LOVE すべては あなたの なかに LOVE すべては あなたの なかに
文: マット・デ・ラ・ペーニャ 絵: ローレン・ロング 訳: 小川 仁央  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
詩のような文章と美しいイラストで「愛」を謳う絵本

ぞうさんとねずみくん」 みんなの声

ぞうさんとねずみくん 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1982年04月
ISBN:9784591004968
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,053
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 思いやり^^

    ねずみくんはぞうさんよりも小さくて、力もないし、ぞうさんのようにできないことが多いけれど、「しょうがないなぁ」といいながら、ぞうさんのウンチを片付けたり、ぞうさんが踏んでいったお花の世話をしたりと、ねずみくんの思いやりと優しさのあふれるお話でした。

    投稿日:2016/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいとこ探そう

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    ねみちゃんに,高いところにある木の実をとってほしいとたのまれたねずみくん.とれなくてねみちゃんをがっかりさせてしまいます.そして大きなぞうさんと自分を比べてはしょんぼりしています.
    でも,ねずみくんにはねずみくんの素敵なところがいっぱいあります.誰にだって短所はあるし,それと同じで長所だって必ずある.短所だと思ってたことが長所になることだってけっこうあります.そのことに気づかせてくれる絵本でした.
    一緒にお花を見つめるねみちゃんとねずみくんがとってもほほえましかったです.

    投稿日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいところを見つける

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    ねずみくんシリーズ第10作。
    『りんごがたべたいねずみくん』と同じような状況ですが、
    展開はまた一味違いますね。
    ねみちゃんから、木の上のリンゴを取ってほしいと頼まれたねずみくんは取れなくて
    「いくじなし」と言われてしまうのですね。
    すっかり落ち込んだねずみくんは、ぞうさんのいい所をうらやましがるばかり。
    でもね、ねずみくんにもいいところはありますよ。
    ぞうさんのウンチを始末し、ふんづけてしまった花を治してあげるなんて、
    えらい!!!
    もちろん、ねみちゃんはちゃんと見ていたのでしょうね。
    ラストの展開が素敵です。
    ねずみくんの「優しさ」に拍手!

    投稿日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいのが一番

    このシリーズ大好きです。
    息子も大喜びの1冊です。

    ぞうさん
    大きくて強くて一歩でたくさん歩けて・・・
    羨ましく思うねずみくん。

    でもうんちを放置したり
    お花をふんずけてしまったり

    それを後からフォローするねずみくん

    そんな優しいところが好きとねみちゃん
    ねみちゃんの鋭い相手を見抜く力に脱帽です。

    投稿日:2013/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いくじなし、という言葉を覚えた

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     いつもほのぼののねずみくんシリーズ。今回は、ねずみくんが、木の上にあるリンゴがとれなくて、いくじなし!と言われるところから始まります。
     娘達は意気地なしってどういう意味??とかなりしつこく聞いてきました。いくじなし、って意外と使わないかもしれませんね、今の世の中では。
     というわけで、この絵本のおかげでしっかりと使い方を覚えました。

     絵本の中では、ねずみくんは意気地なしだけど、他には、こんなにいいところがあるよ、という感じで終わっていて、本当にほのぼのとした気持ちになります。

    投稿日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人には人のよさがある

    ねずみくんとぞうさんは、体の大きさが全然違う。
    大きくて、力が強くて、怖いものもないぞうさんを羨ましく思うねずみくんだけど、
    怖がりで、力がなくて、小さいねずみくんにもぞうさんに真似できない善さがある。
    どうしても、自分にないものを羨ましく思ってしまうけど、
    人それぞれ必ずよい所はあるということを上手く教えてくれたな〜と思います。
    また、結末がとてもかわいらしくて素敵でした。
    私もこんなねずみくんが好きだし、子供にもねずみくんのような優しい気持ちの持ち主になって欲しいと思います。
    結末だけで、とても幸せな気分になれました。
    何回でも読んであげたい絵本です。

    投稿日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれです。

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    ぞうさんがうらやましいねずみくん。
    あれもできるこれもできる・・いいとこしか見えないから
    全部がうらやましく思えるんですよね。
    でも自分は??自分ではわからないいいところも
    素敵なことが多いんですよね。
    この本を読んで改めて褒める大切さを学んだような気がします。
    ネミちゃんに認めてもらえて、自身を持ったねずみくん、
    やっぱり誰かに見ててもらえてるとうれしくなりますね。

    投稿日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねみちゃんは最高のパートナー

    ねずみくんシリーズ大好き娘と私。今回のねずみくんにもなるほどなと感心させられました。誰にだっていいところがある!他人と比べて自分を悲しんでも仕方が無い。それよりも人より優れているところはたくさんあるというのを教えてくれる。こんなに短い文章で教えてくれる。ねみちゃんはねずみくんにとって最高のパートナーだね。

    投稿日:2008/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても素敵な結末です

    あ〜素敵な本だな〜って思いました

    ねずみくんの姿があまりに息子にそっくりだったので
    《息子ねずみくん》と名づけ
    ねずみちゃんは息子のお気に入りの女の子に当てはめて読んでいます

    出来ないことがいっぱいの息子ねずみくん
    なんでも出来る大きなぞうさんをうらやましがっているのはきっと私自身かもしれません

    ハッピーエンドの結末に
    何だかジワっとするものを感じてしまいました

    投稿日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな持ってるそれぞれのよさ

    「ねずみくん」シリーズは、短い文章の中にも、必ず、最後におちがあって、ちょっとふふふと笑える、子供の大好きなシリーズです。
    木の上のりんごを取ってと言われたねずみくん。
    でも、ねずみくんは、木にも登れないし、高いところもこわいのです。
    ねみちゃんには、いくじなしね、と言われてしまう。
    それに比べ、ぞうさんは、高いところも平気だし、力も強いし、こわいものなし。いいなぁと思う。
    でもね、ぞうさんがしていったうんちの始末をしたり、ぞうさんが踏んずけて倒れてしまったお花を大事に育てたり、ねずみくんのそんなやさしいところが、ねみちゃんは好きなんです。
    誰にでも、みんなそれぞれいいところがあるんだよ。
    うん、うん、そうだよね、って素直にはいっていける絵本です。

    投稿日:2007/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット