ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブックの試し読みができます!
作: デビッド・マッキー  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
おうちでじっくり探し絵!
りおらんらんさん 40代・ママ

楽しいですね
娘が小さいときに何度も読んだぞうのエル…

ハリネズミかあさんのふゆじたくなかなかよいと思う みんなの声

ハリネズミかあさんのふゆじたく 作・絵:エヴァ・ビロウ
訳:佐伯 愛子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784577034835
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,126
みんなの声 総数 14
「ハリネズミかあさんのふゆじたく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まあ大変!!

    子供一人育てるのだって

    大変だというのにハリネズミ

    かあさんは子供が10ぴき!

    寒くなる冬の前に子供たちの

    靴を作ってやらなきゃ!なんて

    とっても優しいおかあさん。

    でもでも最後はどんなオチ?

    だってハリネズミが冬眠するなんて

    知ってました?初めて知りました。

    忙しすぎてうっかり・・・っていうのは

    お母さんにとってあるあるですね。

    投稿日:2018/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハリネズミ母さんは10ぴきの子供のせわに大忙し 
    どこの母さんも子育ては 大忙しですね
    それに比べて お父さんは 新聞読んだり・・・(父さんにとってはは大事なことだとか)
    子供たちが 雨に濡れて風邪をひいたので、母さんはまたまた 大忙し まつやにのトローチなめさせるんですね  生活の知恵ですね
    そしてお母さんが子供たちに 靴を作ってやろうと考えます
    なんと 20足いるんですから大変(足4本)
    ヘビの皮で作るんですね  でも 10足分しかとれないなんて・・・・

    キツツキさんに くぎを打ってもらって5足の靴に減りました
    カワウソに 油塗ってもらったらなんと5個の靴にまたまた減りました 
    お母さんは困りましたが・・・・
    なんと ハリネズミは冬眠するんだって だから 冬の靴はいらないんですって

    なんという オチでしょう?

    まあ ゆっくり おやすみなさい   春まで

    ところで ハリネズミが冬眠するって知りませんでした
    調べましたが・・・・ 冬眠するのとしないのがいるとか?
    それにしても 子育ての母さんは 忙しいのは 人間も同じね

    投稿日:2017/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 算数

    ハリネズミかあさんが、10匹の子供達に靴をつくってやろうとします。
    ところが、あちらこちらに頼んでいるうちに、どんどん数が減っていきました。
    その数の減り方は、いつも半分・2分の1になるのです。
    子供は、まだ数の変化には気づいていませんが、小学生ならばわかるでしょう。

    白黒に赤や青の絵が綺麗で、お話も面白いので(特に最後のオチが)、算数が出来なくても楽しめました。

    投稿日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数えることを覚えてからかな

    ハリネズミがお気に入りの息子のために探してきました。

    水色とピンクが交互に出てくる優しい色合いの絵本です。ハリネズミかあさんが、10匹の子供たちのために冬の靴を用意する話です。20足用意しなければならないのに、作るうちにどんどん数が減ってきて、でも冬眠するから要らなかったというおちです。

    数がテーマになっているので、せめて10まで数えられるようになってからでないと楽しめないです。息子にはまだまだ早すぎました。

    投稿日:2010/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • え!?

    どんどん減っていく靴にどうなる事かと思いましたが、
    えーーーそんな結末ですか??
    可愛くておちゃめすぎです、お母さん。
    なんだか気に入ってしまいました。
    ハリネズミって冬眠するんですね。

    投稿日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忙しいおかあさん

    パステルブルーの綺麗な表紙に惹かれて借りてきました。
    ハリネズミかあさんが子どものためにせっせと冬支度です。
    10ぴきもいる子ども達に冬の靴を・・・と考えたお母さんは
    とっても忙しい。
    色んな動物さんに頼みながらがんばるハリネズミかあさん。
    途中でハプニングがありながらも
    あらら〜そうだったのね・・・っていうようなお茶目なオチで
    ほのぼの締めくくられるラストにはとても温かい気持ちになります。
    1pづつピンクとブルー1色に統一されて色づけされているイラストも
    とてもメリハリがあってステキです。
    もしかしたら子どもよりも大人受けする絵本かもしれません。

    投稿日:2009/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 納得の表紙の色

    スェーデン作家の作品に興味があったのでこの絵本を選びました。限られた色で表現している所にとてもセンスを感じました。表紙にはたった2色で表現してあり白抜きの色になっている所もとても素敵でした。お母さんはいつでも子供の事を心から心配している所に感動しました。自分の力だけで何ともならないなら友達の力を借りる所もとても素敵だと思いました。頼まれた友達も見返りも期待せずに快く応じているのも好感が持てました。この絵本の様な持ちつもたれつの関係は私の憧れです。心が温かくなる作品でした。

    投稿日:2008/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハリネズミに冬支度は必要なの

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    作者はスウェーデンの生まれ。
    この作品は1948年の作品なのですが、原画はスウェーデン国立博物館が所有しているとのことなので、まさに記念すべき作品なのなのでしょう。

    物語は、ハリネズミのかあさんが、10匹の子供の冬支度のために靴を揃えようとするところから始まります。
    材料を渡して、色々な動物達に靴の工程を作業してもらうのですが、中々上手にいきません。
    結局、用意できなかったのですが、そもそもハリネズミに冬靴が必要だったの?というオチで終わります。

    三色刷りのシンプルな絵なのですが、どれも表情が豊かで暖かい気持ちにさせてくれます。
    ハリネズミの大家族の姿が微笑ましく、登場する動物もユニークなので、決して古さを感じさせない楽しめる作品だと思います。

    投稿日:2008/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット