すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

月へミルクをとりにいったねこ」 パパの声

月へミルクをとりにいったねこ 作:アルフレッド・スメードベルイ
絵:垂石 眞子
訳:菱木 晃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年2月29日
ISBN:9784834012927
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,120
みんなの声 総数 23
「月へミルクをとりにいったねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スウェーデンの作品と日本画家のコラボ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    この作品は、スウェーデンの文学者アルフレッド・スメードベルイが、1908年に発表した作品に、垂石眞子さんが絵を描き1996年に発刊したもの。
    表紙の絵に魅せられて読んだのですが、この絶妙なコラボレーションこそ、この作品の大きな魅力と言えそうです。

    物語は、かあさんねこと4匹のこねこが、仲睦まじいく暮らしているシーンから始まります。
    ところが、住んでいる農家の雌牛の乳が出なくなってしまったから、さぁ大変です。
    困り果てたかあさんねこ。
    犬がミルクのある場所を教えてくれるのですが、何と月。
    月でおじいさんとおばあさんが運んでいる桶の中身が、ミルクだと言うのです。
    日本で月に住むのは、餅をつくうさぎと相場が決まっているのですが、やはり所変わればというところなのでしょう。
    かあさんねこは、どこまでも月を追い駆けるのです。
    道すがら、ぶた、おんどり、こうしも一緒に行こうとするのですが、みんな途中で諦めてしまいます。
    やはり、母強し。
    その子を想う気持ちに、揺るぎは微塵も感じられません。
    何度も高い木に登ったり、走って追い駆けたりを続けるのです。

    結局、かあさんねこの勘違いではありますが、ミルクにありつけることができ、とてもほのぼのとした気持ちで読み終えることが出来ました。
    良く出来たストーリー展開で、長く読み続けられることに納得出来る作品だと思います。
    一寸文章が多めなので、読み聞かせよりは小学校低学年生が自ら読むのに適している作品かも知れません。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の思いは月まで届く

    子育て中のお母さんネコがミルクに困って月にミルクを取りに出かけます。
    いくら言っても月には届かない。
    途中で豚やおんどりや子牛が仲間入りしますが、月は果てしなく遠い。
    豚が去り、おんどりが去り、子牛もあきらめても、お母さんネコはあきらめません。
    やがて月が沈んだ先に見つけた牧場。
    なんてチャーミングなお話でしょうか。
    木に登って月を取ろうとするお母さんの思いは、なんともすごさを感じさせます。
    月の模様がミルク桶をもつ人間たち、その人間たちが優しくこちらを見つめているなんてなんて素敵なんでしょう。
    低学年向きかもしれませんが、家族してなごみました。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット