たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。

むしを たべる くさ」 みんなの声

むしを たべる くさ 作:伊地知 英信
絵:渡邉弘晴
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784591095003
評価スコア 4.92
評価ランキング 4
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

  • 絵本から、学びました。

    3人の子供たちは成人して
    「おばあちゃん」の立場の私が、
    今になって、
    この絵本に出会いました。
    明日で28歳になる長男が
    小学生の頃、「食虫植物」の話を友達から聞いて
    関心を持っていたことを思いだしました。

    写真が鮮明で
    ハッキリとわかりやすく、
    文章も長くなく
    子供たちと一緒に見ていたら
    きっと興味津々、こわいもの見たさだけど、
    知識を得ることができると思います。

    幼児は怖がるかな。。
    子供によると思いますが。

    子育て中だったころも
    いろんな絵本を子供たちと読みましたが、
    図鑑は見ても、
    「むしを たべる くさ」
    こういう絵本は見ていませんでした。

    いまとなっては、
    子供たちの方が
    私よりずっと知識が豊富になってしまって、
    私の方が教わることが増えました。
    話題になりそうです。

    投稿日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちが興味津々

    図書館のおはなし会で紹介されていました。
    虫を食べる草、食虫植物の仕組みが鮮やかに描かれた写真絵本です。
    インパクトのある写真ばかりで子どもたちは興味津々。みんな絵本の近くによっていって、熱心に覗き込んでいました。
    7歳の娘はすっかり夢中になって、食虫植物が載っている他の図鑑も読んでいました。植物に興味を持つキッカケになってよかったです。

    投稿日:2014/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鮮明な写真で分かりやすい

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男が図書館で自分で選んで借りてきました。

    自然科学の絵本はあまり読んでこなかったのですが、とてもインパクトのある表紙なので、一目で惹かれたようです。

    未就学児にも分かる言葉で、虫を食べる草の様子が写真で紹介されています。写真が鮮明で、とても印象に残ります。

    息子はめずらしく自分一人で読み切ってきました。

    投稿日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食虫植物

    この絵本、うちの子には五つ星では足りないぐらい面白がっていました!!初めて食虫植物を見たのですが、虫を食べる子植物にとっても興味津々で、自分で育てたいとまで言っていました。大人から見たらちょっとグロテスクな部分もあると思うのですが・・・子供には面白かったみたいです。

    投稿日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • グロテスクだけど欲しいかも

    幼稚園の行き帰りや、お散歩中などに、いろいろな植物に興味を
    持つ娘ではありますが、「むしをたべるくさ」があるなんて、全く
    知らなかったので、かなり衝撃を受けていました。写真絵本ですから
    なおさらリアルでびっくりしたと思います。
    私の友達の家にあるのも見てたはずなんだけどなあ。

    私も少し前にお花屋さんで売っているのを見て、買おうかどうしよう
    か迷って買わなかったことがあったのだけど、買っておけばよかった
    かな?・・というように、私はその存在は知ってはいたのですが、
    「どういう構造になっているのか」ということは全く知らなかったの
    で、ふむふむ、と感心しながら読みました。

    何種類もの「くさ」が載っていましたが、やっぱり「ハエトリグサ」
    が一番好きかも(好きっていう表現はちょっと違うかもしれません
    が。笑。見た目の禍々しさがいかにもらしくていいなと思うのです。
    欲しいなと思っていたくさもこれです)。ウツボカズラなどは、
    虫の死骸がたまっている様子がグロテスクでちょっとあんまり見たく
    ないし・・。

    「むしをたべるくさ」となって、娘のことをぱくっとやったりしながら
    読んだので、娘、大喜び、本よりもそちらの遊びに夢中になってしま
    った感があります。
    ハエトリグサは寒い地域でも育てられそうなのでまた検討してみたい
    と思います(ハエとってもらいたいし)。

    投稿日:2012/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目が離せません!

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    市内の小学校で読み聞かせをしています。
    私の住む市では、夏休みの宿題で「図書館を使った調べる学習」がさかんです。
    (不思議だなと思ったことを本で調べてまとめるのです)。
    この本、ぜひ夏休み前に読んで、子供たちの不思議だな、面白いな、
    調べてみようかな、と思う心を刺激したいなぁ、と思いました。

    最近はホームセンターなどでも、食虫植物が売られているので、
    実際にウツボカズラとか見せながら読んだら面白そう…とも思います。
    (そのあと、虫を捕まえて育てる自信がありませんけど)。

    写真がとてもきれいで、また大きくズームされているので、
    教室での読み聞かせでも、見えやすいと思います。6分位。
    1年生でも6年生でも楽しめると思います。
    「おえぇ…」と思いつつも、目が離せなかった私。
    子供たちからも、色んな声が聞こえそうですが、じっくり見てくれそうです。
    いつか絶対読み聞かせに使いたい!と思う一冊でした。

    投稿日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど〜がいっぱい。

    読み聞かせ講座で、紹介して頂いた写真絵本です。

    息子は、以前からこの本の存在は知っていたようで、気になって図書館で借りてきました。

    タイトルの「むしを たべる くさ」、本当に気になりますね。

    食虫植物と言うそうです。
    沢山の種類があり、トンボなんかも食べてしまうんです。

    とっても勉強になりました。
    小学校低学年〜大人まで、楽しめる写真絵本だと思います。



    投稿日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になりました!

    まずタイトルが衝撃的でした。
     「むしをたべるくさってなんだーーー」 と息子。

    読み始めると、息子は名前を聞いたことがあったらしく興味津々。
    草の特徴は知らなかったようで、
     「すごーい」
     「キレイなのに怖ーい」 と・・・
    細かいところまでキレイに映し出されて写真にビックリしました。

    4歳の娘は怖かったようで途中で逃げてしまいました・・・
    虫を食べてしまうって衝撃だったようです。

    投稿日:2011/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり不思議〜!

    絵本ナビのレビューを見て、ずっと気になっていました。
    今回、図書館で予約し、やっと読むことが出来ました。

    うちの子は食虫植物が大好きです。私も小さい頃大好きでした。
    特に『ハエトリ草』。表紙にも写っている、一番メジャー(?)な食虫植物。
    たまにホームセンターなんかに売っているのを見かけると、娘は必ず、指でチョンチョン。(ほんとは売り物だから触っちゃダメなんだろうけど・・・)

    そんな娘にこの絵本を見せたら、やっぱり反応良かったです!
    表紙からインパクトありますもんね。
    『ハエトリ草』の他にも色々な食虫植物が載っています。
    意外と、虫を食べる植物って多いんですね。驚きました。
    それにしても食虫植物って不思議です。植物が虫を食べるなんて・・・。
    ちょっと考えると、恐ろしい気もしますが、自然界で生きていくための進化なんでしょうね。
    植物の不思議な世界を堪能できる、面白い絵本です。
    是非一度読んでみて下さい!

    投稿日:2011/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっぱい!

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    小学生の息子のために借りたのに、2歳の娘も気に入ってしまいました。
    葉っぱで虫を挟む草、粘着質の液体で動きを封じる草、ツボの中に閉じ込めてしまう草。
    同じ虫を食べる草なのに、その方法は様々で、その形状になる過程や、なぜ虫を食べるのか、といったことも説明してくれる、非常に親切な絵本です。
    息子も娘も何度も読み返し、「ふんふん」言っています。
    自然の素晴らしさを改めて感じる絵本です。

    投稿日:2011/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット