まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

はつゆめちょうじゃ」 パパの声

はつゆめちょうじゃ 作:こわせ たまみ
絵:村上 豊
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784577033746
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,708
みんなの声 総数 10
「はつゆめちょうじゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この展開は、読めなかった

    タイトルから明らかに正月のお話なのですが、それだけで手にした私は、読んでみて内容も展開も想定外。
    それだからこそ面白かったともいえるのですが…。

    村のお金持ちが村人たちの初夢を買おうとします。
    人の初夢で金持ちになろうと言うのです。
    そのお金持ちが初夢長者かと思ったら全くはなしが違います。
    初夢は人に話さなければかなうという、カバーの説明ですから、話してはいけないのでしょう。
    初夢を見なかったという村人の中で、一人初夢を見たこぞうさんがいました。
    そのこぞうさんの夢が冒険とロマンで楽しいのです。
    願望のような夢。
    鬼を相手に、宝を手に入れたり、二人の長者様の子どもになったり。
    こんな夢を自分も見てみたいものです。
    でも、ラストシーンを見ると、このこぞうさん、目を覚ましたらみんな忘れちゃっているのじゃないかな。

    投稿日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット