新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

霧のむこうのふしぎな町」 みんなの声

霧のむこうのふしぎな町 作:柏葉 幸子
絵:竹川 功三郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1995年06月
ISBN:9784062611510
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,233
みんなの声 総数 14
「霧のむこうのふしぎな町」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ステキな空間です

    • みえみのさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    最近初めて読みました。もっと小さい時に出会いたかった!
    私はずいぶん大人になってしまいましたが、子供には子供の、大人には大人の想像力があるので、いくつになっても読んで楽しめます。私も霧の谷行きたいです。
    甘いお菓子を食べたような、なんとも後味のいいお話。私の宝物の一つになりました。
    登場人物があったかくて、ぐんぐん引き込まれます。
    挿絵が改定されましたが、改定前の絵の方が、作品にピッタリ。
    できれば、昔の装丁で読んでみてほしいです。

    この本に出会えてよかった!

    投稿日:2006/12/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 主人公のリナは、冒険物語のヒロインタイプではありません。
    少しぽっちゃりしていて、まじめで、恐らく、学校の勉強も運動も、ちょうど真ん中、平均点をとっていそうです。
    そもそも、不思議な「霧の谷」を目指したのも、お父さんに勧められたから。

    そんな身近なリナと一緒に、ゆっくり、ゆっくり、物語に引き込まれます。

    おそらく宮城県のどこかに入り口がある「霧の谷」は(挿絵をご覧下さい)、とにかく素敵です。
    出てくる物も、人も、奇想天外で盛りだくさん。
    誰もが、自分も、他人も、さりげなく大切にしています。

    ふわりと浮かんだような、どこにもなさそうだけれど、ありそうな、懐かしくて優しい町。

    子ども達には、こんな町を心に持ち続けてもらいたいな、と思います。

    投稿日:2020/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストが素敵!!!

    改装版も出ていますが、イラストはこちらの旧版の方が何だか素敵な気がします(大人的にはかも知れませんが)。
    これぞ物語の醍醐味といいますか、ファンタジーを楽しめる1冊です。
    長期休暇の読書にも、ぴったりな1冊に思いました。

    投稿日:2020/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羽ばたきの物語

    「千と千尋の神隠し」に影響を与えた作品とかで、なるほど前半は同じだった。

    真ん中がおもしろかったかな。働く店が変で。
    西洋風の町で、代金をとらない本屋、人間が魔法で形を変えらたり愛着持って使い込まれた品物が形をとった瀬戸物屋、お菓子ばかり食べているおもちゃ屋、また航海で失くした物を返す船乗りの店と、一風変わった店ばかり。
    そんな町に馴染み、働くことを覚える主人公。逆かな、働くことで町に馴染むと言った方がいいかな。
    これは大人と同じで惹きこまれます。

    少女の羽ばたきの物語。高学年からぜひ。

    投稿日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な思い出

    私を本好きにしてくれた本です。

    どういう経緯でこの本に出会ったのかは覚えていませんが、本が好きだなとしみじみ思うときには、必ずこの本を思い出します。

    先日久しぶりに読んだとき、まるで自分が経験したかのように鮮やかに、ふしぎな町でのできごとがよみがえりました。
    1行目から読み進めるごとにするすると頭に入ってくるほど、子どもの頃に何度も読んだのを思い出します。
    特別なシーンでなくとも、ひとつひとつの風景が、不思議で、優しくて、わくわくとするような、そんな素敵な本です。

    そういえば、「千と千尋の神隠し」は、このお話をモチーフにしたと聞いたことがあります。言われてみれば、と思うようなところがたくさんあるので、これから読む方はそんな類似点を探してみるのも面白いかもしれません。

    娘がこの物語を読めるようになって、一緒にふしぎな町の話ができる日がとてもとても楽しみです。

    投稿日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れられない本です

    小学生の時に買ってもらった本です。
    残りのページが少なくなるのが残念なほど楽しんで読みました。
    外国のような日本のような不思議な感じがする町でのお話です。
    実家の本棚を整理していて、懐かしくなり読み返したのですが、
    今でもやっぱり、終わるのが惜しいような感じになります。
    大人になってから読むと主人公が成長していくのがとても頼もしいですね。娘がもう少し大きくなったら是非読んであげたいです。

    投稿日:2008/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい気持ちになれます

    • クワ山さん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    主人公のリナは夏休み、お父さんの知り合いのおばあさんの所へ行くよう勧められます。一人きりでなんとかたどり着いたそこは・・・。

    コックさんの作るほっぺたの落ちそうな料理、ゼリーやキャンディーなどのお菓子、たくあんをはさんだパンでさえおいしそうに思えるからふしぎ。ストーリーもとても面白くて、ふしぎで、ちょっと切ないけど元気になれる、絶対!!!おススメの一冊です。

    投稿日:2007/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃ箱のよう☆

    • グライスさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    この本との出会いは12歳の時。学校の図書室で見つけ、それから何度も借りていました…。内容は、一人の12才の少女が夏休みに不思議な縁で訪れた、これまた不思議な町で、風変わりな人達と出会い過ごし、泣いたり笑ったり怒ったりしながら色んな経験をし、何のとりえもない平凡な少女が少しずつ変わり、成長していく…とにかく全ての登場人物が魅力にあふれていて、この不思議な町に私も行ってみたい!そう思わせるまさにふしぎな本です(^^)。ぜひ一度この夢がいっぱいつまった本をお子さんと共に読んでみてください!対象年齢は小学中級から、ですが文章がやさしく分かりやすいので、ある程度小さいお子さんでも大丈夫だと思います。ちなみにこの本は映画『千と千尋の神隠し』のモデルとなった本なんですよ☆

    投稿日:2003/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • はいりこんじゃうよ

    10代のころ読んだ大・大・大好きな話♪
    繰り返し何度も読みました。
    私もこの町に行ったら…と考えるとドキドキしちゃう。
    「千と千尋の神隠し」を見たとき、このお話を思い出しました。
    不思議な町に迷い込んで、こわい(?)おばあさんがいて、主人公が成長していく。
    色々な場面で、私の中ではダブって感じたのです。
    子供にはまだ読んであげていないけど、いつか必ず買ってあげるつもりです。

    投稿日:2003/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな町あったら行ってみたい!

    この本は自分自身読んだことがありません。
    ただ、ラジオの番組で一度朗読されたのを聞いたことがあるのと、実は友人がこの絵本をもとにした舞台(演劇)を見に行ったことがあるんです。
    どちらもとても気に入っています。
    その要因は読み手や、舞台の演出、友人の演技力の素晴らしさもあったのですが、やはりこの本が素直に素晴らしいからなのだと思いました。
    是非とも一度自分で読んでみたいと思います。
    私もラストが大好きです。
    舞台でも大変上手く表現されていました。またやってくれたら是非また見に行きたいですね♪

    投稿日:2002/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット