なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…

ぐりとぐらのおきゃくさま」 絵本紹介サイトの声

ぐりとぐらのおきゃくさま 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年06月
ISBN:9784834001013
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,364
みんなの声 総数 222
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスのお話なんですね。クリスマスの日に、ぐりとぐらの家に訪れたお客様とは・・・。文章中にはありませんが、そのいでたちはどう見てもサンタクロース。サンタクロースは忙しいのに、ぐりとぐらのために、チョコレートケーキを作りに来てくれたのでした。
    娘は、ぐりとぐらがカステラのにおいをかぎつけるページが大のお気に入り。くんくんとぐりとぐらのように、鼻をならして笑っています。その美味しそうなチョコレートケーキを囲んで、クリスマスパーティを開くのです。
    ぐりとぐらの家に集まったお客様は、またいつもの面々。楽しいパーティになってよかったね。しかしにおいでぐりとぐらの家に集まってきたなんて、みんな、鼻がいいなぁ。

    投稿日:2004/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなが大好き、おなじみ「ぐりとぐら」シリーズのクリスマス・バージョンです。でも、クリスマスの雰囲気が前面に出ているわけでもありません。雪の中で見つけた大きな足跡、家の中に脱いである帽子やコート、そしてケーキを焼いている見知らぬお客様、これらをつなぎ合わせると、サンタクロースに行き着く、という憎い作り。小さい子向けの「クリスマス絵本」の代表選手でしょうか?もうみんな暗記するほど読んだかな?

    投稿日:2002/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット