しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

すばらしいとき」 絵本紹介サイトの声

すばらしいとき 文・絵:ロバート・マックロスキー
訳:わたなべ しげお
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:1978年07月
ISBN:9784834007206
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,066
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アメリカ、メイン州の小島を舞台にしたお話です。
    この「すばらしいとき」は、同じマックロスキーの「かもさんおとおり」や「海べのあさ」などのように単色によるこまごまとした描き方ではなくて、絵の具を使って、自然の美しさと威厳を色鮮やかにダイナミックに描いています。

    語られるのは、一家が島で過ごす春から夏。まず、冒頭の導入の6ページがすごい!
    はるか彼方で生まれた雲が、ふくれあがりながらゆっくり島に近づいてきて、その雲の落とす影と雨の気配が本土から次第に島に近づき、ついに島の端っこに立って一部始終を眺めていた子どもたちの上にも雨粒が落ちてくるまでを描写していますが、ここだけを読んでも、すでにこの絵本がどのくらいの力強さを蓄えているのか察せられます。心臓がドキドキしてしまうくらいの力量があるのです。筆致にも、そして父親のような優しい語り口にも。

    どのページからも聞こえてくるさまざまな音。水の音、風の音、鳥たちの声、植物が育つささやきと歌声、子どもたちの歓声。漂ってくる潮の香り。自然の懐に抱かれて五感をフルに使って豊かに過ごす日々。おごることなく従順に自然を見つめて暮らすうちに感覚はいよいよとぎすまされ、自然のご機嫌の変わるときも見極められるようになるのです。
    それだけではありません。自然相手の心豊かな日々は、人々のつながり、家族の結束力も強めてくれるのです。心配など何もない、取り囲むものすべてに守られた環境の中で思い切り跳ね回って過ごした時間・・・だれにでもあったであろうそんな日々をゆったりと思い出させてくれる、きらめく懐かしさが宿る一冊です。

    投稿日:2002/09/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット