季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ

めのまどあけろ自信を持っておすすめしたい みんなの声

めのまどあけろ 作:谷川 俊太郎
絵:長 新太
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1984年02月
ISBN:9784834009651
評価スコア 4.46
評価ランキング 9,541
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

59件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 意味はわからなくとも

    この絵本は息子が2歳くらいのときに購入したんですが
    はじめは主人が読んで
    「なんか、意味分からんから、好きじゃない、読みたくない」
    と言われてしまい。。。
    もったいないので(笑)
    私だけ読み聞かせてたんですが
    そしたら子供がつたないながら
    自分で言うようになって
    それを聞いた主人がなんだか感動して
    今度は主人も読み聞かせに参加するようになりました
    はじめはあれほど嫌がっていたのに
    まじめに朗読して。。。
    意味分からんくても子供がゴロがよくて覚えたんだと思います
    さすが谷川俊太郎さん!
    せっけんさんがすうべった
    のところは児童センターでこのくだりを手遊びとして
    やってらっしゃる方がいて(この絵本だとは知らなかった)
    その歌にあわせて読んでいます

    投稿日:2015/06/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • もっと詩を読もう。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    あんまり詩を一緒に読んだことはなかったのですが、
    「めのまどあけろ」という表現に惹かれて、
    図書館からかりてきました。

    「めのまどあけろ」って、
    子供たち起こす時に使えるな。
    その程度でした。

    最初に読んだときは「なんじゃこりゃ?」と思いました。
    娘も、不可解な表情。

    でも何回も声に出して読むうちに、
    コトバの織り成すリズムと世界に、
    すっかりハマってしまいました。

    特に娘に使っているのが、

    「かんかんおこりむし おなかのなかでなにしてる
    だいじなしっぽに ひがついた」

    このくだりを、怒っている娘のお腹を触りながらいうと、
    効果てきめん。怒りが消えるようです。

    「たらこ かずのこ さかなのこ
    だんごのきなこは だいずのこ」

    これは小学生の長男が学校で読んだことがある詩。
    この本の詩だったのかー。

    最後は眼をつぶっている絵で終わりですが、
    娘の、「めのまど とじた」という一言に、
    思わず「うまいっ」と、拍手を送りました。

    子供って本当にコトバの感性がいいんだなぁ。
    これを機に、もっと詩を一緒に読んでみようと思いました。

    投稿日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • リズムが楽しい

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    2歳になりたての息子に読みました。
    絵を見て楽しむことは出来ますが、まだ少し早いようです。
    3歳ぐらいになると、詩のリズムの楽しさが分かるようになるかな?

    言葉が沢山出て来るところが良いと思います。
    読み始めてすぐに、「おみおつけ」という言葉が出てきて、ん?なんだろう?
    その後も、「ひっちらかし とっちらかし おっぱらかし おおあらし」と
    なんとなく分かるけど、良くわからないな〜と思う言葉も。
    早速調べました。
    子供の一緒に調べると、親子で楽しめると思います。

    ☆その後
    2歳8ヶ月になった息子。
    最近、息子の大のお気に入りになっています。
    「にょろにょろ歩くの〜」で始まるページの「あるかないのはいしっころ」がとてもお気に入りで、この部分は必ず息子が読みます。
    このページと、「たらこ、かずのこ〜」のページは特にリズムが楽しいと思います。
    私も息子も気づくと頭を縦に振ってリズムを取りながら読んでいることも。
    とても楽しい絵本なので、ぜひぜひお勧めしたいです。

    投稿日:2011/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。リズム感たっぷりの詩ですらすらっと読めます。このリズムが良いですね。詩の言葉もはなを山にたとえたり、目をまどにたとえたり、さすが谷川俊太郎さん、といった内容です。娘も目を「しめて」というので窓という表現が娘にはぴったり合っていてどこかおかしかったです。

    投稿日:2011/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • リズムが気持ちいい

    絵本クラブ対象

    とってもリズミカルで、詩のような歌のような絵本です。
    英語の本では良くこういったリズムのある本は見かけるのですが、日本語の本では初めてでした。歌が大好きな息子はいつもノリノリで聞いていて、いつの間にかフレーズをいくつか口ずさむようになりました。ストーリーや教訓のある絵本とはまた違った魅力がたっぷり詰まっていて、他にもこんな絵本があったらまた読んであげたいなと思ってます。

    投稿日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 響きをたのしむ!

    ストーリーよりも、音読した時のことばの響きやリズムが楽しい本です。
    目を開くことを「めのまど開けろ」と表現する感覚もステキですね。

    最初にこれを読んだ時は、もっと子供に分かりやすくてダイレクトな
    表現の方が良いのでは?と思ったのですが(気に入ってくれるか心配でした)、
    2歳の娘は不思議と何度も「よんで〜」と持ってきます。

    もちろん、2歳児にこの本の表現は少し難しいところがありますが、
    響きやリズム、絵が気に入ったようです。
    小さい子には、響きやリズムを楽しむ本としてとってもとっても良い本です。

    絵も、この本ととってもマッチしてて良いと思います。
    長新太さんの絵はこういうちょっと幻想的(?)で、不思議な本にはぴったりです。
    ことばと絵が融合して、とっても好きな1冊になったようです。

    もっと大きくなって読んだ時に、この本が響きやリズムだけではなく
    とっても魅力ある表現の本だと気付いてくれることと思います。

    投稿日:2008/05/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • あそび歌の絵本。
    谷川俊太郎さん×長新太さんに、親の方が興奮。

    絵は、長新太さん色抑え気味ですが、可愛さとシュールのバランスが好き。
    言葉は、リズムがよくて歌うように次のページに進んでいく。
    もっと長新田さんの絵をじっくり眺めたいのに、スイスイ言葉が流れて行ってしまう。

    テンポよく進むので、「めのまどあけろ」のところで、子供の目の前でコンコンと窓をノックするフリなどしたら、ニコニコ食いついてくれました。

    「いっぽんあし かかし あたまにからす」。好きです。

    投稿日:2020/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読めば読むほどもっと読みたくなる。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    谷川俊太郎さんの絵本を読み聞かせたくて、この本に出会いました。何度も読むうちにこの絵本の良さだったり、言葉という音が耳に心地よく伝わってきます。谷川俊太郎さんの本の中でも、ストーリーのある本だと思います。読めば読むほど、この本の魅力の深さを感じます。

    投稿日:2019/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼い子どもにも詩の楽しみを

    詩人、谷川俊太郎さんが、子どもの一日の生活を、詩人ならではの、リズミカルで、洗練された言葉で、詩にしています。
    声にだして読んでみたら、その良さがよく分かります。

    幼い子に、言葉の喜びを伝えるのに、いい絵本だなと思います。
    子どもたちにも、声に出して楽しんでほしいなと思います。

    投稿日:2017/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • どのページを開けても楽しくてリズミカルな言葉遊び。
    リズム感が変わる楽しみもあって、とても心地よい絵本です。
    谷川さんの口からあふれでてくる感性に包み込まれてしまいました。
    幼児絵本としてだけではなく、情緒不安定の子どもたちであったり、障害児童たちにに優しい絵本だと思うのですが、いかがでしょうか。

    投稿日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

59件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かける
    かける
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    はらぺこめがね最新刊!ケチャップ、シロップ、粉チーズ…かけるは美味しくなる魔法です★
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット