あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

かぼちゃスープなかなかよいと思う その他の方の声

かぼちゃスープ 作・絵:ヘレン・クーパー
訳:せな あいこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年4月
ISBN:9784900656321
評価スコア 4.74
評価ランキング 885
みんなの声 総数 86
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う その他の方の声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イギリスの香り

    森の一軒家に住んでいる猫・りす・あひるはかぼちゃスープ作りの名人。
    きちんきちんと手順を踏んで、役割分担をしています。

    ある日、あひるがその役割に異議をとなえて、、、。

    なめらかな質感、独特な雰囲気を持つイラストは異国情緒に溢れています。

    三匹が住んでいる家も、かぼちゃの形でハロウィンのよう。家具や食器も綺麗です。

    文章とこまごまとした挿絵が交互に描かれたページもあり、イギリスを代表するピーターラビットの絵本に通じる部分もあります。

    でも、なんといってもいいのはこの三匹の間柄。
    喧嘩もするけど家を出て行かれるとすごく心配。
    やっぱり三匹で一緒にいないと。。。と思わせる暖かい思いやりがあります。そんな三匹の日常生活のひとこま。

    最後にまた喧嘩の火種が!

    「これを繰り返して仲良く暮らしていくんだろうな。」と心が和む一冊です。

    投稿日:2006/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫がもってる消火器が好き

    • トビーさん
    • 20代
    • その他の方
    • 兵庫県

    この絵本は絵が丁寧に描かれていて、かぼちゃのダイダイ色が全体的にあたたかい印象を与えてくれます。
    私は原文しか読んだことがないので日本語訳のはわからないのですが、この絵本の文章の書き方がおもしろいなと思います。決まった字数でただ左から右へと文章が書かれてるわけではなく、波打ったり、楽譜のように書かれていたり楽しい本だと思います。
    それに猫・リス・アヒルの表情がとてもリアルでかわいいと思います。アヒルが家出して帰ってきてまた一緒にスープを作るのですが、その時にいくらアヒルがスープを早くかき混ぜすぎたり散らかしたりしても猫とリスはあたたかく見守ってあげてる場面が私のお気に入りです。小さい挿絵なのですが、その場面で猫が消火器を手にとってる絵が一番のかわいいです。
    最後は仲直りしたのにまたケンカするっていう話の終わり方です。ケンカするほど仲が良いっていうことなのかなって思います。人のものが良くみえる、時には違うことがしてみたい、友達の大切さなど人間心理がしっかり描かれた作品だと思います。

    投稿日:2003/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

みんなの声(86人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット