トーマス大図鑑 トーマス大図鑑
 出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
キャラクターの最新情報と、テレビシリーズ全440話を大公開! 

マドレーヌといぬ」 みんなの声

マドレーヌといぬ 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1973年05月
ISBN:9784834003635
評価スコア 4.73
評価ランキング 977
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

62件見つかりました

  • 大人も子どもも楽しめる

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    マドレーヌちゃんのお話はどれも愉快なので、
    息子はすっかり気に入ったみたいです。
    今回も犬のジュヌビエーブに興奮して寝付かない12人の女の子たちに
    クスッ。
    私はいつもステキなミス・クラベルのファンです。
    こんな先生に見守られたら、すてきな女の子に成長するだろうな。
    羨ましい。

    そして大人の私が内心いつも心躍らされているのは
    やはりパリの風景。
    「シテ島」「モンマルトル」「墓地や橋や公園」
    あぁ・・あそこだわ。懐かしい・・♪
    なんて思いながら読んでます。
    独特の抑えた色味のイラストがまたちょっと大人っぽくて魅力があります。
    パリに、いきたくなります。

    投稿日:2010/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • パリの風景

    マドレーヌたち12人で、ジュヌビェーブを捜しに行く場面に、6ペ

    ージにもわたり、パリの風景画が描かれています。

    その場面がとても素敵で、パリに旅行に行っているように、楽しめます

    捜しに行った場所の説明も書いてあるので、またそのページを捲り、絵

    だけを眺めています。

    12匹の子犬が産まれて、リボンを付けた子犬たちととても誇らしげに

    子供たち12人と子犬12匹の前を行くジュヌビェーブの姿がかっこよ

    かったです。いたるところにパリの風景画があり、とてもよかったです

    投稿日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいおうちの子は、寮で生活

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     「きょうはなんのひ?」という本で、主人公の女の子が一番好きだといっていた本。そうなんだ、と改めて図書館で借りて読みました。
     この本は理解が結構難しいらしく、「おひんってなあに?」とか「どうして女の子だけで生活しているの?」とかいつも必ず質問してきます。ミス・クラベルが一人で生活の面倒をみているのが腑に落ちないよう。
     さらに、この本では、一番小さいマドレーヌが川に落ちちゃうのにびっくり。どうして、川に落ちたのに、お母さんが来ないの??とか、そんなことを子供心に思ったようです。でも、その代わり、かわいい犬がきてくれて、助けてくれるので一安心。

     親がよむと、パリの風景がとてもすてきでいい本です。私はずっとフランスの本だと思っていたら、アメリカの本だったんですね。意外でした。

    投稿日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 交流!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子5歳、男の子3歳

    親と離れて寄宿舎で暮らす12人の女の子達の物語というの
    が新鮮なマドレーヌのシリーズ2作目ですが、溺れたマドレ
    ーヌを助けてくれた犬、ジュヌビエーブと女の子達の交流が
    暖かく、ラストのアイデアには思わず笑顔がこぼれました。
    一緒に寝ようとジュヌビエーブを取り合ったり、いなくなっ
    たジュヌビエーブを町中探し回ったりする所に、ジュヌビエ
    ーブを大切に思う皆の気持ちが伝わります。
    中でも規則に反してジュヌビエーブを宿舎内に置きたいと頼
    んでくれたミスクラベル、それでも犬を追い出せと命令する
    評議員、そしてそんな評議員に「天罰がくだりますわ」と
    言い放つマドレーヌの場面は見ごたえがありますよ。

    落ち着きある色使いで描かれている夕焼け空の表紙がほんと
    にお洒落で、インテリアとして飾っておきたくなりました。

    お気に入りの場面
    娘&息子:ジュヌビエーブが帰ってくる場面
    僕:思わず笑顔がこぼれるラストのアイデア

    投稿日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも!

    まるでパリに旅行にきたような気分を味わう事のできる素敵な本。
    特に、このお話では犬がメインなので、更にパリっぽさがでています。
    初登場から人命救助で大活躍!の、この賢い犬は、ジュヌビエーブというかっこいい名前をもらい、マドレーヌたちと幸せに暮らします。
    途中、館長に追い出されてしまうのですが、勿論ちゃんと帰ってきます。それも12人の女の子全員分の、素晴らしいおみやげ(!?)をひきつれて!
    とてもうまい締めくくりだと思いました。

    投稿日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館大型絵本コーナーにありました

    • よっよさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子5歳、男の子0歳

    衛星放送のカートゥーンネットワーク(番組名)でもアニメ放送されてますよね!娘はそれを観て覚えていたらしく、図書館の大型絵本コーナーで見つけて早速借りてきました。

    冒頭いきなりマドレーヌが川に落ちてしまいビックリでしたが、それけらの展開がステキでした。可愛いわんちゃん、わんちゃんがいなくなってしまいみんなで探したり・・・わんちゃんとの再会!読んでいて子供は笑ったり心配したりと夢中になっていました。

    子供にとっては寄宿生活の学校というのも珍しいようです。

    挿絵がと〜ってもステキでオシャレです!

    投稿日:2008/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬が飼いたくなる

    フランスの古い屋敷に12人の女の子が2列になって生活しています。
    そこで一番のおチビちゃんでやんちゃなマドレーヌはある時河に落ちてしまいます!
    そこで助けてくれたのが、なんと一匹の勇敢な犬。

    一緒に連れて帰るのだけど、この犬は勇敢なだけじゃなく、
    計算も出来るかしこい犬だったのです。


    前の「げんきなマドレーヌ」に続いて大好きな一冊となったので、
    マドレーヌちゃんの住んでるフランスって??パリって??
    と地理にも興味を持ってくれたのが嬉しいです。

    さらにこのお陰で娘も「スペインの首都はマドリード」と覚えたので
    ジュヌビエーブにも感謝です。

    ミスクラベルは厳しいだけでなく12人の女の子に対する愛情が深い事をこの一冊で改めて知る事が出来ます。

    とにかく可愛い。12人の女の子たち、いつでも元気。なによりです。

    投稿日:2008/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • フランスの風景が奇麗

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1951年に初版のコールデコット賞受賞作品。

    この作品を読むきっかけは、「きょうはなんのひ」(瀬田 貞二さの文、林 明子さんの絵による1979年の作品)に登場した絵本だったからです。
    読んで大正解。

    物語の舞台はフランスの寄宿舎。
    12人の女の子が暮らしていますが、ある日いっぴきの犬が加わります。
    楽しく暮らすのですが、評議員の検査で見つかって犬は放り出されてしまいます。
    探しにいく先々のフランスの光景が、実に美しく最終頁に場所の説明があるので、旅行気分が味わえることでしょう。
    最後にあっと驚くサプライズもあって、とても楽しい展開の絵本だと思います。

    にしかわ おさむさんに通じるタッチの絵が優しいので、4歳ぐらいから読み聞かせしてあげたい一冊です。

    投稿日:2008/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジュヌビエーブ・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    マドレーヌシリーズで今回は、橋げたから落っこちたッマドレーヌを助けた、ジュヌビエーブという名の賢い犬が出てきます
    12人の女の子たちは、ジュヌビエーブを獲得しようと大騒ぎ
    ところが、学校の検査の日にジュヌビエーブは追い出されてしまいます
    自分で帰ってきたジュヌビエーブはなんと12匹も子犬を産み女の子たちは全員が大喜び!
    いつもの通りページ数は多いですが、文章が少ないので、絵をじっくり見ながら読み進めていけます
    12にんの女の子たちも快活に動きがあり、絵を見てるだけでも楽しめます
    ミス・クラベルの驚きの表情も見ものですよ

    投稿日:2008/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が楽しめる絵本はやっぱイイ!

    娘に読み聞かせながら、行ったことが無いパリの
    街並みを楽しませてもらいました。
    海外の作家さんの作品には、こういう楽しみ方が
    あるから好きです。

    元気なマドレーヌは娘のお気に入り。
    シリーズをどんどん読んでいきたいです。

    投稿日:2008/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

62件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット