オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

きいろいことり」 みんなの声

きいろいことり 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1964年6月1日
ISBN:9784834000245
評価スコア 4.04
評価ランキング 20,877
みんなの声 総数 27
「きいろいことり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 牧場のようす

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    きいろいことりが飛んできて、まっくろくろのちいさいいぬに、「ここは牧場だよ。」といろいろ教わります。牧場の奥さん、ニワトリ、牛、ひまわり、ブタ、干草小屋、お百姓さん・・・。文章が優しくて、小さなお子さんから「これはなに?」と楽しめそうです。
    牧場が気に入ったことりですが、あっさりさようなら〜と飛んでいってしまった・・・。

    投稿日:2004/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の距離感が絶妙

    子供が0歳の時から読み聞かせしている本で、もう、表紙も背もぼろぼろです。
    子供の反応が特にいいわけではないけど、なぜかずっとそばにあり、何度も読んでいます。
    この本の特徴は「読み手に寄り添いすぎない距離感」だと思いました。全体が説明に終始していて、そこで物語が展開するわけではないので、読み手との相性が出てくる気がします。

    でも「おんどりは うまないで いばってあるくだけ」にドキッとした大人もいるのでは…。意外なところで、メッセージ性のあることを差し込んだ点、著者の意図を感じます。

    ある時は私は心の中で「ほんと、そうだよねー!!」と思いながら読んだり、「まあ…、そんなこともないけどね…」と思ったりしながら、ここの件を読みます。

    投稿日:2018/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かり易い色合いの絵

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ディック・ブルーナの1964年の作品を2010年4月に改定したもの。
    実に息の長い作品です。

    お話は、牧場にやって来た黄色い小鳥が、黒い子犬に牧場案内して貰うというもの。
    にわとり、牛、ひまわり、豚などを紹介するのですが、元々絵自体がくっきりしているので理解し易いでしょう。
    ただ、干草小屋は何?という感じではないでしょうか。

    赤、黄、緑、白、黒を使用し、黒で縁取りした絵は、しっかりと目に飛び込んでくるので、絵だけで楽しめる絵本です。
    この手の作品にしては文章は多いのですが、語り口調なので飽きることなく読み聞かせできると思います。

    ファーストブックの次の絵本と言えそうです。

    投稿日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牧場見学

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    黄色い小鳥が、牧場に飛んで行き、黒い子犬に牧場を紹介してもらいます。
    子犬は、とても楽しく牧場を紹介してくれて、
    読んでいると自分が直接子犬に牧場を案内してもらっているような気分で楽しめるところがいいです。
    ブルーナさんの絵は、色鮮やかでシンプルでかわいらしく、子供も大好きです。
    読んだあとは、牧場に遊びに行ってみたくなりますね。

    投稿日:2007/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味をそそる絵。

    まだ何もわからない年頃ですが、ページをめくるときちんと目で追い、内容ではなく絵を見て楽しんでいるように感じました。
    またもう少し大きくなったら読んであげたい絵本です。

    投稿日:2007/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことりさんが飛んでいったのは……

    お馴染みディック・ブルーナですが、うさこちゃん以外にもと図書館で手にとりました。
    表紙の黄色い鳥の絵が可愛いです。「ほしくさごや」の絵が大人の目から見ると「?」ですが、息子はいたずら書きされていた箇所を「ペン、ペン」と騒いでました(笑)。
    日に焼けた真っ赤な顔のお百姓さんが出てきたあとに小鳥が行ってしまったので、「このお百姓さん、何かあるのかなぁ」と思ってしまいました。

    投稿日:2005/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牧場でであった動物たち

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    きいろいことりが牧場でいろんな動物とであうお話です。イヌやぶた、うしににわとり。そして、おひゃくしょうさんとその奥さんと出会いました。この絵本には、いろいろな動物がでてくるので1歳くらいのお子さんにお勧めです。

    投稿日:2002/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.04)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット