まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

きつねのおきゃくさま」 その他の方の声

きつねのおきゃくさま 作:あまん きみこ
絵:二俣 英五郎
出版社:サンリード
本体価格:\1,800+税
発行日:1984年
ISBN:9784914985271
評価スコア 4.83
評価ランキング 130
みんなの声 総数 75
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はずかしそうにわらって

     21歳と18歳の娘達の父親ですので、このサイトの一般的な読者よりはかなり高齢になってしまいました。子供達が小さいころ、妻が絵本をたくさん読んで聞かせていました。今も、それらの絵本は我が家の宝物であり、いつでも手が届く居間の本棚に鎮座しています。子供達も妻も私もたまに好きな絵本をひっぱり出しては読んでいます。実は、「きつねのおきゃくさま」は昔から本棚にあったのですが、妻の勧めで今回初めて読みました。
     一読してその深い世界観に驚嘆しました。釈迦は誰の心にも仏性があると説きました。しかし、その仏性は俗世の生活にまみれているうちに輝きを失い、その存在にすら気がつかなくなってしまいます。ところが、このきつねのように、自らの仏性に気付かさせてくれる人や出来事に出会ったときに、本来持っていた仏性が再び光を放ち思いもかけない大きな力を発揮します。
     「あれえ、俺ってこんなんだったけっな。でも、これでよかったんだよ。」と、きつねははずかしそうにわらって死んだのではないでしょうか。私も、こんな死を迎えられるよう生きていきたいと思っています。
     子供には子供の、大人には大人の読み方ができる。いい絵本は本当に素敵ですね。

    投稿日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    7
  • きつねはひよこを食べようと考えたのに  優しいお兄ちゃんと信頼されて 嬉しくなり  自分も 優しくなっていくのです
    みんなから こんなに 信頼されたり ほめられたことがなかった きつね

    神様みたいだと言われて・・・・ ますます 神様のようになっていくきつね
    そしておおかみがあらわれ みんなを食べようと 襲ってきたとき
    体を張って ひよこ あひる うさぎを 守ったのです

    すごい生き方です
    こんなにみんなから信頼され   みんなを守る 使命感を持った きつねの生き方はすごい!

    死んでしまったきつねのお墓をつくり 涙してくれるのですから・・・・
    きつねは死んでしまいましたが、良い生き方だったと思います

    心に残るいいお話しです   

    投稿日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もが持っているもの

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    アルピスタヒナコさん のレビューを読んでぜひとも読んでみたくなり、図書館で借りてきました

    物語の中でもセリフに出てくる「ふとらせて・・・よくあることさ・・・」

    よくあるパターンのお話かもと思いましたが
    きつねは褒められてうれしい半面、やはり逃げるのかと疑いの気もちも持ち合わせています

    でも最終的には、命をかけて守る行動を起こします
    そこには自分を心の底から信頼してくれる者に対しての、感謝
    そして信じるということで勇気を得る正義の心・・・

    きつねの命は絶えましたが、その精神はきっと残された3匹に受け継がれたと思います・・・

    投稿日:2011/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  •  小学校の教科書に載っていたのが忘れられずに、ずっと探していた絵本。当時読んで、胸の奥が何とも言えない切なさや優しさ、悲しさで満たされたのが印象的だった。
     子どもの自分と大人の自分。
     まるきり同じ自分ではないのに、読んだ後には同じ感情が胸を締め付けた。

     きつねはひよこに出会う。
     もちろん食べようと思ったが、待て待て、太らせてから食べてやろうと考える。
     きつねとひよこの暮らしが始まる。
     ひよこはきつねに素直に甘える。
     「やさしい」と言われてまんざらでもないきつねには、もう悪者の顔は見受けられない。
     そのうちきつねは他の動物にも慕われるようになって…と、きつねはいつの間にか「悪者」から「いいやつ」になっている。
     これは、もう、映画「レオン」とか好きな人にはたまらない展開だと思う。(実際、私がそう)
     最後のきつねの姿には、本当の強さは何か、優しさは何かを見ることができる。

     ちなみにこの絵本、小学校教師をしている姉が1年生のクラスの学級文庫に置いたところ、かなり人気があったという。
     今の子も、あの時私が感じた気持ちを感じながら読んでいるのだと思うと、何だかうれしくなる。 
     子どもに読み聞かせる時にはぜひ、最後の締めの一言を優しさを込めて言ってほしい。
     くれぐれも、笑わないように。

    投稿日:2007/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっぴんぱらりのぷう

    • コルクさん
    • 20代
    • その他の方
    • 埼玉県

    こんな安易な言葉でなんて表現したくないのですが、この本は本当にまずい、そしてやばい…
    なぜって、ラストの2ページで大号泣なんです。
    何度も読んで、内容もバッチリ頭に入ってるのに、ボロボロ泣いちゃうんです…(:_;)

    森の中でひよこ、あひる、うさぎにであったきつね。
    彼らを丸々太らせてから、自分のご馳走にしようとたくらんでいた。はずなのに…?
    「やさしい」「しんせつな」「かみさまみたいな」きつねのおにいちゃん。
    そんな風に言われて、ぼうっとなっちゃうきつね。
    今までそんなこと、言われたこともないから。

    彼らと過ごしていたある日、きつねの家に狼がやってきます!
    きつねは勇気がわいてきて力いっぱい戦った。
    こいつらのために戦うんだ!こいつらを守るんだ!
    狼は逃げて行き、そして・・・
    「そのばん。きつねは、はずかしそうにわらってしんだ。」
    このきつねのやりきった顔。
    おいおい、おれはお前達を食うために優しくしてたんだぜ。
    なのになんだよ、この様は。とでも言っているようです。

    そりゃーもー「とっぴんぱらりのぷう」ですよ。うわーん。
    この言葉も意味不明なんですが、かなりのインパクトで読者を引きつけて離さない呪文のようです。
    そしてこの本のなにがずるいって、文章が明るいし、軽快なリズムで進んでいくところ。
    悲しい話を、幸せいっぱいに描いているところ。
    とにかく私の号泣ポイントを、グサグサ突いてくるんです。
    涙なしには読めません。優しさに溢れた絵本です。

    投稿日:2006/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なくて涙が出ました。

    はじめは自分の食べ物感覚で、ひよこやあひるやうさぎに優しくしていたきつね。
    それが、ひよこたちがおおかみに狙われてしまい、自分の命にかえてひよこたちを守った優しくて勇敢なきつねになっていました。
    きつねが死んで横たわっている場面になると切なくなります。
    心からの優しい言葉やうれしい言葉をかけてもらえると、このきつねのように優しくなれるのかなぁ、としみじみ感じました。
    普段自分は心を込めて相手に言葉をかけているのかなぁ、うわべだけの言葉になっていないかなぁ、と考えさせられました。

    投稿日:2006/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然と涙がこぼれてくる

    • 犬蔵さん
    • 20代
    • その他の方
    • 千葉県

    このお話は、私が小学生の時の国語の教科書に載っていて、その頃からずっと好きでした。この歳になってから絵本をみつけ、迷わず購入しました。
    最初は食べようとしていたヒヨコ、アヒル、ウサギ。でも、3匹と一緒に暮らし、3匹の話を聞き、3匹を愛してしまったきつね。最後には自分の命を捨てて3匹を救う。短いお話の中に、愛と勇気と感動がいっぱい詰まっています。ラストでは、自然と涙がこぼれ落ちます。子供から大人まで、みんなに読んでもらいたい作品です。

    投稿日:2005/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット