まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

フィアボ」 パパの声

フィアボ 作・絵:マイケル・グレイニエツ
訳:ほその あやこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784591099780
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,501
みんなの声 総数 8
「フィアボ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色遣いがとても鮮やか

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    作家のマイケル・グレイニエツはポーランド出身。

    主人公の、まっかなさかなのフィアボはお話が大好き。
    お話と言っても、読みきかせが好きという設定で、最初のシーンで小魚達が聞いている様は圧巻です。

    ある日、フィアボはきいろの魚と出会い、くちを合わせて挨拶をします。
    そして二匹は並んで眠るのですが、翌朝、きいろの魚の姿は見えず、黄色い小さな粒が残っているだけなのです。

    その黄色い粒を口に入れて、フィアボは、きいろの魚を探しに出かけます。
    最後には、きいろの魚と出会えるのですが、その時に凄いサプライズが展開します。

    良くTVの番組とかで見たことがありますが、魚が卵を口の中で孵化させるシーンをそのまま描いています。
    両親が、あかときいろですから、孵化した沢山の子供達はあかときいろで、とても鮮やか。
    フィアボときいろの魚が、子供達に囲まれての頁には目を奪われることでしょう。
    お約束のエンディングも納得で、これは、子供が喜ばない訳がありません。

    ストーリー展開の素晴らしさ、その色づかいの綺麗さとも相まって、是非オススメしたい一冊です。
    きっと、お気に入りに加える子供が沢山いる作品になるとこ間違いないと思います。

    投稿日:2009/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / サンタおじさんのいねむり / うずらちゃんのかくれんぼ / それなら いい いえ ありますよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット