新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ぬぬぬぬぬ」 パパの声

ぬぬぬぬぬ 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1994年6月
ISBN:9784032047707
評価スコア 4.74
評価ランキング 1,098
みんなの声 総数 37
「ぬぬぬぬぬ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぬぬぬぬぬ

    「ぬ」と「ぬぬぬ」と色んな「ぬ」が出てきて、ちゃんとお話が成り立っているすごい絵本です。
    家族のみんなが、色んな「ぬぬぬ」をしていて、おばけが「ぬ」っと現れるとびっくりするのですが、いつの間にか、おばけも「ぬぬぬ」となってたじたじになってしまうところがすごいと思います。
    言葉なんかなくても、それぞれの「ぬ」や「ぬぬぬ」が何を表しているか解る、素晴らしい連想絵本です。

    投稿日:2015/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さん

    五味さんの音だけで楽しむ絵本は大好きです。五味さんの本って親子が一緒になって交流しながら楽しく読めるような工夫がされてあると思います。この「ぬ」もセリフが「ぬ」だけに親の私は面白くしようと一生懸命になって読みました。娘は五味さんのおばけが怖くないのか、私の言い方があまり怖くないのか、ケタケタと笑ってました。楽しい本を沢山書いてくださっている五味さんには感謝です。我が家は五味さんの本のお陰で沢山の交流と素敵な時間が持てています。

    投稿日:2010/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • むずかしいぞ

    • ぱぱさん
    • 30代
    • パパ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    相変わらずこの人の絵本はいいですね。僕でも気楽に読めるから。でもこれイントネーションで勝負だから子供に呼んで聞かせるには技術がいるんです。自分で読んでいるときは、こんな感じの ぬ と思うのですが読むと大違い。もっか自分で読んでニヤニヤして笑ってます。

    投稿日:2002/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット