話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

歯いしゃのチュー先生」 みんなの声

歯いしゃのチュー先生 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:内海 まお
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1991年
ISBN:9784566002906
評価スコア 4.81
評価ランキング 288
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

51件見つかりました

  • チュー先生の作戦勝ち

    はしごやクレーンまで使って治療を頑張る、チュー先生。

    こんなに面白い治療方法って他にはないでしょう。

    そこへやってきたのは、ずるがしこいキツネの患者さん。

    やさしいチュー先生夫婦は、治療してあげますが、見ているこちらがハラハラドキドキ。

    最後は、チュー先生夫婦の作戦勝ちで、爽快な気分で終われました。

    投稿日:2011/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみ先生の危機をのぞく次女

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    長女の大好きなお医者さんのお話ですがはまったのは次女でした。

    ねずみ夫婦で営む歯医者さんは危険な動物はお断りです。
    ねずみから見ればきつねはお断り動物なのです。
    それでも痛くて辛そうなきつねさんを治療してあげる
    ねずみ先生のプロ意識には感心です。

    それなのに患者のきつねさんときたら治療中なのに
    ねずみ先生を食べてしまおうと企みだします。
    そんなきつねの企みを知った次女は
    ねずみ先生の危機を恐れて私の背中に隠れて絵本を
    覗き見して聞いていました。

    最初は怖がっていたのに
    なぜか、毎晩読んでと持ってくるんですよ。
    このハラハラが癖になるお話のようです。

    投稿日:2011/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が気になる!

    ねずみの歯医者さんのお話。冒頭はちょっと長いです。でも本筋に入ると面白くてひきつけられます。患者のずるがしこいキツネ(不敵にも先生を食べようとします!)に立ち向かい勝つねずみのチュー先生が素敵。こういう恩知らず、いるいる!とうっかり共感してしまう本ですが、、、最後は頭脳の勝利です。絵もちょっと下手ウマなかんじで、なぜか惹かれちゃいます。歯科検診や歯医者に子供を連れて行く前におすすめ。

    投稿日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • チュー先生、最高!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    ねずみの歯医者さんの治療のようすが、おもしろおかしく描かれています。小さなねずみさんが大小関係なくさまざまな動物の歯を治療しているので、その工夫を絵のなかで細かく観察するのが、また楽しいです。

    ねずみさんを食べてしまいそうな動物はお断り!っていうのが、笑えます。そこに登場する虫歯もちのきつねさん。彼とチュー先生とのやりとりがどきどきわくわくさせられるんです。

    虫歯になったことがある人なら、虫歯をなんとかしてほしい!と切望するきつねさんの気持ちがよくわかるでしょうし、虫歯が治ってすっきりした気持ちも共感できるでしょう!

    チュー先生の歯医者さんとしての真摯さやプライドを感じるとともに、ちょっぴりやりすぎかな?と思えるジョークもぴりりと効いて、なんとも痛快な気持ちになりました。

    投稿日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • チュー先生の勝ち!

    • ラブケイさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    歯医者のチュー先生は腕利きで人気の歯医者さん。
    体が小さいので、大きな動物の患者さんのお口に
    入ってきめ細やかな治療ができるからです。
    そんなある日キツネの患者がやってきて・・・
    自分の命が危険にもかかわらず、一度始めたら治療は
    やりきるのだ、というチュー先生はとても立派です。
    子供はとても楽しんで読んでいました。
    治療もしっかりしてやり、自分の安全もしっかり確保し、
    頭のいいチュー先生にすっかり感心していました。

    投稿日:2010/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • キツネの本能というか性というか...

     スタイグさんの作品の中では、『ロバのシルベスターとまほうのこいし』と並び好きな作品です。
     初めて息子に読んだ時は、体の小さいチュー先生の診療振りに興奮していました。
     二度目に読んだ5歳の頃は、賢いチュー先生夫婦に、「すご〜い!これで大丈夫だね」と、本来のストーリーの意味を理解でき楽しめたようです。
     ははは、キツネの本能というか性というか、恩知らずなたくらみにあきれつつ、ラストで毎回スッキリしていました。
     今回読み直し、お話会に読んでみようかなと思いました。

    投稿日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみVSきつね どうのりきるか?

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    歯医者は痛い苦しいものだと思っていたものが、チュー先生のは歯医者で治療されて楽しそうだなと不思議に思っていまいます。小さな動物、草食動物はいいのですが、ねずみにとって危険な動物はみません。食べられちゃったら嫌ですからね。そんなとききつねがきて、姪っ子に最後はチュー先生も奥さんも食べられちゃうのだよ。それが食物連鎖というものだと言ったら怒ってそんなことないもんと早く次のページが読みたいといってきます。そしてラストの落ちでよかったと姪っ子は笑っていました。全体に暖かい感じで心がなごみます。

    投稿日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 診てもらいたいなぁ

    ねずみの歯科医が主人公。
    腕利きでいろんな動物が治療にやってくるけど、ねずみを食べちゃいそうな動物は「お断り」という設定が、なんともユニーク。
    そんなチュー先生のところに、きつねの患者がやってきちゃうのです。
    きつねはもちろん、ねずみを食べちゃう動物です。
    どうなることやら・・・。

    チュー先生はからだの小ささを生かして、大きな動物の口の中に入って治療したりするんですよね。
    動物ごとの診療スタイルが面白いです。
    子どもって(いや大人でも)、ホンモノの歯医者さんはちょっと苦手だという人が多いですよね。
    こんな先生に診てもらえたら楽しくていいかも。

    お話は最後にオチまでついて、楽しかったですよ。
    続編があるようなので、そちらも楽しみです。

    投稿日:2009/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • チュー先生がすてき

    • しいたけさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子10歳、男の子5歳

    個人的には、ウィリアム・スタイグと
    出会った最初の本なので思い入れが強いです。
    ほのぼのとした暖かいストーリーと絵が
    とても素敵だなあと魅せられました。

    チュー先生にとってはきつねに食べられるか、
    どうかという緊張感あふれるお話。
    なのにそのきつねは「ムニャムニャ・・」と
    治療中に寝言を言っていたり、
    素敵な奥さんがいつも先生のそばに居て、
    最後ハッピーエンドの時はキスを
    したりして、なんだかとてもかわいらしいです。

    ストーリーも絵の色合いも
    柔らかくて、かわいらしくて
    作者の作品はどれも魅力的だなあと思います。

    投稿日:2009/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ・・・

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    歯医者のチュー先生、とてもかっこいいです。
    腕利きだし、大きな動物の虫歯の治療もしていて、みんなに頼られています。

    でも、食べられると悪いので看板に「きけんな動物のちりょうは おことわり」と書いてあります。
    でも、ある日きつねがやってきて・・・。
    この後の、きつねとチュー先生のやり取りが、ドキドキ・ワクワクです。
    さすが、スタイグ!と思いました。
    5歳の娘も楽しんで聞いていました。

    投稿日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

51件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / ウエズレーの国 / おいしいぼうし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • た

     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    たがやす、たねまく、たちまちめがでた!「た」で始まる言葉だけで描く田んぼのこと、命のこと。


みんなで参加しよう!えほん祭

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット