新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

牧野富太郎 植物の神様といわれた男」 その他の方の声

牧野富太郎 植物の神様といわれた男 著:横山 充男
絵:うちだひろこ
出版社:くもん出版
税込価格:\1,650
発行日:2022年02月01日
ISBN:9784774332000
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,107
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虚像とと実像と

    朝ドラを見なければ、手に取らなかっただろうと思えるこの本ですが、読んでよかったと想いました。
    自分の夢の実現のためにこれだけひたむきな、生活苦などにとらわれない前向きな生き方があったのだと、痛感させられました。
    それは富太郎が裕福な家に生まれたこと、家業を潰してまでも研究のために金を注ぎ込み続けたからに他なりません。
    でも、富太郎の生き方に共感して、支援の手が次々差し伸べられたこと、妻の支えが強かったこと、何よりも貧困に負けない打たれ強さを持っていたことが、彼を偉人足らしめたのだと感動しました。
    この本の中で、牧野富太郎の魅力をたっぷり味わいまじた。
    ドラマの中で、彼はどのように生きていくのでしょうか。

    投稿日:2023/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット