ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひなまつりの豆知識も学べます!
ぼんぬさん 40代・ママ

絵本としてのストーリーと日本の文化に楽…
ひなまつりの日にゆずちゃんの家に飾られ…

ねずみくんのしりとり」 みんなの声

ねずみくんのしりとり 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年03月
ISBN:9784591071946
評価スコア 4.27
評価ランキング 15,896
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • やっぱりねみちゃん

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    4歳の息子と読みました。単語のしりとりなら息子もできますが、ねずみくんのしりとりは「○○(動物)さんの○○(持ち物など)」で進んでいくので、ちょっと息子には難易度高めなしりとりでした。
    でも、絵を見て十分楽しめました。たこさんがたくさんある手にバチを持って8つのたいこをたたいていたり、らくださんがコブに帽子をかぶっていたり、私も面白いな〜と思いながら見ていました。
    「ん」がつく言葉で一度はしりとりが終わってしまったけれど、ねみちゃんが助け船を出してくれました。
    ねみちゃんのやさしさと機転のきくしりとりに、やっぱりねずみくんにはねみちゃんがいなくっちゃなと最後は思いました。

    投稿日:2016/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとりのお勉強

    ねずみくんシリーズ大好きなので図書館で借りてきました。

    今回はしりとりが題材です。

    息子とはまだまだしりとりは出来そうにないですが
    これを読んでから
    りすさんのはね!ね・ね・ね
    と一人で言ってて面白いです。

    言葉の遊びが増えそうでいいなと思っています。

    最後にねみちゃん登場で
    やっぱりこの二匹のやり取り好きです。

    投稿日:2014/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名から始まって題名へ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    ねずみくんシリーズ第16作。
    お、ちょっとひねったしりとりですか。
    なんと、題名から始まり、最後は題名へとつながっていますよ。
    なるほど、ねずみくんがいろいろ考える趣向ですね。
    確かに、ねずみくんのセリフ、考えるときにぴったりです。
    それにしても、登場してくる生き物たちの持ち物、となると、面白い光景になりますね。
    私的には、「たこさんのたいこ」、「とどさんのいす」が受けました。
    もちろん、ねみちゃんも登場しますが、「リボン」!?と万事休す!
    でもさすがねみちゃん、いい物持っていますよ。
    「ねずみくんにプレゼント」につながるなんて、素敵でしょう?

    投稿日:2014/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • あねもね・・・

    4〜5歳児に読みました
    ねずみくんのシリーズの中でも「しりとり」とあって幼稚園児たちにはゲーム感覚で楽しめそう・・・・
    ねずみくんシリーズをずっと読んできて、だいたい登場する動物が予想され、その動物が身につけたり、持っていたりするもので「しりとり」うするのです
    次のページの答えがわかるまで「めくらないで!」
    と子どもたちもやる気満々の様子
    「と」のところでは読み手もすっかりだまされた感じ
    ざんねんなところは「あねもね」というお花の名前がいまいち幼稚園児は知らなかったってことでしょうか・・・・

    投稿日:2012/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙ですでに始まっている

    4歳2ヶ月の息子に読んでやりました。幼稚園でもしりとりがはやっていて、すぐにしりとりをやろうとうるさい息子。そんな息子に読んでやりましたが、おもしろいことに字や絵として目の前に登場してもイマイチの反応。しりとりって意外と頭を使う遊びなのかもしれないな、と思いました。それだけ空を見つめながら考えて、次へつなげていくという訓練なのです。目の前にその言葉が絵とともにでてきても実感がわかないみたい。でも、しりとり自体は、表紙から始まって、最後にまた表紙に戻るというエンドレスな状態。○○の△△と普通はあまりやらないタイプの所有格をつかったしりとりですが、このシリーズででてくるキャラクターでよくできているな、とおもいましたよ。しりとりが好きな子にはお勧めですね。

    投稿日:2011/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんのファンなら♪

    お話の絵本ではなく、まったくの「しりとり」絵本です。

    でもでも、ねずみくん絵本のファンの子は楽しめますよ〜。
    「きりんさんのマフラー」「こぞうさんのパンツ」
    どの絵本にも度々登場する、ねずみくんの仲間達が「しりとり」に出てきますから♪

    ねずみくん絵本が大好きな息子と2人で、ページをめくるたび笑顔になりました。
    そしてもちろん、読後は「しりとり」遊びにはまりました(^o^)

    2歳〜4歳頃のお子さんにオススメします。

    投稿日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がわかりやすい

    「動物とその後に物まで付くしりとり」です。

    動物は白黒になっていて、物はカラーになっているので、絵がとても

    わかりやすいです。

    左が、全頁ピンクと右枠のピンクも統一されていてきれいです。

    ねずみくんは、ねみちゃんの優しさに助けられていいムードです。

    きっとなかなか終わらないでず〜〜と続きそう・・・・

    退屈しないで楽しい時間を過ごせそうです。

    ねずみくんシリーズは、やっぱりほのぼのとして癒されます。

    投稿日:2009/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 終わらないしりとり

    題名からすでにしりとりが始まっています。

    最初はそれが分からなかったんですが、読んでいくうちに「あぁぁ〜!!」と気づきました。それからは、さらに楽しめるようになり、リズミカルに読んでみたり、考えるようにゆっくり読んでみたりしています。
    また、しりとりの内容もかわいらしくて好きです。

    投稿日:2008/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1人でも大人数でも楽しめますよ!

    息子が図書館より借りてきた絵本。
    このねずみくんシリーズなら、1人で読めちゃいます。
    (って当たり前ですかね(笑))
    1人で読んで、めっちゃおもしろかったらしく、
    「ママ、これおもしろい〜。」と解説までしてくれちゃいました!

    そこから我が家では、次のページの動物あてっこ大会のはじまり。
    当たっても、はずれても大盛り上がりでした!
    家族や大人数でも楽しめる要素がありますね♪

    ねずみくんシリーズだから面白い!というより、
    しりとりの動物あてが楽しい!というのが我が家での評価。
    ゲーム絵本的要素が好きな子は、おもしろいと思える1冊だと思います♪

    投稿日:2008/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークなしりとり

    しりとりの言葉遊びも子供の好きな遊びの一つですね。
    言葉も結構ひねりがあってなかなか面白いと思ってたら
    子供はページをめくるたびに面白いフレーズで読んでました。
    大笑いできるたのしい絵本です。

    投稿日:2007/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット