となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

けやきの木の下で」 ママの声

けやきの木の下で 作:三輪裕子
絵:鈴木 まもる
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,359+税
発行日:1994年
ISBN:9784569588865
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,128
みんなの声 総数 4
「けやきの木の下で」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新しい命を吹き込まれて

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    少し長いお話で、テーマも地味ですが、おはなし会で取り上げました。喧騒の図書室内でしたが、子どもたちがしっかり聞いてくれたのが印象的でした。
    200年の樹齢のけやきの木を見守り続けたおばあさんも、
    年には勝てず、切り倒すことに。
    ところが、おばあさんの想いが通じたのか、
    その枝や幹、葉っぱにいたるまで、引き取り先があったのです。
    新しい命を吹き込まれて生まれ変わったけやきが素敵です。
    年輪に刻まれた歴史の重み、おばあさんの想い、そして、それを受け取った人々。
    静かな感動を体感できると思います。

    投稿日:2009/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 200歳の木

    「わたしは、けやきです。とうとう切られることになりました。
    どなたか、わたしの命をもらって下さい。」
    けやきの木の前で看板を持ったおばあさんが
    一生懸命にお願いしていました。まるでおばあさん自身が
    “わたしの命を助けて下さい”と町中の人に呼びかけているかのように
    感じ、このおばあさんの切実な思いが胸が痛くなるほど
    伝わるのです。

    そのけやきの木は、おばあさんの家の庭にある200才の大木。
    先に亡くなってしまったおじいさんや遠くに嫁いでしまった娘達。
    それぞれとの思い出がたくさんつまっていました。
    しかし、おばあさんも病気で体が弱くなってしまい
    子どものもとへ行くことになってしまいました。
    そのためにこのけやきの木が
    切り倒されることになってしまったのですが・・・

    この200年というなが〜い年月。けやきの木がどのようにして
    過ごしてきたのか?全然想像が付かないのですが、
    おばあさんの呼びかけで集まってきたたくさんの村人の様子から
    いつでも村人を静かに見守り、勇気づけて来たことが
    まるで私も一緒に経験してきたことのように感じ、不思議な
    感覚がしました。
    また、だんだんと小さくなっていく木は
    「精一杯生きてきたよ。ありがとう」と、
    おばあさんに話しかけてるようで、じ〜んとしました。
    そして、新たな命を吹込まれたけやのきの木もどれも
    新鮮で有り、心がこもった物ばかりで和やかな気持ちになります。

    全体的に心に響くお話しに、素敵な思いでいっぱいの挿絵が
    何ともいえない絵本でした。

    投稿日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ペレのあたらしいふく / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット