話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

りんごがひとつ」 みんなの声

りんごがひとつ 作・絵:ふくだすぐる
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1996年
ISBN:9784265034413
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,096
みんなの声 総数 119
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

119件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 2度目に読んだら・・・

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子5歳

    新着レビューで目にした次の日に図書館で見つけたので、借りて読みました。図書館でさらっと読んだ時はとても面白かったのですが、家に帰ってゆっくり読んだら、ちょっと疑問が残ってしまいました。
    「みんなおなかをすかしている」のに、キッと眉をつりあげてりんごをとったおさるのおかあさん。最後にこどもがいるのがわかったけれど、他の動物にもこどもがいたかもしれないよ。『龍の子太郎』のおかあさんが、お腹に赤ちゃんがいたのにイワナを一人で食べた罰で、龍になってしまったように、「みんながおなかをすかしている」のに、自分だけ満腹になるっているのはどうなのかなあ?
    こどもがいるのを見て「やれやれ」と帰っていった皆の姿はとても素敵だけれど、おさるの姿に「こどもがいるんだから仕方ないでしょ!」という子連れにありがちな雰囲気を感じ取ってしまって、2度目からは今ひとつ楽しめませんでした。
    でも、こどもに読んだらきっと、展開の面白さと、どことなくのほほんとした雰囲気にとても喜ぶと思います。

    投稿日:2005/10/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 奥が深い

    幼稚園プレでの読み聞かせで娘がお気に入りだった一冊。

    おちているひとつのりんご。
    動物たちはみんなお腹をすかせているんですが、おさるがひょいっとりんごを持って逃げ出します。

    かわいい絵で短めのストーリーですが、なかなか奥の深いお話です。
    ふりをした、とか、ラストの意味を理解できるようになるのは5?6歳くらいかな?

    投稿日:2020/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんにはかなわない

    りんごひとつの争奪戦です。
    シンプルな絵に引き込まれていったら、どんでん返しの繰り返し。
    まさかこんな切り札があると思わなかったので、ビックリしてしまいました。
    子どもを思う心は、動物たちの方が強そうです。
    でも、どうしてりんごがひとつだけ落ちていたのでしょう。

    投稿日:2020/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな子にもわかりやすい。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    りんごがひとつ落ちていました。みんなおなかを空かせています。サルがたった1つのりんごを取ると、みんなはサルを追いかけます。ついに崖の上まで、詰め寄ると…。ストーリー展開が小さな子にもわかりやすく、楽しく読みました。英語版も出ているので、日英で楽しみたいと思います。

    投稿日:2019/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいっっ

    絵が、ただただかわいいです。

    お話の「・・・ふりをした」展開も、すごく好きです。
    読み聞かせで読んだら、とっても盛り上がりそう。

    おさるのわがままな行動とアクティブな動きに
    てっきり「オスのサルだろう」と思いながら読んでいたら
    子連れの雌ざるでした・・(^-^;
    子連れと知って、リンゴを譲る他の動物たちの心の広さに
    ほっこりしました。

    投稿日:2017/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる

    一つしかないリンゴを取って逃げるおさると、怒って追いかける動物達。子供達は「・・・ふりをした」の所で毎回大爆笑しています。
    でも最後におさるがリンゴを取った理由が判明し、それまで憎らしく思えたおさるに対する見方が一変。心がほんわか温かくなります。
    笑えて、心温まって。私も子供達も大好きな絵本です。

    投稿日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストに納得

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    みんながおなかをすかせていますがりんごはひとつ。
    表紙と違い、通常サイズのりんごです。表紙のように大きかったらまだ分けられたと思うのに。
    みんなでりんごをとりあいます。さるが手にしたのをみんなで追います。
    はたしてりんごは誰のもの?
    ラストは納得の展開です。みんなのやさしい心が見えます。

    投稿日:2016/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実は奥が深い話。

    ひとつのりんごをめぐって、1匹のさると他の動物たちの駆け引きが始まります。
    さるの必死な表情も、動物たちの少し怒った顔も、なんだか愛くるしくてかわいいのです。
    なんでさるはりんごをもっていっちゃったんだろう…わがクラスの子たちも、2歳なりに一生懸命考えます。
    最後まで読むと、「あー、そうだったんだね」と納得の様子。
    「でもさ、みんなりんご食べたいよね!」とある子が言います。
    確かにそうだよね。でも、動物さんたちはおさるさんに譲ってあげたね。
    まだその先の優しさを考えるのは難しいようです。
    でも、たくさん動物が出てくるので、それだけでも楽しいみたい。
    人気の一冊です。

    投稿日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 追いかけっこ

    ひとつのりんごをめぐって、おさるさんとその他の動物たちの追いかけっこが始まります。
    木の上、水の中、がけを登って・・・。
    追い詰められたおさると動物たちのやりとりがとっても楽しいです。(動物たちは真剣だとおもいますが)
    最後のオチのあとのみんなの行動がとっても優しくて癒されます。

    投稿日:2015/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごの行方。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    おなかを空かせた動物たくさん、
    でもりんごがひとつ。
    お猿がそれを持って逃げる、
    みんなは怒って追いかけるというお話。
    可愛い絵本でした。
    崖から落ちる、フリをした、なんて
    そんな展開があるとは思わなくてクスリときました。

    みんな小さいものには優しいんだね、
    最後には、にっこりできるお話です。

    投稿日:2014/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

119件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



5月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット