みえた!きょうりゅうのせかい みえた!きょうりゅうのせかい
作: サラ・ハースト 絵: ルーシー・クリップス  出版社: くもん出版
世界15か国、300万部突破の大人気絵本シリーズ! 自分で答えを発見しながら読みすすめる、新感覚の知識絵本!

ぐりとぐらのおきゃくさま」 その他の方の声

ぐりとぐらのおきゃくさま 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年06月
ISBN:9784834001013
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,364
みんなの声 総数 222
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ぐりとぐらのクリスマス

    ぐりとぐらのシリーズは、いつも、我が子たちのそばにあった絵本です。

    『ぐりとぐら』は年中、『かいすいよく』は夏、そして、これはクリスマスシーズンに…と季節ごとに、楽しみました。

    この絵本のおかげで、親子で共通の思い出ができて、本当に良かったと思います。

    投稿日:2017/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐりとぐらのおうちにやってきたおきゃくさまはなんと
    みんなが大好きなあのおじいさん!

    お留守に勝手にあがるなんてことも、何だかおじいさんらしくて笑ってしまいました。

    それにしてもクリスマスにケーキを焼きに来てくれるなんてなんて贅沢なんでしょう!
    お料理も上手なんて!
    ケーキを囲んで森のみんなで祝うクリスマスは、ぐりとぐらにとって一番のプレゼントですね!

    ぐりとぐらが一番欲しいものをちゃんとわかってるなんて、さすがです。

    投稿日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくりしたり、よろこんだり

    私はぐりとぐらのシリーズが大好きです。ぐりとぐらのおきゃくさまは、クリスマスのおはなしなので、いつもクリスマスのころになると読みます。
    ぐりとぐらがおおきなあしあとについていくと、いえがありました。はじめはわからなかったけど、そこがぐりとぐらのいえだったので、びっくりしました。
    ぐりとぐらがびっくりしたり、よろこんだりしている顔がかわいかったです。
    みんなで食べているカステラがとてもおいしそうでした。

    投稿日:2013/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の絵本

    二人の息子が小学生の頃、(もう成人してしまいましたが)読み聞かせグループにいました。何回読んだことでしょう。保育園、幼稚園、小学校・・・子どもたちのきらきらした瞳が忘れられません。大きな紙芝居にして読んだこともありました。12月になるとひっぱりだこで、サンタさんはボロボロ、なんども直しては出番を待ちました。ストーリーを知っている子でも最後まで引き寄せられる、そんなステキなお話です。

    投稿日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もがたのしいクリスマス

    子供の頃に家で読んでもらった記憶はないのですが、幼稚園にあったのか、ぐりとぐらは昔から知っていました。
    大人になって、「ぐりとぐらって、やっぱりかわいいな〜」と手に取り、きちんと最初から最後まで読んだのが、この「ぐりとぐらのおきゃくさま」です。

    クリスマスの絵本はたくさんあるけれど、日本でのクリスマスの楽しみ方というか、宗教とは関係なく、家族や仲間でとにかく楽しむ!という独特の習慣が描かれていて、ほのぼのします。
    キリスト教徒じゃないけど、寒い冬に、みんなで集まってケーキを食べて、サンタさんなのか誰なのかよく分からないけど、プレゼントをもらうっていうね〜

    きっと子供たちも、読んであげたら楽しくなるんじゃないかなって思います。

    あと、この本は、ぐりとぐらのおうちの様子が見られるのもポイント高いですね!

    投稿日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に届く絵本

    “ぐりとぐらのおきゃくさま”は、ある冬の日のおはなしです。
    雪についた足あとを辿って行くと、そこは・・・あれれ?何だか見覚えがあるような。
    中には誰がいるのかな?おきゃくさまは、どこにいるの?
    こんなおきゃくさまなら、もちろんいつでも大歓迎!
    でもやっぱり 訪ねて来てくれるとすれば、冬の“その日”・・・なのかしら。


    永遠の名作、“ぐりとぐら”シリーズ。

    この絵本のページからにじみ出てくる、沢山の気持ち。
    おいしい、楽しい、面白い、嬉しい。ドキドキ、ハラハラ、モグモグ、ワクワク。
    でも、きっと一番あふれているのは、“誰かを想う優しい気持ち”だと思います。

    誰かを想う気持ちって 勉強するものではなく、日々の生活の中で、いつの間にか育ってゆくものですよね。

    その気持ちは、お父さんや、お母さんや、お友達や、先生や、
    それから“ぐりとぐら”のような絵本から吸収して、自分の中でどんどん膨らんでゆくのかもしれないと思いました。

    心に届く絵本は、いつまでも残してほしいと思います。


    それにしても、ぐりとぐらは本当に毎日が楽しそう!
    寒い冬の日でも元気いっぱいのふたりを見習って、今年は久しぶりに雪合戦をしたいです。

    投稿日:2013/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲が無いって、いいな

    ぐりとぐらのコート姿が可愛い絵本です。
    ぐりとぐらが足跡を追いかけてすぐ、自分たちの家だと気付かなかったことにはビックリ。
    ぐりとぐらは、とても可愛いお家に住んでるんですね。

    サンタクロースのおじさんが焼いたケーキはとても美味しそう。
    そのケーキを、2人で食べないで仲間たちを呼んだものステキです。
    欲張らないところがいいですよね。人間も見習わないと。
    ソファに座っているウサギちゃんが、一番好きです。

    投稿日:2013/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスにはぜひ

    とても可愛くておしゃれなクリスマスの絵本です。
    ぐりとぐらが大きな足跡をたどって家に帰ってみると、なにやら来客の形跡が。その形跡をたどっていって、サンタさんに会えるのですが、絵がとてもおしゃれであたたかく、本当に素敵な絵本です。
    クリスマス時期には毎年読みたい絵本です。

    投稿日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちにも来て〜!

    小さなぐりとぐらに比べてなんて大きい足跡・・・
    かいじゅうか??山男か??なんて思いながらページをめくると
    もしかして・・・もしかして・・・ワクワク、ドキドキ

    こんな素敵なお客様。うちにも是非来て欲しいです!!!!!

    投稿日:2009/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっど大好きな絵本

    小さい二人からは人間が巨人に見えてるなど、いったい誰の?っと最後まで気になってしまうお話しです。小さいお子さんなど、たまに読んでいる最中に飽きてしまう人も最後の最後まで楽しめるお話しだと思います!!

    投稿日:2008/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット