宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

木はいいなあ」 じいじ・ばあばの声

木はいいなあ 作:ジャニス・メイ・ユードリー
絵:マーク・シーモント
訳:西園寺 祥子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1976年04月
ISBN:9784033270906
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,581
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そうそう

    • えほんじいさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    この本を読んで木の凄さに気づきました。木があるといろんなことができるんですね。あって当たり前だけど実は感謝しなくちゃいけない存在かも、そういう風に思いました。こういう想いを孫に伝えられて良かったです。この本、教科書に載ると良いなって思いました。

    投稿日:2011/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木のある生活

    木のある生活の素晴しさが素直に表現されていると思います。家の周りにも山が崩されて平地になって住宅が建つようになりました。回りに山が無くなっていく現代に、子供の頃に茸とり、山菜採り、遠足に行った場所がなくなっていくのが寂しく思いました。木のよさを十二分に訴えてくれてます。木のある生活は、眺めているだけでも癒されます。

    投稿日:2010/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり木はいいなあ

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

    確かに木はいいものだ
    登ってみると別世界が広がる
    木の下にできる日影もいい
    挿絵にあるように 長ーいブランコで
    実際に遊べたら どんなに楽しいだろう
    管理された今の公園でもできることはある
    そうでなくても この絵本を前にして
    孫と語らうことはできる
    この素朴な1冊を今でも購入できることがうれしい

    投稿日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット