ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

ぼくの ベンチに しろいとり」 その他の方の声

ぼくの ベンチに しろいとり 作・絵:葉 祥明
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2016年07月
ISBN:9784783403173
評価スコア 4.49
評価ランキング 9,397
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 癒される絵本

    いぬとことりが、昔飼っていた犬と文鳥に似ているため、目に留まりました。
    犬と鳥の会話がのほほんとしていてとても癒されます。
    葉さんの優しい色合い、可愛い動物の絵が好きです。
    また、文字の書き方にも動きをつけているので、読み聞かせなどをしても楽しいと思います(^^)

    投稿日:2016/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字がスキップ

    うちの本棚にあるのは、題名『Jake』の英語版です。
    学生の頃、葉さんの絵がそれはそれは大好きで
    最初の絵本『ぼくのベンチにしろいとり』を探すも出会えず。
    ある日見つけた『Jake』…きっとこれがそうだよね と。

    今回、ン十年の時を経て
    ためし読みで、比べながら読ませていただきました。

    翻訳前の日本語で、気持ちが弾んだのはここ!
    「ベンチ ベンチ ぼくのベンチ」の文字がスキップするよう。
    「ち ちち」「わん わん わん」は
    とりのさえずりと、ジェイクの吠える声が
    あっちとこっちから聞こえてくるのが文字の踊り方でわかります。
    「ぱた ぱた ぱた」も
    とりが羽ばたくように散らし書きされ
    読んでいて楽しくなりました。

    ぼくのベンチを横取りしちゃって―と最初はおかんむりだったのに
    話を聞いてあげ、
    一宿はないけど一飯を提供し
    一緒に仲間を探して、見送って…
    最後のページ
    ベンチに丸まり、ため息つきそなジェイクの表情。
    ベンチを分け合いたいなって。

    しろいとり
    きっと、また来るよね、ジェイクに会いに。

    投稿日:2016/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっ!ジェイクだ

    鎌倉の葉祥明さんの美術館で、ジェイクが迎えてくれてからもう何年経つのだろう。写真をみているせいか、今でも同じようにあそこにいる感じ。
    ジェイクって優しくて、人懐っこくて、ちょっぴり寂しがり屋で、しろいとりとの出会いもジェイクそのもも。また会いに行きたくなりました。
    しろいとりさんも、仲間と一緒にまたジェイクに会いに来て、仲間に紹介してあげてほしいなぁと思いました。

    投稿日:2016/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  •  グリーンのバックに 小鳥とジェイクの白い色が映えています。

     一口にグリーンと言っても、小鳥が迷子の場面ではくすんでいます。そして、ジェイクと出会ってからは明るい色に変化するというように いろんなグリーンが使われています。

     お気に入りのベンチに闖入者がいて、一瞬、「ぼくんだぜ」と自己主張したけれど、事情がわかれば すっかり頼りになるお兄さんみたいなジェイク。小鳥の仲間を一緒に探してあげるのです。

     大きな起承転結はない 静かな印象の絵本ですが、工夫した文字の配列が 画面に変化と面白さを与えています。

     「また きてくれてもいいな」というジェイク。小鳥と一緒に過ごす時間が楽しかったのですね!頼り 頼られる相手がいる嬉しさ、だれかと一緒に過ごす時間の温かさが伝わってきました。

    投稿日:2016/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥深さを感じます

    「ジェイクが大好きなんです!」と
    読み聞かせの講座で
    「クリスマス」のテーマの時に
    ジェイクのを読んでくださった方がいらっしゃいました

    葉さんの絵は
    若い頃、大好きでしたが
    ジェイクの絵本は知らなかったような・・・

    この絵本も
    読んでいたかもしれないけど
    なんか普通・・・かな みたいな
    特別に感じなかったのかもしれません

    でも、今、この普通さに
    安心感と
    癒しというか
    奥深さを感じます

    葉さんの言葉も
    素敵ですね

    投稿日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小鳥と犬の関係がいいですね〜

    葉祥明さんの1973年に出された絵本なのですね
    平和であたたかい詩を心がけて作られているのが伝わります

    しろいことりが ベンチに止まっていて それは 犬のお気に入りのベンチだったのですね
    わんわんとほえられた 小鳥は 飛んで逃げていきました

    びっくりしたのでしょうね

    でもことりがなぜ このベンチに止まったか事情を聞いた犬は ちゃんと分かってあげてね  
    自分の背中に 小鳥を乗せてあげるのです
    ゆうらり ゆらり  この絵 ホッコリできていいですね〜
    犬のきもち 小鳥はまた来てくれるでしょうね  ベンチに

    二人の関係が絶妙に描かれていて 流石  葉さんの 優しさがつたわる いい絵本でした

    子ども達にも読んであげたい絵本ですね

    投稿日:2016/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵もきれい

    この絵本がジェイクのはじまりだったんですね。平和であたたかい世界が描かれているので、読んでいて安心します。
    そして、目からもいやされました。絵がきれい! 白いいぬと白いとり、そして、みどりの背景が、美しい。
    どのページも部屋にかざって、眺めていたくなりました。


    投稿日:2016/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • JAKE大好き!

    私がJAKEに出逢ったのは2010年位のことだったと思います。当時、我が家にはJAKEと同じ真白な毛の犬がいました。JAKEと同じ優しいおっとりした犬でした。その犬の写真を飾るためのフォトフレームを探していて、JAKEに出逢いました。紙飛行機に乗って青空を飛んでいるJAKEと、ラッコと一緒に海に浮かぶJAKEに、一目惚れして即購入しました。今でも我が家の玄関とリビングの一等席に大切に飾ってあります。当時のその白いワンコは亡くなりましたが、その墓前には地球の上のJAKEを天使たちが取り囲んでいる画を飾っています。その大好きなJAKEが絵本になっていると知り、早速読ませていただきました。我が家の白い犬と散歩中に、弱った鳥を保護したことがありました。そのときのことを思い出しました。JAKEだったら、きっとはぐれてしまった鳩を助けてあげるだろうという期待通りの優しいJAKEに、心が癒されました。我が家の白い犬も、弱っている鳥に襲いかかるでも吠えるでもなく、心配そうにただじっと見つめていたことと、どこか重なりました。もしかしたら、JAKEのように、その鳥と会話していたのかもしれません。最後に「1歳から100歳までの子供に」と書かれていたことにも、心が和みました。これからも、心優しいJAKEを書き続けていただきたいと思います。素敵なひとときを、ありがとうございました。

    投稿日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさがいいですね

    とても優しいタッチの絵が素敵でした。
    こう言った優しくてシンプルな絵本は良いですね。
    とても読み終えた時、温かい気持ちになれます。

    自分のベンチだけれど、やっぱり誰かがいてくれた方が良いですよね。
    何となく寂しそうなジェイクが、最後に悲しそうでした。

    心優しいジェイク。
    またいつか白い小鳥が来てくれると良いですね。

    投稿日:2016/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジェイクという名前

    英語版の題名からジェイクになったんですね〜
    あちらの翻訳者の方とやりとりして決まったのかしら?

    絵本全体に印象的に使われている緑に、とっても映える真っ白なジェイクと小鳥さんが、とても美しいですね。

    ジェイクと小鳥さんのふとした出会いと、つかの間の友情と別れが、穏やかに描かれています。

    いつかきっと、また会えるよね!

    投稿日:2016/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが / だるまさんの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット