宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かぼちゃスープなかなかよいと思う みんなの声

かぼちゃスープ 作・絵:ヘレン・クーパー
訳:せな あいこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年4月
ISBN:9784900656321
評価スコア 4.74
評価ランキング 885
みんなの声 総数 86
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 秋に読みたい絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    三匹一緒に住むネコ、あひる、リスが、かぼちゃスープの作り方でけんかをするお話。最後は仲良く、かぼちゃスープを作りますが・・・。
    絵がリアルで、外国っぽい雰囲気で、おしゃれな絵本です。幼稚園でも年中さん年長さんくらい以上向けかなと思います。じっくり見た方が楽しめる気がするので、大勢への読み聞かせよりも、家で読みたい気がします。
    秋に読みたい絵本です。

    投稿日:2017/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力あります

    ケイト・グリーナウェイ賞。

    ねことりすとあひるがどアップでスープをなめている、というなかなかの迫力ある表紙です。

    表紙からしてこの作家の絵力を知らしめているのですが、やはり、絵に迫力があります。

    なかよし3人が仲たがいをする場面の、みんなの必死の形相が真剣そのもので、絵本につい引き込まれてしまいます。

    兄より妹のほうがとっつきがよく、何度も読み返しをせがまれました。

    投稿日:2017/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしいスープ

    シンプルだけど、みるからにおいしそうなかぼちゃスープです。
    役割分担が決まってるってところがきっといいんですよね。
    きりわけるねこ、かきまぜるりす、しおであじつけるあひる。
    それぞれの得意なことがあって、それが生かされる役だからこそ
    みんなで作っておいしいものができあがるのだと思います。

    みんなでつくったふとんも素敵だし!(特にあひるのはねがはいって
    いるってところが)。

    だけど、だれかひとりがわがままをいうと、うまくいってた
    バランスが崩れてけんかになっちゃうんですねえ。
    何人かの仲良しの友達がいたり、きょうだいがいたりする
    子どもはそれを実感するだろうなって思います。
    娘はまだ小さいので仲良しグループっていえるほどのお友達も
    いないし、きょうだいもいないので、こんな風にけんかになって
    しまうってところはよくわからなかったみたいです。
    小学生くらいになって自分で読む方が楽しめるかな?

    投稿日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかいスープのにおいがしてきそう

    表紙のおいしそうなスープの絵に惹かれて手に取りました。ページいっぱいに広がる表情豊かな動物たちに
    魅了されてました。あたたかいスープのにおいもしてきそう。とても素敵な挿絵です。
    いつもなかよしのねこ、りす、あひるの3匹が、些細なことでけんかして、ほのぼのムードが一転。
    派手なけんかへと発展してしまいます。とっくみあいをしながら、スプーンを奪い合う姿は、我が家の3人姉弟を見ているようでした。いつも一緒にいるから、けんかも絶えないのですが、
    なんだかんだいっても仲がよいのも同じでした。

    投稿日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良くが一番です

    ねこ・りす・あひるの仲良し3匹。
    世界一おいしいかぼちゃスープは、ねこが切り分け、りすがかきまぜ、あひるが塩で味付け。
    役目がそれぞれ決まっているから、けんかなんて起こりません。
    …はずだったのに。

    あひるなしで作った、塩加減に失敗してしまったスープ。
    出て行ってしまったあひるを探しに行く、ねこ&りす。
    あひるのわがままを聞いてやり、スープを作らせてあげるところ。
    仲間に対する優しさがあふれている、温かなお話です。
    2歳児にはちょっぴり難しい本ですが、きれいな絵で大人も楽しめます。

    せっかく仲直りできたのに…最後はまたもや「わがままあひる」の一言で…。
    そんな展開にも思わず笑ってしまいます。

    投稿日:2010/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が本格的。

    表紙の絵にひかれて図書館で借りてきました。
    ねことあひるとりすが、かぼちゃスープを作り、楽器を演奏して、3びきとも役が決まって仲良くやっていました。
    ある日、アヒルが他の事をしたいと言い出し、けんかになります。
    けんかの様子もはらはらして、子供は引き込まれていました。
    けんかの後にアヒルが飛び出してからの、ねことリスの変わっていく様子や、2匹が反省している様子がよくわかるし、仲直りしてからスープを作るところも楽しいです。
    最後はまたけんかしそうなところで終わるのですが、「けんかするほど仲がいい」という言葉にぴったりな絵本で、本格的な絵にも引き込まれます。

    投稿日:2009/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな3人組

    • パニパニさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳

    絵もステキ
    お話もステキ
    とてもステキでかわいい三人組

    ケンカして出て行ってしまった あひるに
    初めは怒って 心配していなかったけど
    だんだん不安になって 探したり
    後悔して泣いて 
    しょっぱいスープになってしまったり
    絵がググッときます。

    みんなで作ったかぼちゃスープが食べてみたい!

    投稿日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3人で仲良く作るからおいしい

    湯気があがる暖かな、いかにもおいしそうなスープの絵。
    このスープをおいしそうに飲んでいる猫、アヒル、リスはとっても仲良し。
    そして、このスープも3人が作っているのです。決まった手順をふんでね。
    だけど、ちょっとしたことから、3人は、仲たがいしてしまいます。
    そして気づく友達の大切さ。
    3人で仲良く作るからこそ、おいしいスープだったんですね。
    そう、おいしいものを食べると幸せになる。幸せな気持ちで作る料理もおいしいのです。

    文章は、とってもリズミカル。すらすらっと読みやすい文章です。
    ただ、好き嫌いがあると思うけど、私はこういうタイプの文章がちょっと苦手かな。

    投稿日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しそうな表紙

    娘がかぼちゃが大好きなのでこの絵本を選びました。この本を手に取ったとき表紙の美味しそうなスープがとても気に入りました。特に気に入ったのは美味しそうな湯気です。湯気の立ち上り方がいかにも美味しそうで題名とも一体となっていてとても目を見張る表紙だなと感じました。美味しいスープもさることながら、美味しい物を大切な人と食べられる事は幸せな事なのだなと思いました。仲がいいから喧嘩するという事も羨ましかったです。かぼちゃスープの色も素敵でした。

    投稿日:2008/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が綺麗!

    • ひぽりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子5歳、女の子2歳

    ヘレンクーパーさんの絵本を初めて見ました。
    とにかく、絵が綺麗でそれを見ているだけでも満足です。
    他の本も見てみたくなりました。
    お話も、仲良し三人組のケンカから仲直りまで、
    そして、またケンカ?と、
    子どもにも、分かりやすい内容です。

    投稿日:2008/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

みんなの声(86人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット