そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

ねぎぼうずのあさたろう その1 とうげのまちぶせ」 みんなの声

ねぎぼうずのあさたろう その1 とうげのまちぶせ 作・絵:飯野 和好
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年11月
ISBN:9784834016345
評価スコア 4.37
評価ランキング 10,773
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

74件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • めっちゃおもろい!!

    • 野風さん
    • 20代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子1歳

    人気のある絵本、というのを聞いて、図書館で借りました^^!

    絵といい、字といい、キャラの設定から、話の展開、お見事!

    主役はねぎぼうず。
    ベタベタの時代劇のような設定。
    それなのに、強烈に見る人の心を掴む不思議な魅力が満載です!

    これを読み聞かせるには、親も本気を出さないといけませんね^^
    二代広沢虎造風浪曲節・・・勉強します!

    掲載日:2015/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙芝居屋さんのように

    以前この本のレビューを見て、タイトルと絵が気になってぜひ読んで見たいと思い、図書館で“その1”から借りられるまで待っていました。

    読み始めると、いきなり「−風浪曲節で」なんて唄口調。読むのが難しい絵本だな、と思いながらなんとか読み進んでいくと、息子は茶店で出会った謎の浪人とあさたろうの対決シーンにくぎづけ。

    そこでこの本は昔の紙芝居屋(私もテレビでしか紙芝居屋さんは見たことがないけれど、若い方達は知ってるかしら?)が読んでくれそうな作品だな、と思いました。

    最近はあまり見なくなった時代劇風が逆に息子にとっては新鮮だったようです。私も最後には子供の様々なリアクションを感じながら、読んでいて楽しくなりました。“その2”も読むのが楽しみです。

    掲載日:2012/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは楽しい

     この絵本は,是非お父さんが,子供さんに読んであげてください。
     
     「浪曲風痛快チャンバラ時代劇」というコピー通りの,楽しい絵本です。シリーズ1作目のこの絵本は,あさたろうが旅に出るまでの経緯が描かれています。
     飯野さんの迫力のある絵で,物語にぐいぐい引き込まれていきます。登場人物は,全て野菜なのですが,ぴったりの配役?というのか,野菜の特徴がよく生かされています。

     もちろん,私も浪曲を知っているわけではないのですが,息子相手にインチキ浪曲を唸って,楽しませてもらいました。
     皆さんも恥ずかしがらずに,声に出して読んでみてください,楽しめますよ!

    掲載日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねぎ汁パワー

     表紙の絵を見てすぐに、「あっ、おならの絵!」と、娘。
    飯野さんの絵本はこれまでにもたくさん読みましたが、娘には「おならうた」の絵が1番印象に残っていたようです。

     「おならうた」も相当強烈(!)ですが、あさたろうも負けてはいませんよ!
    「ぴゅるるるるるる ぶりんぶりんぴゅーっ」と飛び散るねぎ汁パワーの威力は、想像を絶するものがあります。
    畑に植えられているねぎが、いきなり「ぽんっ」と飛び出して、ロケット弾のように全身からねぎ汁を噴出したら!?
    なんだか見てはいけないものを見てしまったような、おそろしさ。
    娘は、手を叩いて、ギャハギャハ笑い転げていました。

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • あさたろうシリーズ

    このシリーズは、子供より大人のほうが楽しんでしまう。
    時代劇風だけど、登場キャラは野菜。
    あさたろうを狙う刺客ができてチャンバラしたり、結構ハラハラ。
    読み終わって、「で?」みたいなところはあるけど、
    あさたろうのその後が気になるし、
    大人としてはシリーズ2作目に手が伸びてしまうはず。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • あさたろう面白すぎ

    ねぎぼうずのあさたろうって、何なんだっとおもって思わず手に取ったら。。。

    たまねぎでした。

    悪者を退治していくお話ですが、勇気のねぎ汁を出して、戦う姿がわらえます。

    これからいろいろなところを旅しながら、悪と戦う予感が、しますが、どんな、悪者がでてくるのかもみどころです。

    水戸黄門を見ているようなかんじでたのしかったです。

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 江戸にタイムスリップ

    ねぎぼうずのあさたろうが、おようちゃんを助けたことから、旅立つお話。あさたろうが「ねぎじる」を飛ばしたりして悪者をやっつけたり、おっかさんの入れてくれたこうり(荷物)の中身で巻き返したり、、、結面白いです。江戸っぽい唄(歌でなくて)で読むと面白いです。ちなみに作家さんの読み聞かせでもそのように唄ってよんでいました。

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねんがんの

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    「おならうた」の絵が印象に残っていたので、この絵本を見てこれだ!と購入。
    期待を裏切らないダイナミックさに圧倒されながら楽しんで読めました。

    掲載日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代劇

    「二代 広沢虎造風浪曲節で」とあるのですが、さっぱりわかりません

    義理人情の時代劇は、やっぱり好きです。

    あさたろうの母のおたまさんが、息子の無事をあんじ、山葵と唐辛子の

    粉を入れておいてくれたお陰で、胡瓜のきゅうべいをやっつけることが

    出来てよかったです。

    きっと、おっかさんが恋しくなったと思いますが、そんなことは決して

    口に出さないだろうと、昔の人は我慢強かっただろうと思いました。

    「ねぎぼうずのあさたろう」のシリーズを読んでみたいと思います。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家で大流行!?

    個人的に絵が好きで買った「あさたろうシリーズ」。

    その想いは息子にも届いたようで、買った日から毎日
    読んでくれと!せがむ有様。(こんな書き方をしていますが
    読んでくれているのは妻なのですが。。。涙 でも、本を買う
    担当は私です。)

    一冊買ったら、次に巻が欲しいと大騒ぎ!?
    子供の反応は素直ですね。これが一番わかりやすい
    オススメポイントです。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

74件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

全ページためしよみ
年齢別絵本セット