あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

だるまさんが」 パパの声

だるまさんが 作:かがくい ひろし
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784893094315
評価スコア 4.82
評価ランキング 165
みんなの声 総数 449
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 期待感が魅力!

    次は何が出てくるの?
    次は、次は!

    そんな期待感があふれる絵本。
    そしてその期待に応えるユーモラスな展開。

    「だ・る・ま・さ・ん・が」と読み聞かせている時、
    子供のニヤニヤした顔、キラキラした目が見れる絵本。

    この絵本の発想力は見事の一言。
    ありがとう!

    投稿日:2011/08/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • めっちゃ面白い

    だるまさん一つでここまで面白い絵本が出来るんやね。ちょっと感動。イキイキと動きがあるし、表情がええし…僕も笑ったし、チビスケもゲラゲラ笑ってました。読み終わってからダルマさんのマネしたったら(縦ににゅーって伸びるのは難しかったですが)大喜び!
    最近は本を読んでくれとせがむは、まねしてくれとせがむは大変。身が持ちまへん…

    投稿日:2009/07/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 魔法の絵本

    我が家では魔法の絵本と称されています。
    どんなにグズっていても、「だぁ・るぅ・まぁ・さぁ・んん・がぁ」
    と言えば、娘はキャッキャッと喜び、あんだけ号泣してた娘が
    もうご機嫌。

    この絵本のおかげでどれだけ救われたか・・。
    仕事で疲れて帰ってちょっと癒されたい時に、読んであげれば
    娘も喜び、娘の笑い声で自分も癒されるという優れもの。

    赤ちゃんなりに、ちゃんと絵本をよんでいるんだなぁと
    実感させられた1冊。
    超おすすめです。

    投稿日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 「・・・!」

     「泣く子も笑う絵本」として人気の高いかがくいひろしさんの「だるまさんが」シリーズで、2008年の発売からわずか6年で100万部を突破したといいます、
     一体この絵本にどんな魅力があるのでしょうか。
     そこで、60歳近い私がその解明に乗り出したのです。

     二ページで開きで、ゆらりゆらり揺れるだるまさんが描かれています。
     「だ・る・ま・さ・ん・が」、ひらがなで6文字。
     右に左に揺れるだるまさんが6体。
     次のページを開くと。・・・!
     その次のページも、ひらがな6文字と揺れるだるまさん6体。
     次のページを開くと。・・・!!

     この「・・・!」を書きたいところなのですが、書くとつまらなくなるので書きません。
     では、この「・・・!」がこの絵本の魅力なのかというと、それもありますが、それだけではないと思います。
     それは揺れる6体のだるまさんと次のページの「・・・!」の間に潜んでいるのだと睨みました。
     ページをひっくりかえしても何も出てきません。
     ページをめくるその行為そのものが、面白い空間であり、時間なのではないでしょうか。

     思いがけないものに出会った時の面白さ。
     それを楽しめるのは子どもだけの特権かもしれません。
     おとなは先に何が起こるか、経験で知っています。
     だから、揺れる6体のだるまさんに何が起こるのか、だいたいは想像がつく。
     経験は知恵でしょうが、面白さを半減しているともいえます。
     赤ちゃんと遊んでいると面白いのは、彼らが何をするかわからないからです。
     突然泣き出したり、かと思えば笑い出す。
     あっちに行ったり、こっちにハイハイしたり。

     かがくいひろしさんの「だるまさんが」の魅力は、予測できない(ここでは赤ちゃんにとってですが)面白さといっていいでしょう。
     子どもが素晴らしいのは、予測できないものをもっているからです。
     この絵本そのものがかわいい赤ちゃんなのです。

    投稿日:2014/04/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • だるまさんのアトラクション♪

    暇さえあれば絵本を持ってくる息子が一時期、片時も離さずに手元に置いていた絵本です(笑)

    ページをめくるたびに「だ・る・ま・さ・ん・が・〜」から続くオチ。
    あぐらの上に息子を乗せて、「どてっ」の時には一緒に転び、「ぷしゅー」で前に倒れ、「びろーん」と後ろに倒れれば、あっという間にパパが遊園地のアトラクションに早変わり(^^)

    少しずつ変わるだるまさんの表情もユニークで、読んでいる方も楽しく遊べます♪

    そんな息子ももうすぐ3歳。さすがに以前のような食付きは無くなりましたが、
    今でも絵本棚の大切な仲間になっています。

    投稿日:2015/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 評判に偽りなし!!

    娘が笑いはじめた頃に初めて読んでから1歳7ヶ月になる今まで、この本に何度もお世話になってます。グズっているときも、この本を読めば本当にすぐに笑う!評判通り!大人が見てもリズムが良く、絵も面白くて楽しい!!どてっやぷしゅーなど、絵本に合わせて娘がマネするのも最高にかわいい!!この本に出会えて良かったと心から思える、娘も親も大満足の1冊です。

    投稿日:2014/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子によんだら‥

    • はちはちさん
    • 30代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    最近電車の本ばかりを読みたがって、他の本を読まなくなってしまい困っってました。そんな時にこの本をもらったので一緒に読んだら。。。一緒になって動作を真似したり、声に出して笑ったり。息子も私も楽しんでます。

    投稿日:2014/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃をうけた

    • こたつ猫さん
    • 30代
    • パパ
    • 群馬県
    • 男の子5歳、男の子1歳

    やさしいタッチの絵に私が引かれて読んでみました。
    だるまさんが「おなら」「こける」「つぶれる」。
    だるまさんはかたい紙製品のイメージがある私には衝撃的でした。
    息子もだるまさんと同じように「おなら」「こける」「つぶれる」マネを促すとノリノリです。
    5歳のお兄ちゃんも一緒に読んだり、弟に読み聞かせています。
    この作品に出会えて作者のかがくい ひろしさんにも興味が沸きました。
    出会えて良かった。と思える絵本です。

    投稿日:2014/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 0歳の息子も大好きです!

    妻にすすめられて息子に読んでいます!膝の上にだっこして、「だーるーまーさーんーが」と横に揺れながら読むとけらけらと笑い出す息子。「ニコっ」が一番お気に入り。「の」「と」も、ほかのシリーズもかがくいさんの絵本はユーモアたっぷりで私も楽しんでいます。

    投稿日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘’s best☆

    • だっこさん
    • 30代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 女の子0歳

    他の絵本ではほとんど笑わない、11か月の娘が唯一必ず笑う絵本!
    一人でも夢中で本をめくっています。
    一緒に体を動かせるのでパパも楽しいです!
    これからもっとたくさんのだるまさんが見たいです。
    楽しみにしています☆

    投稿日:2014/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット