新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ

紙芝居 ゆきおんな自信を持っておすすめしたい みんなの声

紙芝居 ゆきおんな 作:桜井信夫
絵:箕田源二郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\2,420
発行日:1982年10月
ISBN:9784494077502
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,164
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 淡々としていながら、深みを感じる紙芝居です。
    一枚一枚の絵が重厚で、語りに存在感を与えてくれるような気がします。
    ゆきおんなの性が物悲しくもあり、その非情さ身勝手さに情念を感じます。
    高学年から大人に演じたい紙芝居です。

    投稿日:2019/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 筋にぶれがなく、テンポがあって読みやすい

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    子どもたちに読み聞かせで「雪女」を紹介したくて、いろいろ探して読んでみました。
    これは紙芝居のバージョンで、脚本は桜井信夫さん。
    監修には松谷みよ子さんが関わっています。

    主人公「みのきち」「おとう」の目でみる年齢の設定も違和感がありませんし、場面展開も16場面とテンポよくまとめてあると感じました。
    元々は日本の民話なので、地域によって若干物語に違いもありますが、この紙芝居は筋にぶれがなく読みやすいです。
    寒い冬の時期に、日本らしいむかしのお話を子どもたちに届けるのに、この「雪女」の物語はお薦めの1つだと思います。

    多少色恋の部分も出てきますので、お薦めの対象は高学年以上でいかがでしょうか?

    投稿日:2015/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット