ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかい ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかい ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかいの試し読みができます!
作: サラ・ハースト 絵: ルーシー・クリップス  出版社: くもん出版
恐竜がいた世界って想像できる? 光を使って、恐竜の世界をのぞいてみよう! 新感覚のワクワク知識えほん!

14ひきのもちつきなかなかよいと思う みんなの声

14ひきのもちつき 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784494007950
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,186
みんなの声 総数 92
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 先月、子供の幼稚園でおもちつきがありました。
    もう、まさに内容そのものの情景がそこにあり、絵本の臨場感がすごく感じられました。

    こどもが通う園では、もち米を園児がザリザリと研ぐところから始まるので、おかあさんねずみとおばあさんねずみが支度をしているところがそのまま、子供の追体験となったようです。

    しかも、私もクラスの役員の中でこのおもちつき担当となったので、当日、青空の下で杵をもって臼の中のおもちをつきました。
    絵本の中のねずみと一緒!
    親子で「こうやって、ぺったんしたよねー!」と行事の思い出も共有できる一冊です。
    私たちとっては、幼稚園の行事体験が充実していたからこその作品となりました。

    そして、他の方のレビューにもありましたが、子供から質問攻めにあいました。
    「これだれ?この子、なんていう子?おじいさんって、どれ?」
    これ、だーれだ?と考えながら絵を眺めるのも楽しいです。

    投稿日:2019/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生活に根付いた絵本

    娘が大好きな14ひきシリーズ。お正月の時期に購入しました。
    まだもちつきを見たことがない娘。最初は何をやっているのかわからなかったようです。
    「うす」に「きね」。子どもにはなじみがないですよね(そういえば私もあまり見たことがないです)。
    このような日本ならではの季節行事をきちんと描いてくださって、ありがたいです。
    14ひきシリーズ、生活に根付いたものが多くて勉強になります。

    投稿日:2014/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月気分

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    お正月シーズンなので気分を出そうかと思い、子どもに読んでみました。
    もちつきの様子がよくわかります。
    なかなか家ではもちつきというと機械を使ってしまって、こういった風にきねとうすを使ってもちつきをするということは無いのですが。イベントでやったりはしますね。
    子どもには道具の名前が聞きなれなかったかな。
    子どもは楽しそうに聞いてくれました。

    投稿日:2014/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいもちつき

    娘が町内会でやったもちつきを楽しんでいたので、もちつきの本を読んでみました。
    『14ひきの〜』シリーズは大家族の日常を描いていますが、みんながとっても仲良しでとっても楽しそう。
    杵や臼を運ぶところから始まり、お米をふやかしたり蒸したりと、もちつきの過程まできちんと書いてあり、もちつきをしっかり説明してあげられます。
    ただ、表紙にみんなの名前がかいてあるけど、登場人物が多くてみんな似てるので中の挿絵では誰が誰なのかわからず、『これは誰?』と聞かれますが、なんとなくごまかしています・・・。

    投稿日:2012/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年の瀬の森

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    子どもの頃から大!大!大好きな14ひきシリーズ。
    緻密に描かれた雄大な自然が素晴らしいな〜と見惚れてしまいます。

    今回は自然の描写はほとんどなく、おもちつきの様子がメイン。
    おもちつきは家の前で行うのですが、背景描写は少しだけ。
    個人的には、ちょっぴり残念。。。
    でも、穏やかで賑やかな14ひきの暮らしぶりが、やっぱり素敵でした^^

    よくよく考えてみれば、私の住む北海道もそうですが、
    雪が降る前・積もる前の森は、
    紅葉はとっくに過ぎ、枯葉も落ち、枝ばかりで少し寂しい感じですよね。
    銀世界になる前の、年の瀬の森では、
    あまり絵にならないか〜と納得もしましたf^_^;)

    投稿日:2011/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しそう!!

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    お正月前に家族総出で餅つきをする姿が描かれています。
    前夜からふやかしておき蒸篭で蒸すといった流れも書かれています。
    買ったお餅しか知らない子供たちには新鮮で面白いと思います。
    今回は背景が薄い色使いなので見やすいです。
    最後につきたてのお餅をみんなで食べるシーンは温かくて和みます。

    投稿日:2011/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちとは

    2歳のクリスマスプレゼントとして購入した本

    もうすぐお正月ということもありこの本を選びました。

    家族みんなで朝からお餅つきの準備をしている様子に娘は興味津々。

    この子は何をしているの?

    おもちついてるの?

    できたかな?

    など、毎回いろんな事を話しながら楽しく読ませていただいています。

    投稿日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年末におすすめ

    家族総出で一から準備してもちつきするのは、とっても憧れますができないので読んでみました。

    おじいちゃんから、末っ子のとっくんまで、自分のできることを役割分担してもちを作り上げるまでが丁寧に描かれていて、すてきです。地域で行われる餅つきの前にもう一度読んでから出かけると、よくわかるかもしれませんね。

    投稿日:2010/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほかほか

    もちつきが始まったとたんに、皆の気持がひとつになったのが見て取れていいなと思いました。
    つきたてのほかほかのおもちに温かい家族、今回もほのぼのしました。

    投稿日:2010/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14匹シリーズのファンになり、「ねずみじゃなくって私も14ひきになりたいよー」なんて言っている娘が、次に選んだのがこの本。
    もちつきを年末に体験しているので、興味を覚えたようですが、もちつき機をつかう自宅とはちがっている!
    おおきなウスというものを転がしてきて、わらの座布団に据えて、「ぺったん とったん」
    この言葉のリズムがいいですねぇ。
    とっくんとおとうさんの「ぺったん ぺたん とったん とたん」
    どこかあぶなっかしいとっくんの幼いながらに一生懸命な様子が、この響きにあらわれていて、まるで、その場でいっしょに見ているような気持ちになります。
    おもちをのしたり、まるめたりするところは、娘も体験しているのでわかりやすそうでした。
    つきたておもちの温かさややわらかさ、ゆげの中のもち米の匂いまで、
    伝わってくる精緻な絵にはいつもながら感服させられます。

    投稿日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット