ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかい ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかい ひかりではっけん みえた!きょうりゅうのせかいの試し読みができます!
作: サラ・ハースト 絵: ルーシー・クリップス  出版社: くもん出版
恐竜がいた世界って想像できる? 光を使って、恐竜の世界をのぞいてみよう! 新感覚のワクワク知識えほん!

すばらしいとき」 その他の方の声

すばらしいとき 文・絵:ロバート・マックロスキー
訳:わたなべ しげお
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:1978年07月
ISBN:9784834007206
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,065
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夏に読みたい

    美しい絵本です。言葉も絵も。
    夏をすごしにやってきた一家とともに、読者もその島でいろいろ発見していくことができます。自然の静けさ、美しさ、怖さ、ありがたさ……。
    読み終わる頃、何か名残惜しい感じがしました。夏休みが終わって島から帰る子どものように。本を開けばまた読めるのですが……。
    とにかく、夏がはじまるころになると読みたくなる一冊です。

    投稿日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然と人の暮らし

    この絵本の作者ロバート・マックロスキーは、娘のサリーを主人公にした『サリーのこけももつみ』『海べのあさ』の、著者でもあります。

    この『すばらしいとき』はマックロスキー一家が、自然豊かな土地で、素朴な町の人たちと、地に足付けて、豊かに暮らす風景が、詩のように美しい言葉と絵で描かれています。

    子どもに読み聞かせするというよりは、大人同士で読み合いたい1冊です。

    投稿日:2017/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人になって判りえた本

    この絵本は、わたしを子供のころのあの楽しかった日にもどしてくれます。
    場所は違っても、子供のころの夏の思い出は一緒です。
    もう半世紀も過ぎた昔、でもこまぎれとなって、浮かんでくる思い出は、この絵本がより確かな絵となって心の中に。
    はじめて行った海水浴。
    焼玉エンジンのはじけるような音のする小さな船。こどもの手でさへ、下におろせば海水がふれる、大丈夫かなと心配になる小さな船で行った「瀬戸内」の島。
    海辺で拾った貝殻。飲み込んでしまった海水の塩辛さ。
    嵐の日。母親に肩を抱かれ、歌う姉妹の絵には、台風のとき、坂の上でじっと立って学校から帰ってくる、わたしを待っていてくれた父親を思いだします。

    これから出会えるすばらしいときが、もう少なくなってしまった自分には、これまで出会えたすばらしいときを反芻して生きていくしか。
    この絵本はページをめくるたびに、眼を閉じ何も言わず、惜しむように、またページをめくる。そんなことの繰り返し。
    わたしをもう一度子供に返してくれる、そんな絵本

    投稿日:2005/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット