宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぶぅさんのブー」 せんせいの声

ぶぅさんのブー 作・絵:100%ORANGE
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784834021387
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,673
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大声でぶー

    • くるしまたろうさん
    • 30代
    • せんせい
    • 千葉県
    • 男の子8歳、男の子5歳、男の子3歳、男の子1歳

    四男は,ちょうど2歳になった頃,この本をしきりに
    「よんで,よんで」と覚えたての言葉を使って頼みにきました。

    とにかく「ぶー」で大笑い。
    なんでも「ぶー」で大笑い。

    最後の「ぶぶぶー」は一緒に大合唱!

    三男は,最後のページでぶーちゃん?が一緒に手をつないでいるのは誰だろうと考えていました。

    答えはちゃんと前のページに書いてあります。

    とにかく笑顔になれる絵本です!

    投稿日:2009/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストがあたたかい♪

    同じ言葉の繰り返しがとっても楽しい1冊です。

    私自身は個人的に絵の具のような優しいイラストが
    とっても大好きで気に入りました♪

    ブタさんってなんであたたかい絵本の内容に
    ぴったりなんでしょうね??

    ハードブックなのに、お値段もお手ごろで
    宝物になりそうな絵本です♪

    ぶぅさんシリーズ、もっともっと読みたいです!!

    投稿日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子っていいなぁ

    ぶぅさんの一日を描いた絵本です。
    全ての言葉に「ブー」が付くのが良い所☆

    積み木を高く積んで壊れてしまった時の「イタタのブー」がとってもかわいいです(笑)
    パパとママと手をつないで出掛けるぶぅさんが、とってもいい笑顔をしていて、ほのぼのとしてしまいます。
    ぶぅさんみたいな家族愛って、きっと子どもにとって心地いいでしょうね。

    投稿日:2007/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうして??の1冊でした。

    保育士をしている、0歳児のパパです。

    この本との出会いはちょうど1歳児の担任の時。
    最初に手元に届いたときには、「これ、子どもにウケるのかなぁ」とかなり不安…。
    けど、絵本いっぱいに描かれたぶぅさん(?)に、子ども達が取り合いをするほどに見てました。

    問題と言えば…読み手の能力が問われる…かなぁ、と思います。
    あんまり言葉の調子が同じすぎると反応はイマイチ。
    けど、あんまり言葉に思いを乗せすぎると、子ども自身の思いではなく、大人の思いの押しつけになってしまう…。
    なかなか難しい本だと思います。
    よくやってたのは、一度、軽く強弱程度で読んで、子ども達と話し合いをしていました。1〜2歳の子でも、十分に思いが出てきますよ。「かわぃぃね〜」とか、「いたいいたい」とか。
    そういった思いをお子さんとしっかり共感することができれば、とってもいい絵本ではないでしょうか。

    投稿日:2006/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット