話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • 全ページ

イソップ12の物語なかなかよいと思う みんなの声

イソップ12の物語 作:イソップ
絵:リスベート・ツヴェルガー
訳:吉田 新一
出版社:太平社
本体価格:\1,748+税
発行日:1990年
ISBN:9784924330177
評価スコア 4.2
評価ランキング 20,521
みんなの声 総数 4
「イソップ12の物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イソップ物語の入門編

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    イソップ物語は、ヘロドトスの『歴史』に、紀元前6世紀に奴隷のアイソーポス(英語読みがイソップ)が作ったとされています。
    今から2500年以上も前の作品と知ると、驚かざるを得ません。

    構成は、左側に文章と下にその教訓、右側に絵。
    12話あるのですが、
    「町のネズミといなかのネズミ」
    「羊飼いの少年とオオカミ」
    「ウサギとカメ」
    「キツネとカラス」
    の4話以外は知らない作品ばかりでした。
    「ウサギとカメ」は、日本の昔話と捉えている人がいる位、浸透していますが、動物の寓話というのは、万国共通に受け入れられるものなのでしょう。

    絵を描いたリスベート・ツヴェンガーは、世界的名作を、繊細で独特の画風で描き、国際的に評価を得ており、この作品も、思う存分に彼女の描く絵の魅力が溢れているもの。
    物語が短いので、イソップ物語の入門編といった作品として捉え、気にいった作品については、本格的な作品を読んでみるといった読み進めが良いと思います。

    投稿日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 2500年前のお話

    イソップ物語は、子供のころから読んでいます。子供のころは、なんとなくおもしろいお話だな、という感じでした。でも大人になってからは、しみじみ身にしみるお話だなと感じます。

    ツヴェルガーさんの絵は表情がゆたかなので、一枚の挿絵でもいろいろな物語がみえてきます。表紙のきつねの目は、性格をよくあらわしているなと思います。イヌとブタの絵からは、会話が聞こえてきそうです。

    このお話は、2500年も前から伝わっているそうです。、今でも十分に通用しますね。人間ってかわらないものなんだな、と思いました。

    投稿日:2007/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット