは格別。14ひきのつくるあんころもちも、きなこもちも、くるみもちも、本当に美味しそう。子どもたちも読むたびに「あー。おもちたべたーい!」と言います。
    毎度のことですが、家族みんなで囲むテーブルが素敵で、とってもうらやましくなってしまいました。
    子どもたちは、おもちの匂いにつられてやってきた(?)、ざまざまなとりたちを見つけて、「あ、また違う鳥!」と喜んでいました。多くのページで、きれいな色のとりたちが登場していました。

    投稿日:2013/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

80件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット