話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ねずみのよめいり」 ママの声

ねずみのよめいり 作:小澤 俊夫
絵:金井田英津子
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784774312460
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,144
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 和歌山県バージョン

    昔話はやはり良いクオリティの再話で、とセレクトしました。
    昔ばなし再話での第一人者ですから、安心です。
    和歌山県バージョンだそうです。
    ねずみの夫婦に娘が生まれ、年頃になったから、と
    世界で一番偉い婿を探すのですね。
    私の知っているものと同じストーリーですが、
    味わい深い絵がうれしいです。
    その後談も、さりげなく暗示されていてほっこりです。
    幼稚園児くらいから、大人まで、味わってほしい作品だと思います。

    投稿日:2020/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ああ、昔話

    知っているお話ですが、期待を裏切らない本文と絵でした。
    表紙の唐草模様といい、絵のタッチといい、「これ!これ!」という感じです。

    娘に世界一の嫁入りをさせたいと願う親心。
    結局は、じぶんに適した相手を選ぶことが一番の幸せ。

    めぐりめぐって元に戻るという話ですが、真理だなって思います。
    昔話は、教訓がいっぱい。
    後世まで語り継いでいきたいです。

    投稿日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な挿絵にうっとり

    昔話が読みたいという小学校1年生の長女のために、何かいい本はないかと探していたときに見つけた1冊。「ねずみのよめいり」はお話は知っているし、他にもたくさん絵本もありますが、この本の表紙と挿絵に魅了され、「これだ!」と選びました。落ち着いた色使いに、細かな描写。時々出てくる版画の絵など、どのページもうっとりしてしまうほどすばらしいです。
    ただ娘にはちょっと大人っぽすぎたのか、他の賑やかな絵の方が好みのようでした。ちょっと残念。でもきっといつか、この美しい絵の魅力を感じてくれる日がくると思います。

    投稿日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいむすめのために

    日本昔話ではお馴染みの一冊だと思います。

    ねずみのお話。
    大事な娘を嫁にやるなら、ねずみよりえらいものにやりたいと、
    父ねずみはえらいものを探しに出かけます。

    お日さまのところへ出かけたけど、
    お日さまより雲・・・
    雲より風・・・
    風より壁・・・

    さいごにたどり着いたのは・・・

    子供も「えーーー」っと笑い出していました。
    是非読み聞かせしてあげて欲しい一冊です。

    投稿日:2011/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なイラストでした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    今、小澤俊夫さんの書かれる昔話にハマっていて、たまたま図書館で見かけて手にしました。
    もちろん、小澤さんの文章はとても読みやすくて、昔話がすっと、入ってくる感じがあって大好きなのですが、この絵本のイラストを描かれた金井田英津子(かないだえつこ)さんの絵も素晴らしかった!

    ネズミがすごく生き生きしていました。
    「太陽」「雲」「風」など、素人が考えると、この「ねずみのよめいり」は情景がひどく描きにくいでしょうに、あまり擬人化ぜず、かといって、ただの雲や風ではなく、なんだかとてもよかったです。

    投稿日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 唐草模様

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    私が本屋で見つけ、一目ぼれした作品です。
    最初は唐草模様の装丁にひきつけられ、
    なかを見たとたん、無性に欲しくなってしまいました。
    絵がとってもすばらしい。
    カラフルじゃあないけど、丁寧で、シャープで、
    シンプルなんだけど、味わいがあり、昔話にとってもあっているんです。
    もちろん、再話は小澤俊夫さんで、昔話研究第一人者なので、
    もんくのつけようがありません。
    とにかくキモチがいい作品です。

    投稿日:2008/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット