はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

ぼうさまになったからす」 ママの声

ぼうさまになったからす 作:松谷 みよ子
絵:司 修
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1978年
ISBN:9784034380208
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,997
みんなの声 総数 8
「ぼうさまになったからす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • からすよ 二度と 海を こえるな

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    戦争に関する絵本を探していて読みました。

    直接、爆弾が落ちたり、死んだ人の姿がない伝え方ですが、深い悲しみと、戦争反対のメッセージが強く伝わります。


    息子が死んでも、亭主が死んでも涙を出せないというところが、心に残りました。

    からすがいなくなったというのは、村の男手がなくなって、りんごの木やたんぼの手入れも行き届かなくなり、食べ物を求めて他へ行ったということかもしれません。

    でも、からすがお経をあげに行ってくれたと思うことが、どんなに慰めになったでしょう。

    なんとなく嫌われるからすですが、別のイメージが持てました。



    今まで、実際の戦争を題材にした話を読むのは憚られ(朝の読み聞かせなので)、自分でもほとんど手に取りませんでした。

    学校からの依頼でお話会を開いたことで、子どもたちに読まなくてももっと知らなくては、と思いました。

    大勢の前で読むには、刺激が強い表現の本よりも、この本のような伝え方の方が向いているのかと思いました。

    投稿日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 豪華な金色

    豪華な金屏風のような素晴らしい挿絵でした。松谷さんの言葉を厳選した文章も素晴らしかったです。戦争について戦場に行った人だけでなく遺族の人もずっと悲しみを引きずっているのだという事をとても感じました。カラスが一匹もいなくなった理由を戦争の御弔いに行っているという解釈が独特で印象的でした。何十羽というカラスが空に舞っている姿は確かに坊様のように見えました。坊様の袈裟の黒色とカラスの黒色が似ているし形もそっくりという事をこの絵本の挿絵を見てハッとしました。目のつけどころが鋭いなと思いました。最初と最後の挿絵が全く同じで文章だけが異なっているところもこの絵本に対する作者の強い思いを感じました。

    投稿日:2007/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 戦争の辛さ

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    戦争中、男の人はみんな戦地へかりだされた。

    残った女こどもは、夫やお父さんの無事を祈り、お国のためと寂しさや仕事に頑張って耐えて、帰りを待った。

    海の向こうで起こっている戦争の様子、夫は無事か?息子は生きているか?

    そうしたら、村にたくさんいたからすが、海を渡って夫や息子にお経をあげているという。あんなにたくさんいたからすは村にいなくなった。

    その光景は本当にそうしているように見えたのだろう。
    からすがぼうさんになるわけはないが、黒い羽根がまるでぼうさんの袈裟のようで・・・。

    戦争は悲しみしか連れてこない。武器を捨てよう。

    投稿日:2016/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実感の重み

    息子の夏休みの宿題「戦争について深く考えよう」のために借りて来ました。

    カバーの松谷さんの言葉を読んではっと胸をつかれた思いがしました。

    やはり松谷さんの娘さんも戦争についての宿題が出され松谷さんの話を聞きとった後で「みんなおんなじ話をする。食べるものがなかったこと、爆弾が落ちてきてこわかったこと、それはわかったんだけど…なんだかちがう」

    その言葉を受けてでき上がったのがこの作品ということだそうです。

    親になった私は実際には戦争は知らない世代。松谷さんがこ作品を作られる前に感じられたのは「実感の重み」ということ。

    実感の重みすら持たない私は子どもたちに何を伝えていけばいいのか、はなはだ心もとないのですが、今はできるだけ多くのことを知ることで、息子と戦争を考えていけばいいのかと。

    戦争で亡くなった人たちを烏が弔いにいく。遺体さえ見つからなかった場合もあるでしょうから、遺族の思いはいかばかりかと。いつまでも消化されない思いや悲しみが人々の間でこんな話が生まれていったとしたら。

    戦争の絵本を読んでいると戦場は地獄さながら、戦争が終わっても残された人々の心に残る心の傷はまた地獄。

    短いお話の中で考えさせられることがたくさんありました。そしてそれを彩る絵の哀切さが物悲しく心に響いてきました。

    投稿日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラスが海を超えて

    静かに静かに、悲しみが迫ってくるようでした。
    カラスの黒い姿が、お坊さんになるとは・・・
    普段のイメージからすると、かけ離れているようにも感じましたが、そう思うことで気持ちを慰めたかったのかもしれないと考えると、どうにもやり切れない想いになります。

    子供は素直に「だから、カラスは真っ黒なんだね」と一言、言っていました。

    投稿日:2013/05/29

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット